yukiakiの日記

映画とサッカーと漫画と猫が好きな男の生存確認ブログ 週刊少年ジャンプの全漫画の感想を書いて12年目

週刊少年ジャンプ 2022年 24号 感想

今週のアンケート 1位:夜桜さんち 2位:PPPPPP 3位:アンデラ



(巻頭カラー)ウィッチウォッチ

表紙はニコちゃん可愛く、扉絵は相変わらずお洒落なカラーで良かったです。扉絵にいないネムちゃんをカラー1ページ目に登場させるのも気が利いていました。

本編はモイくんとニコちゃんの過去話でほっこりさせて、「モイくんそれで親友はないだろ」と笑わせて、実は魔女の呪いにかかっているという不穏と驚きをもたらしてくる、ジェットコースター展開で面白かったです。

しかし本当に呪いだと笑いになるか不明なので、個人的にはネムちゃんの勘違いであって欲しいです。

ただ、篠原先生ならどっちでも最後は感動的な話にしてくると思うので、ワクワクして次の展開を待ちたいと思います。

 

ワンピース

カイドウにルフィ勝利。

過去回想でカイドウさんがただの世界を滅ぼしたい暴れん坊というわけではなく、「戦争だけが人間の勝ちを決める『自由と平等』だ」という思想があり明確に天竜人の支配を終わらせようという意志があったこと驚きでしたし、同時に納得感もありました。カイドウさんはそういうインテリジェンスさありますよね。

全ての場面で決着が付いたので宴ターン、そしてこれにより世界がどう変革するのかとても楽しみです。

 

ヒーローアカデミア

轟くんの必殺技は冷たい炎「冷炎白刃」だった。

轟くんの運命、歩んだ道、決意、荼毘さんを止めるための力、本当にあらゆる意味で彼自身を象徴する「必殺技」に仕上がっていて素晴らしかったです。

燃え盛っていた荼毘さんの体が、炎に包まれていた街が全て凍り付き、体を寄せ合う二人の決着は鳥肌ものでした。

 

アオのハコ

ひ…雛ちゃん攻撃が全部千夏先輩にカウンターで返されているだと……。

先週の引きから修羅場展開は千夏先輩が軽く流したことで訪れませんでしたが、はりきる雛ちゃんが逆に千夏先輩への藪蛇になってしまったと震えましたし、雛ちゃん渾身の「好きな人の頑張っている姿は見たいもん」の可愛さがそのまま「いや見たいでしょ」だけで肝心な事を語らない千夏先輩の攻撃力に転化されたのは震えました。千夏先輩強すぎでしょ……。

 

呪術廻戦

鹿紫雲さん強い! 宿儺さん知っている人はレジィさんもそうでしたが強いですね。

パンダさんボロボロですし、この漫画はわりと容赦ないのでパンダさんが本当に死んでしまわないか心配です。生きてくれ。

あと、パチンコやってる秤さんがどうなっているか気になるのでそちらも早く描写欲しいです。

 

(Cカラー)すごいスマホ

主人公の言動が「すごいスマホは凄い」「黒幕すマホ・マスターは……」「もしヤバいヤツだったら世界がやばい」など全然天才っぽくない語彙力なのは相変わらず気になっていますが、2話にしてこのダサさが逆に好きになってきた感じです。

ポイントは社会により強い影響を与えた方が貰えるということなら、国家機密を暴露したりテロを扇動するのが一番てっとり早いかなと思ったところでタワマン集団襲撃事件発生、しかも2話で絡んだ友人達がそこに巻き込まれるというシチュエーションは面白いです。テンション上がってきたぜ!

 

SAKAMOTO

やめて楽さん、シナヤさんが壊れちゃう!

楽さんが本気出したら本気出したらシンくんたちを一蹴できるのは分かっていましたが、加耳くんとの連携で「いけるかも!?」と思っていたところなので、インパクトと驚きありました。

シナヤさんは寝ていればお金が入る楽な仕事だったはずなのに体ボロボロにされて可哀相。上手い話には裏があるということですね。

 

あかね噺

もはやプロ級のあかねちゃんなので「今更学生選手権なんか出てどうするんだ?」と思っていたので、その疑問をグリコさんがちゃんと言葉にしてくれたの良かったです。

その上であかねちゃんが出場する理由に一生さんと会談の機会があるという因縁の話、更に師匠から寿限無一本で勝ってこいという課題が出来たことで、普通に大会が楽しみになってきました。

 

(Cカラー)夜桜さんち

カラー扉絵はゴリアテを散歩する夜桜一家、美しい光景でしたし、本編を読むと「ここに百さんがいなくて本当に良かったなあ」と思えました。

そして本編は、先週で気持ち悪さが既に大気圏突破レベルでヤバかった百さんが、今週更に限界突破してキモくなっていたのはビビりました。こんなに嫌悪感ある「家族になろう!」がかつてあっただろうか!?(めちゃくちゃ褒めています)

 

(読切)漫画家の猫である

こんな可愛い漫画家さんがいて欲しいと、こんな世話してくれる猫が欲しいという、「夢」がたくさん詰まった読み切りで良かったです。筒井先生の描く女の子は可愛いので眼福でした。

 

逃げ上手

時行くんの新鎧フォームカッコいいですね。鎌倉蘊蓄も合わさって見応えありました。

そして火焔御柱の計は諏訪の住民でも命知らずとかいうレベルじゃない。策で上回る相手を出し抜くにはやはり狂気ですね(笑)

こうまで鮮やかに計略を決めて瘴奸さんとの一騎打ちに持っていく展開は、流石の松井先生でした。面白い!

 

ロボコ

メイコの新たな新機能追加、ウエストが細くなったことに気づくガチゴリラ、サイドエフェクトとベイルアウトを身に着けたロボコ等々、今週は「すごい」に溢れた回でした。「すごいロボ子」だったと思います。

 

PPPPPP

木々の奥から「あばよー」と言っているときのミーミンちゃんの表情凄く良かったです。

課題曲を無視した演奏といったいった意味ではフルスさんを潰すためだけに行った予選と何ら変わらないのに、その音はフルスさん達を笑顔にし、メロリさんを救って見せた。その変化の気持ちよさと、ラッキー君の演奏がこの幸福なエンドを作ったんだという満足感で、とてもとても良い終わり方でした、ブラボー!

愛憎入り乱れたコンクールがこんな清々しく終わったの本当に驚きですし、ソラチカさんの告白が世界にどう影響を与えるか、メロリちゃんはファンタになんて電話するのかななど、次への期待値が溢れすぎているのもヤバいです。

 

(Cカラー)地球の子

カラー扉絵の煽り文「こいつらが地球のヒーロー」はその通りだけど「令助くんハブらないでよー」と思いました(笑)

本編は実家帰省作戦の意味が最初から破綻していたのは「?」でしたが、かれりさんの部屋にある真実は普通に気になるので来週が待ち遠しいです。

 

マッシュル

みんなちゃんと修行しているのにフィンくんだけ板前の修行させれれているのなんなの(笑)

でも俺は人気投票2位の糸目の人を信じている。フィンくんが活躍するのは全てが終わった後の宴パートとかではないことを!

 

高校生家族

田丸くんが「ボクはダメな部活に入ってしまったかもしれない」となる場面は笑うというより普通にいたたまれない気持ちになってしまったので、最終的に光太郎くんの頑張りで田丸くんが救われたのは良かったです。

先輩であることを意識して成長した光太郎くんカッコイイ! お前が目出鯛の柱だ。

 

ドロンドロロン

ドウサンさんはわざわざカンベエさんが呼び出した人型妖怪なのに弱いふりをして騙しうちする戦闘スタイルなのはセコすぎではないでしょうか?

そして過去にあんなことがあったのに許してしまうクサナギさんはちょっと心が優しすぎですが、同時にドウサンに対する怒りの気持ちは湧いてきたので、遠慮なくナオトラさんとドラくん退治してと思いました。

 

(読切)たんぽぽ

沼田さんアンラックの否定者だったんか・・・という冗談はさておいて、「不幸体質」というのはだいたい気の持ちようだったりするわけで、彼女もそういった思春期の中二病を患ってしまったが、彼氏のおかげで治療できたんだなあという、カップル爆発しろ漫画でした。ある意味で中二病でも恋がしたい」ですな。

 

アンデラ

リップさんの「クソォ!!」が心に響きました。ラトラさんの死を代償にしても届かない、決意の象徴である古代兵器腕の手足も砕かれての完璧な敗北。リップさんには悪いですがここまで徹底的だと、逆に清々しい気持ちにすらなりました。

アンディの決断は「このループで決着を付けて欲しい」派の自分としては少し残念な部分もありますが、「確かにそれなら全て解決する!」ですし、誰よりも強固な正義を持って決意したアンディはきっと最強であろうので、納得しました。

 

アヤシモン

マルオくん格ゲーのコンボ技みたいな動作で炎を退治する。

その際に出てきたキラキラしたものが「概念」なのかな?

敵がまだ独歩さんが見せてない面まで出してきたのは驚きでしたが、「概念」を殴るのは別に炎でなくても大丈夫だとは思うので、マルオくんの逆襲期待です。

 

しゅごまる

全編遊戯王バトル展開はあるかなという予想はありましたが、本当にやるとは思わなかった!

試みそのものと、しゅごまるくんゴリゴリのドラゴンデッキは面白かったですが、遊戯王をやるなら絵の迫力はもっと欲しかった印象でした。