yukiakiの日記

映画とサッカーと漫画と猫が好きな男の生存確認ブログ 週刊少年ジャンプの全漫画の感想を書いて12年目

週刊少年ジャンプ 2022年 35号 感想

今週のアンケート  1位:ワンピース  2位:ブラッククローバー  3位:PPPPPP

 

(巻頭カラー)ワンピース

表紙と扉絵ポスターは映画『RED』仕様。早く見に行きたいですね。テンション上がってきました。

本編は、開国が古代兵器プルトンの解放というのは驚きでした。おでんさんの意図がマジで読めないですし、ここにきて更に謎が面白く深まっていくのは『ワンピース』という作品の底力を感じました。

そしてシャンクスが渋い、カッコイイ!

先週のモモノ助の意図は予想通りでしたが、予想以上に頑張ってくれましたし、ルフィ達もしっかり気付いていたの良かったです。株が下がったのは緑牛さんだけだな(笑)

 

SAKAMOTO

シンくんの挑戦に晶ちゃんや勢羽さんも協力してくれるの熱いですね。勢羽さんは弟さんのためにスラーさんに近づこうとしている感じかな?

佐藤田先生が箸で合気するところと晶ちゃんぶっ飛ばすところオシャレで良かったです。合気使いキャラは自分すごく好きなので興奮しました。

 

呪術廻戦

直哉さん芋虫→骸骨とドンドンキモくなる。これが成体なのか、まだ途中の姿なのかが気になります。

あと穿血決まってからの演出はエヴァラミエル戦っぽかったですね。懐かしい感じでした。

そして憲紀生きていてくれ……。偽夏油さんに家を追い出された憲紀さんがあまりにも可哀相なので、彼には幸せになって欲しいのです。

 

あかね噺

扉絵のあかねちゃん素晴らしいですね。夏の自転車登校女子高生の良いところがギュッと詰まっていると思います。

そして本編は「高座から消えていく」の演出で思わず笑ってしまいました。それまでのからしさんやひかるさんのアプローチとは真逆なのでびっくりしたのと同時に面白かったです。

あと寿限無の解説は普通に勉強になるなと思いました。

 

ヒーローアカデミア

死柄木さんいきなり変な事言い出したと思ったら志村さんがまだ溶け込んでいなかったんですね。予想より精神面は不安定なのかもしれませんので、それがヒーロー側の突破口になりそうです。

そして、サンイーターの一撃が唸る。自分も結構彼の事を侮っていたので「個性に上限がない」はテンションあがりました。三人の頑張りが繋いだ一撃、効いて欲しいです。

 

(Cカラー)ブラッククローバー

連載再開のブラッククローバーは最初からクライマックスだぜ!

いきなりルチフェロさんが魔法帝にぶっ殺されているのもビビりましたが、アスタくんがシスターに告白する展開とその結末も驚きました。アスタくんは失恋しても爽やかで、真っ直ぐで良かったです。

そしてラストの魔法帝登場は台詞含めて怖すぎる……。来週がどうなるか、早くもヒヤヒヤワクワクしております。

 

ウィッチウォッチ

背が高くて豊満な女性……篠原先生の性癖か!?

個人的にいっぱい食べる女の子は大好きなので、良い選択だと思います。

あと肩の鳥が実は本体ではないかと登場時からずっと疑っていましたが、体重を計る鳥だったのですね。…ていうか体重を計る鳥ってなんなんでしょう、どうやって計測しているんだろう?

 

アオのハコ

雛ちゃんと大喜くんとても仲が良い。お互い相手の事を大切に思ってるし、リラックスしたいい関係なのが伝わってきますね。

……でも恋人ではないんだ。自分の中では友達と恋人と夫婦は違うものとして認識していますが、果たして大喜くんや雛ちゃんにとってはどうなのか気になります。

そして急いで吊るしたくす玉、絶対落ちてきてハプニングでキスしてしまう展開じゃないですか、ヤダー!

 

(Cカラー)(読み切り)霊媒師の心理学

霊にも心があるから心理学で有利にたてるというアイデアの秀逸さと、それをドラマに落とし込んで展開を二転三転させる構成力が素晴らしい読み切りでした。

絵の方でもう少しケレン味が欲しいかなとは思いましたが、お話作りにおいては才能をとても感じるので、次回作がとても楽しみです。

 

ロボコ

モテ杉くんは千鶴くんハフハフになってから更に魅力的なキャラになりましたね。更にボンドくんへの愛も失っていないので決定的シーンを防ぐ流れは、思わず拍手してしまう展開でした。

サッカー好きとしては『キャプテン翼』っぽい構図、『イナズマイレブン』みたいな技が出てきてとても楽しかったです。

 

(Cカラー)夜桜さんち

カラー扉絵の会長めっちゃ食べてるなと思いました。食いしん坊キャラだったのか……。

そして本編はスタイリッシュな灰さんに痺れるぅ憧れるぅでした。カッター1本で無双するの、中二感めちゃくちゃ高かったです。

そして百さんも真の目的に向けて動き出す。来週はどんな顔芸をしてくれるか楽しみです(違う、そうじゃない)。

 

アンデラ

ビリーさんとタチアナちゃんの関係性は心にグッとくるものがありましたね。悲劇の終わりだとしても、最後まで一緒に添い遂げている二人を幻視しました。ほとんどプロポーズや!

あとそんな二人の裏でボコられているルインさんちょっと面白かったです。扱いが既にモブだよ(笑)

 

PPPPPP

彩刃くんとレイジロウくん、お互い確かに和解はしたけれども、交わらないその思い。「お前には分からない気持ち」と言い放って去っていく彩刃くんと、それでもまだ「僕の前を歩いてね」と言うレイジロウくん、その断絶の対比はとても美しかったと思います。

そしてメロリさんとミーミンちゃん。「苦しいのってやでしょ~」という核心を突いた言葉をその苦しさの原因となっている存在(しかし本人にその自覚はない)に言われてるメロリさんの表情痺れました。

「因縁の糸がを解くとき」と煽り分にはありますが、ますますこんがらがりそうな雰囲気もあって、どうなるのか楽しみです。

 

マッシュル

レインさん大真面目。

魔心臓の件はなるほどでしたが、最終的に魔心臓くりぬけばなんなとかなりそうですし、足りない回復力はフィンくんの回復魔法が活躍するフラグだと思って楽しみにしています。

 

すごいスマホ

全一郎さんが色気たっぷりでかっこ良すぎますね。藻浦さんも思わず頬を赤らめる魔性のキラキラだ(笑)

そして事件が一段落したと思ってからの伊村さんカメラに、意味深な全一郎さんの「さよならだね」は良い緊張感でした。

自転車は警察で署名しているし、Qくんの素性はすぐにバレてしまいそうですが果たして。

 

高校生家族

心ムキムキ光太郎くん。

ベンチプレス50kgはやったことないので分からないですが普通に凄そうだと思いました。

インターハイ予選勝てるかどうかは分かりませんが、弓木さん(彼女)がわざわざ見に来ているだけで、光太郎くんは人生の勝利者だと思いました。

 

ALIENS

先週に引き続きお仕事ものとして雰囲気いいですね。優しくて頼りがいのある先輩、だけど微妙な距離感とか、好きだったりします。

新人だから仕事が上手くできない立浪くんの感じとかも良かったです。もしかしてこの作者は腕を伸ばしたりするバトルよりもこういう日常話の方が上手いのではと思いました。

 

(読み切り)LINNE

並行世界オチ、わりと救いがあるなと思いますが、個人的には別の世界線ではりんねちゃんが生きていることを、りんねちゃんが死んだ世界線でのしんちゃんに教えてあげて欲しかったです。

でもそうすると、場合によってはしんちゃんは「なんで俺の世界にはりんねがいないんだ!」と発狂しちゃうかな?

……難しい問題です。

 

地球の子

ちーちゃんは地球の子が遺伝子レベルで怯える存在であったり、相変わらず精神攻撃が好きだったり、令助くんやアルベールさんの兄を病気と笑顔で言い放つところなんかはとても良かったです。魅力的なサディスティック女子高生(地球)だ。

最後衛くんががれきを防いだ時のちーちゃんの表情がないので、来週どんな顔をしているか期待です。

 

(読み切り)みらい健やか安定所

粗削りな作品でした。描きたいことはなんとなく伝わってはきましたが、どっちの立場を見ても羨ましそうに見えなかったですし、どちらかの立場の部分をもっと掘り下げて対比して欲しいところでした。

 

ドロンドロロン

変態妖怪さんがやられても絶頂の表情になっているのいいな……・

なんと1週で上侍士の皆さん全員大勝利というスピーディーな展開でした。五怪将、潔い噛ませだったぞ!

これで残る敵の主な戦力は宮本ハンゾウさんと糸目の人型妖怪の人くらいでしょうか。残った上侍士である雲林院さんが彼らの噛ませにならないことを祈っています。