yukiakiの日記

映画とサッカーと漫画と猫が好きな男の生存確認ブログ 週刊少年ジャンプの全漫画の感想を書いて11年目

FGOプレイ記録 2022年 4~5月

■期間限定イベント『水妖クライシス』

 

 

コンのみんなが可愛い~! 武器を持った姿とか「ちいかわ」みたいで可愛い~♪

今回のイベントはカルデアオールスターで開拓&陣地を広げていく感じのもので、アホの遊園地みたくなっていく島と、どんどん武装強化されていくコン達、カルデアの皆さんがはりきってはっちゃけワイワイしていて楽しかったです。

しかしながら終盤は怒涛の展開で、一気に明らかになる世界観と現れる配布サーヴァント太歳星君の衝撃は、近年のイベントの中でも特に大きかったです。だんだんと配布のサーヴァントに愛着がわいてくるのではなく、愛着がわいた相手が配布サーヴァントに化けるというのは面白いギミックでした。

あと個人的に、メルトリリスとファン1号の関連話は特に好きでした。

ガチャは前半呼符のみ22連と石11連ガチャで、☆4ラムダリリス(既出)、礼装が全て揃うという結果でした。これで十分満足いく結果でしたし、モルガンも既にいたので後半は回さなかったです。

 

 

■期間限定イベント『ミシシッピ・ミササイザーズ』

 

「マンガでわかるFGO」のカオスな雰囲気大好きな自分ですが、今回のイベントはちょっと期待と違った感じてした。

スーパーバニヤンが主人公たちに借金返済押し付けたり、そのお金で黄金の像を建てたりするのは「マンわか」の世界観では笑えたのでしょうが、本編でその災難が自分に降りかかってくるシチュエーションではむしろ戸惑いの方が大きかったです。その違和感、ギャップは結局最後まで埋まらなかったです。

ガチャは22連で礼装が一種類づつ全部出たので満足。スーパーバニヤンは無理して追わなかったです。

 

 

■2500万ダウンロード記念

 

アルトリアキャスターを狙って55連しましたが、☆4以上は妖精騎士トリスタンが1枚出ただけでした。☆5狙いははまるときりがないので、勇気ある撤退しました。

☆4交換はまだ持ってなかったメディアリリィと交換。かわいいぞい♪

週刊少年ジャンプ 22年 25号感想

ジャンプ感想 25号

 

今週のアンケート  1位:逃げ上手   2位:アオのハコ   3位:PPPPPP

 

(巻頭カラー)SAKAMOTO7

表紙の絵オレンジと黒とシルバーしか使ってないけどスタイリッシュでカッコイイ!

本編は「シ、シナヤさ~ん!」となっていました(笑)

まあそれはそれとして、この漫画のアクション演出は相変わらず最高過ぎでした。

「国外追放だ」と言ってパスポート押し付けてあり、飛行機の翼をシーソーみたく使ったり、手で回した車輪に乗って加速したり、面白くてビックリする気持ちのいいアクション満載で楽しかったです。

 

アオのハコ

今週の攻勢にでた雛ちゃんは可愛すぎてドキドキしました。大喜くんとのキスを想像して照れているシーンの破壊力ヤバかったです。「警戒心が強い」の場面の嫌悪にまみれた表情も珍しくて最高でした(作画妙に気合入っていたな)。

しかし同時に「今度は千夏先輩がどんなカウンターを見せてくれるんだろう!」と考えてしまっている自分もいたりします。

大喜くんは針生先輩がいったような「成長を実感できない努力はしんどかろう」にも耐えちゃう人なので、ここまでやってもまだ雛ちゃんの勝ち目が本気で見えてこないです。

 

呪術廻戦

謎のパンダ読切が始まったかと思ったら呪術廻戦だった……。

これは呪骸パンダさんを構成する3つの魂のうち2つが失われたということなのかな。……さっぱり分からん。

ちなみに最後の秤さんはめっちゃ「ビッグボーナス!」状態で来ましたね(笑)

高めた呪力が領域展開終わったあとも継続しているなら先週「弱い領域」と言ったのごめんなさいですな。

 

(Cカラー)ヒーローアカデミア

荼毘確保の情報がそれぞれの戦場に伝わる。

雄英のみんなの喜び具合もグッときましたが、スピナーさんの叫びだったりブレずに己の役割をこなそうとするダツゴクだったりと敵側も格を上げてきたのも良かったです。

そしてオールフォーワンさんの口撃が始まる。能力もそうですが人の心の闇に取り入るのが上手い悪党なので、確かにホークスさんが警戒するのも分かりますね。

 

逃げ上手

瘴奸さんが本名を名乗るシーンはその後の南北朝ごっこのシーンも含めて震えがくr演出でした。二刀となり風吹くんと時行くんの二人がかりでも倒せない強さも驚きでしたし、あの女の子のために死んで欲しくない気持ちと鮮やかに時行くんにぶっ殺されて欲しい気持ちが攻めぎ合っています。すごい魅力的なキャラになりましたね。

あと御柱祭りはTVで映像を見たことありますが奇祭と呼ぶに相応しいインパクトありました。鎌倉時代だと情報薄いでしょうからよりびっくりするでしょうね。

 

すごいスマホ

「んー?」だけの返信にいつもはちゃんと既読付けてくれる結歌ちゃん天使すぎませんか?  活動的だしおっぱい大きいし魅力的なヒロインになってきました。

タワマン襲撃編は着地点も含めてどう処理するかは気になります。そして敵も「すマホ」呼びなの天才同士のシンクロニシティでしょうか。すごい。

 

ロボコ

芹澤さんのロマンチストの概念はさっぱり分かりませんが、男が「愛」について語りたいのは(時にしんみりとして)あると思います。

そして、そんな男のよく分からん趣味にちゃんと付き合ってあげる円ちゃんは、改めてイイ女だと思いました。惚れ直したぜ。

 

あかね噺

「音」と「言葉」。演技論などではよく聞きますし感覚はなんとなく分かるなですが、漫画で表現するとめっちゃ難しそうなので、どう説得力を持たせてくれるか楽しみです。

あとこぐま兄さんの凄さ表現の1つとして舞台の上でしっかり別人なの良かったです。まず絵で魅せる。開幕いいパンチを貰いました。

 

(Cカラー)ウィッチウォッチ 

モイくんのニコちゃんへの気持ちはでっかい蝶であり花だった。使命感や感情を隠す修行の成果そしてやっぱり呪いのせいなのでしょうが、心配する事ないかなという良いオチでした。

しかし俺はニコちゃんへの愛に狂ってしまったモイくんも見たいので(花がデカすぎることからも愛に狂ったモイくんはヤバそうだ)、早く呪い解けて欲しいなと思います。

あと「ミハル→カンシ」のコマは矢印の向きが逆の誤植ですな。わざわざ最後で不在を言及されているので。

 

高校生家族

のぶかつが狂人ずきる(笑)

タッチみたいな境遇の男子と静香さんのほほえましいふれあいに、ただ一人狂人が絡むだけでこんなに面白くなるんだなと思いました。

ボディタッチするのぶかつ、光太郎くんの前では「静香さん」呼びののぶかつ、全てが怖いぞい(笑)

 

夜桜さんち

ショートパンツ二刃姉ちゃんがエロかったのと、「ばぶうううう」凶一郎兄さんのインパクトの強さが面白かったです。あと「肩砕き籠手」に誰もつっこまないのも笑いました。

そしてこんなにも素晴らしいほっこりギャグ回で癒されていたのに、最後のメッセージだけで全てを蹂躙する不穏な陰を落とし込んでくる百さん、半端ないキャラクター性だぜ……。

 

マッシュル

みんなの修行完了。

そしてマッシュくんの傷の大半がメリアドールさんのせいなの笑った。でもこれはギャグではなくメリアドールさんの最後の仕上げのためにわざとやったことだと俺は信じています。

フィンくんと兄レインさんとの会話も気になります。

 

(読切)シークレットサービスを拾った

冒頭の「レーザーポインター数多ああー!!」や「多岐にわたって狙われてる」などのコマが絵面のインパクト凄くて笑いました。

先週の筒井先生の読みきりも守ってくれる猫的存在(シークレットサービスさんはリボルバーで鳴くから実質猫でしょ)の話だったので、もしかしてこの次の川口先生も続くのかな?

 

(Cカラー)PPPPPP

カラー扉絵の学音さん、溢れでる才能のカラーをバックに赤いハイヒール履いてる姿がオシャレさんでした。

本編はファンタ編スタート。態度も体格もデカイ俺様気質のファンタさん、この1話で「めっちゃ魅力的!」となりました。

そして去ったミーミンちゃんを思って出てくる言葉が「道具が1つ奪われた」な学音さんは改めて凄いなと思いました。毒親とボスの威厳がある。

あと今週は姉となったミーミンちゃん、色気たっぷりソラチカさんが見れてお得でした。新章開始からフルスロットルだ。

 

アンデラ

リップさんの「ライラと一緒に死ねるなら」ロマンチックでした。ボンドくん達よ、これが真のロマンチストだ……。

リップの想いを受けとるアンディ。でも実際にアークでループするのは風子ちゃんなので、この場に風子ちゃんもいて欲しかったです。もちろんアンディも神様が次の世界を新たに創世させるまで死ねずに待つので当事者なのですが、やることが多すぎて大変だ……。

 

(読切)モスキート飛行部隊

あまりに過激すぎる蚊撃退描写のあとに「なぜ蚊はこんなに嫌われているんだ?」笑いました。

自分も蚊は嫌いですが、この家族が親の敵のように追いかける理由はかりません(笑)

 

地球の子

かれりさんの宝物厳重すぎて笑った。確かにこれを開けれる位でないと令助くんの言ってることを信じれないとは思いますが、それにしても凄い。

そして衛くん石状態のかれりさんを母親と認識する。これでミッション開始できるので楽しみです。

 

ドロンドロロン

ドウサンさんがクサナギさんを騙してNTRする展開がもっとねっちょり続くと思ったので、スピーディーに片付けてくれたの良かったです。ドラくん良い怒りの表情でした。

あとナオトラちゃんのモノノケ退治のプロらしい思考と行動はかなり好きです。

 

アヤシモン

すごい最終決戦ぽい演出の嵐でビビっていますが、ここで終わらず、うららさんがしっかりと敵討ちをして歌舞伎町を制するまで描いて欲しいと思います。

本人も1度しか使えない秘中の秘を知ってるコットンさんに笑いましたが、元鬼王さんの幹部だし冷静な状況説明といい名解説になれる予感がします。

 

しゅごまる

しゅごまるくんが「スカル」だった。

ギャグ漫画の大規模破壊ギャクが急に「虚心の殺戮兵器」とシリアスになったとき、私どんな顔をしていいか分からないの?

……笑えばいいと思うよ。

 

映画『シン・ウルトラマン』感想 ウルトラマンが好きだった童心に帰った気持ちで観賞できた 

エヴァ庵野秀明監督がウルトラマンをリメイクするとなったら見に行くしかないだろということで観賞。
平日夜の回で観客は60人ほど。おじさんばかりかと思いきや、20代~60代くらいまで男女満遍なくいました。

公式ページ →

あまぞん

自分はウルトラマンシリーズはこどもの頃に再放送されていた初代ウルトラマンを全部見た位なのですが、その頃の懐かしさを存分に感じられる作風で面白かったです。

庵野監督の『シン・ゴジラ』同様に現代風なアレンジを加えつつも、初代ウルトラマンにあったようなコミカルな感じや緩い雰囲気がちゃんと残っていて、童心に帰ったような気持ちになりました。

ウルトラマンはあの指先までピンと伸ばした独特なポーズで飛んだりするからカッコイイし、怪獣とプロレスするから楽しいのです!

あと、個人的に大好きなメフィラス星人が登場したの嬉しかったです。夕陽をバックにした戦闘でなかったのは少し寂しかったですが、ウルトラマンとの交渉の場面も含めてとても味がありした。

自分達(地球人)とは違う星の存在や、災害の如き驚異の怪獣、それらと(思想的にも物理的にも)ぶつかり合ったり手を取り合ったりするドラマは本当に面白いですね。続編や新たなテレビシリーズなどが作られて欲しいなと思いました。

『あ、今週のジャンプ読んだ?』を更新しました。2022年24号の週刊少年ジャンプを「夜桜百さん怖いよー」と震えながら語っております

ポッドキャスト

‎あ、今週のジャンプ読んだ?(褒めレビュー):Apple Podcast内のあ、22年24号のジャンプ読んだ?

ニコニコ動画

nico.ms

週刊少年ジャンプ 2022年 24号 感想

今週のアンケート 1位:夜桜さんち 2位:PPPPPP 3位:アンデラ



(巻頭カラー)ウィッチウォッチ

表紙はニコちゃん可愛く、扉絵は相変わらずお洒落なカラーで良かったです。扉絵にいないネムちゃんをカラー1ページ目に登場させるのも気が利いていました。

本編はモイくんとニコちゃんの過去話でほっこりさせて、「モイくんそれで親友はないだろ」と笑わせて、実は魔女の呪いにかかっているという不穏と驚きをもたらしてくる、ジェットコースター展開で面白かったです。

しかし本当に呪いだと笑いになるか不明なので、個人的にはネムちゃんの勘違いであって欲しいです。

ただ、篠原先生ならどっちでも最後は感動的な話にしてくると思うので、ワクワクして次の展開を待ちたいと思います。

 

ワンピース

カイドウにルフィ勝利。

過去回想でカイドウさんがただの世界を滅ぼしたい暴れん坊というわけではなく、「戦争だけが人間の勝ちを決める『自由と平等』だ」という思想があり明確に天竜人の支配を終わらせようという意志があったこと驚きでしたし、同時に納得感もありました。カイドウさんはそういうインテリジェンスさありますよね。

全ての場面で決着が付いたので宴ターン、そしてこれにより世界がどう変革するのかとても楽しみです。

 

ヒーローアカデミア

轟くんの必殺技は冷たい炎「冷炎白刃」だった。

轟くんの運命、歩んだ道、決意、荼毘さんを止めるための力、本当にあらゆる意味で彼自身を象徴する「必殺技」に仕上がっていて素晴らしかったです。

燃え盛っていた荼毘さんの体が、炎に包まれていた街が全て凍り付き、体を寄せ合う二人の決着は鳥肌ものでした。

 

アオのハコ

ひ…雛ちゃん攻撃が全部千夏先輩にカウンターで返されているだと……。

先週の引きから修羅場展開は千夏先輩が軽く流したことで訪れませんでしたが、はりきる雛ちゃんが逆に千夏先輩への藪蛇になってしまったと震えましたし、雛ちゃん渾身の「好きな人の頑張っている姿は見たいもん」の可愛さがそのまま「いや見たいでしょ」だけで肝心な事を語らない千夏先輩の攻撃力に転化されたのは震えました。千夏先輩強すぎでしょ……。

 

呪術廻戦

鹿紫雲さん強い! 宿儺さん知っている人はレジィさんもそうでしたが強いですね。

パンダさんボロボロですし、この漫画はわりと容赦ないのでパンダさんが本当に死んでしまわないか心配です。生きてくれ。

あと、パチンコやってる秤さんがどうなっているか気になるのでそちらも早く描写欲しいです。

 

(Cカラー)すごいスマホ

主人公の言動が「すごいスマホは凄い」「黒幕すマホ・マスターは……」「もしヤバいヤツだったら世界がやばい」など全然天才っぽくない語彙力なのは相変わらず気になっていますが、2話にしてこのダサさが逆に好きになってきた感じです。

ポイントは社会により強い影響を与えた方が貰えるということなら、国家機密を暴露したりテロを扇動するのが一番てっとり早いかなと思ったところでタワマン集団襲撃事件発生、しかも2話で絡んだ友人達がそこに巻き込まれるというシチュエーションは面白いです。テンション上がってきたぜ!

 

SAKAMOTO

やめて楽さん、シナヤさんが壊れちゃう!

楽さんが本気出したら本気出したらシンくんたちを一蹴できるのは分かっていましたが、加耳くんとの連携で「いけるかも!?」と思っていたところなので、インパクトと驚きありました。

シナヤさんは寝ていればお金が入る楽な仕事だったはずなのに体ボロボロにされて可哀相。上手い話には裏があるということですね。

 

あかね噺

もはやプロ級のあかねちゃんなので「今更学生選手権なんか出てどうするんだ?」と思っていたので、その疑問をグリコさんがちゃんと言葉にしてくれたの良かったです。

その上であかねちゃんが出場する理由に一生さんと会談の機会があるという因縁の話、更に師匠から寿限無一本で勝ってこいという課題が出来たことで、普通に大会が楽しみになってきました。

 

(Cカラー)夜桜さんち

カラー扉絵はゴリアテを散歩する夜桜一家、美しい光景でしたし、本編を読むと「ここに百さんがいなくて本当に良かったなあ」と思えました。

そして本編は、先週で気持ち悪さが既に大気圏突破レベルでヤバかった百さんが、今週更に限界突破してキモくなっていたのはビビりました。こんなに嫌悪感ある「家族になろう!」がかつてあっただろうか!?(めちゃくちゃ褒めています)

 

(読切)漫画家の猫である

こんな可愛い漫画家さんがいて欲しいと、こんな世話してくれる猫が欲しいという、「夢」がたくさん詰まった読み切りで良かったです。筒井先生の描く女の子は可愛いので眼福でした。

 

逃げ上手

時行くんの新鎧フォームカッコいいですね。鎌倉蘊蓄も合わさって見応えありました。

そして火焔御柱の計は諏訪の住民でも命知らずとかいうレベルじゃない。策で上回る相手を出し抜くにはやはり狂気ですね(笑)

こうまで鮮やかに計略を決めて瘴奸さんとの一騎打ちに持っていく展開は、流石の松井先生でした。面白い!

 

ロボコ

メイコの新たな新機能追加、ウエストが細くなったことに気づくガチゴリラ、サイドエフェクトとベイルアウトを身に着けたロボコ等々、今週は「すごい」に溢れた回でした。「すごいロボ子」だったと思います。

 

PPPPPP

木々の奥から「あばよー」と言っているときのミーミンちゃんの表情凄く良かったです。

課題曲を無視した演奏といったいった意味ではフルスさんを潰すためだけに行った予選と何ら変わらないのに、その音はフルスさん達を笑顔にし、メロリさんを救って見せた。その変化の気持ちよさと、ラッキー君の演奏がこの幸福なエンドを作ったんだという満足感で、とてもとても良い終わり方でした、ブラボー!

愛憎入り乱れたコンクールがこんな清々しく終わったの本当に驚きですし、ソラチカさんの告白が世界にどう影響を与えるか、メロリちゃんはファンタになんて電話するのかななど、次への期待値が溢れすぎているのもヤバいです。

 

(Cカラー)地球の子

カラー扉絵の煽り文「こいつらが地球のヒーロー」はその通りだけど「令助くんハブらないでよー」と思いました(笑)

本編は実家帰省作戦の意味が最初から破綻していたのは「?」でしたが、かれりさんの部屋にある真実は普通に気になるので来週が待ち遠しいです。

 

マッシュル

みんなちゃんと修行しているのにフィンくんだけ板前の修行させれれているのなんなの(笑)

でも俺は人気投票2位の糸目の人を信じている。フィンくんが活躍するのは全てが終わった後の宴パートとかではないことを!

 

高校生家族

田丸くんが「ボクはダメな部活に入ってしまったかもしれない」となる場面は笑うというより普通にいたたまれない気持ちになってしまったので、最終的に光太郎くんの頑張りで田丸くんが救われたのは良かったです。

先輩であることを意識して成長した光太郎くんカッコイイ! お前が目出鯛の柱だ。

 

ドロンドロロン

ドウサンさんはわざわざカンベエさんが呼び出した人型妖怪なのに弱いふりをして騙しうちする戦闘スタイルなのはセコすぎではないでしょうか?

そして過去にあんなことがあったのに許してしまうクサナギさんはちょっと心が優しすぎですが、同時にドウサンに対する怒りの気持ちは湧いてきたので、遠慮なくナオトラさんとドラくん退治してと思いました。

 

(読切)たんぽぽ

沼田さんアンラックの否定者だったんか・・・という冗談はさておいて、「不幸体質」というのはだいたい気の持ちようだったりするわけで、彼女もそういった思春期の中二病を患ってしまったが、彼氏のおかげで治療できたんだなあという、カップル爆発しろ漫画でした。ある意味で中二病でも恋がしたい」ですな。

 

アンデラ

リップさんの「クソォ!!」が心に響きました。ラトラさんの死を代償にしても届かない、決意の象徴である古代兵器腕の手足も砕かれての完璧な敗北。リップさんには悪いですがここまで徹底的だと、逆に清々しい気持ちにすらなりました。

アンディの決断は「このループで決着を付けて欲しい」派の自分としては少し残念な部分もありますが、「確かにそれなら全て解決する!」ですし、誰よりも強固な正義を持って決意したアンディはきっと最強であろうので、納得しました。

 

アヤシモン

マルオくん格ゲーのコンボ技みたいな動作で炎を退治する。

その際に出てきたキラキラしたものが「概念」なのかな?

敵がまだ独歩さんが見せてない面まで出してきたのは驚きでしたが、「概念」を殴るのは別に炎でなくても大丈夫だとは思うので、マルオくんの逆襲期待です。

 

しゅごまる

全編遊戯王バトル展開はあるかなという予想はありましたが、本当にやるとは思わなかった!

試みそのものと、しゅごまるくんゴリゴリのドラゴンデッキは面白かったですが、遊戯王をやるなら絵の迫力はもっと欲しかった印象でした。

 

サッカーJ1リーグ2022 自分のツイートから振り返るジュビロ磐田戦の感想まとめ 11~13節 なんとか3連敗は防いで降格圏脱出。これからだ!

 

第11節 ジュビロ磐田(1-3) 鹿島アントラーズ (アウェイ) ジュビロ負け

試合内容は全体を通してみれば完敗でしたが、食らいついていくだけのチームの地力と監督の修正力を評価したいゲームだと思いました。

鹿島の上田のような試合を決めてくれるエースストライカーが欲しいですが、ないものねだりをしてもしょうがないので、こっちも誰かしらの覚醒及びファビアンを諦めないぞ!

 

第12節 ジュビロ磐田(1-2)セレッソ大阪  (アウェイ)ジュビロ負け 

アウェイ連戦でなかなか調子があがらなかったのもありますが、早めに劣勢に追い込まれてしまうのはどうにかしないと本当にやばいと感じました。後半良くなっても追いつけなければ勝ち点はついてこないですからね。

降格圏に足を突っ込んでしまいましたが、まだ慌てるような時間ではない・・・はずだ!

またこのゲームではお互いに負傷者を出してしまい、なんともモヤモヤした感じになってしまいました。小川の負傷(全治4~6週間)はかなりの痛手ですので、早く治って欲しいと思います。

 

 

第13節 ジュビロ磐田(2-1)FC東京  (ホーム)ジュビロ勝ち

3連敗を防いで降格圏脱出! やったぜ!!

最近の問題であった前半を修正したこと、追いつかれても勝ち切ったこと、ポジティブな要素が多いゲームとなりました。リーグ戦初スタメンの鹿沼が結果を出したように、どんどん色々な選手が台頭してチームに良い刺激をもたらしていって欲しいですね。

あとファビアンはまだ諦めていないぞ!

 

『あ、今週のジャンプ読んだ?』を更新しました。2022年23号の週刊少年ジャンプを「すごいスマホは本当にすごいのか?」語っております

ポッドキャスト

あ、今週のジャンプ読んだ?(褒めレビュー):Apple Podcast内のあ、22年23号のジャンプ読んだ?

 

ニコニコ動画

nico.ms