yukiakiの日記

映画とサッカーと漫画と猫が好きな男の生存確認ブログ 週刊少年ジャンプの全漫画の感想を書いて12年目

サッカーJ1リーグ2022 自分のツイートから振り返るジュビロ磐田戦の感想まとめ 11~13節 なんとか3連敗は防いで降格圏脱出。これからだ!

 

第11節 ジュビロ磐田(1-3) 鹿島アントラーズ (アウェイ) ジュビロ負け

試合内容は全体を通してみれば完敗でしたが、食らいついていくだけのチームの地力と監督の修正力を評価したいゲームだと思いました。

鹿島の上田のような試合を決めてくれるエースストライカーが欲しいですが、ないものねだりをしてもしょうがないので、こっちも誰かしらの覚醒及びファビアンを諦めないぞ!

 

第12節 ジュビロ磐田(1-2)セレッソ大阪  (アウェイ)ジュビロ負け 

アウェイ連戦でなかなか調子があがらなかったのもありますが、早めに劣勢に追い込まれてしまうのはどうにかしないと本当にやばいと感じました。後半良くなっても追いつけなければ勝ち点はついてこないですからね。

降格圏に足を突っ込んでしまいましたが、まだ慌てるような時間ではない・・・はずだ!

またこのゲームではお互いに負傷者を出してしまい、なんともモヤモヤした感じになってしまいました。小川の負傷(全治4~6週間)はかなりの痛手ですので、早く治って欲しいと思います。

 

 

第13節 ジュビロ磐田(2-1)FC東京  (ホーム)ジュビロ勝ち

3連敗を防いで降格圏脱出! やったぜ!!

最近の問題であった前半を修正したこと、追いつかれても勝ち切ったこと、ポジティブな要素が多いゲームとなりました。リーグ戦初スタメンの鹿沼が結果を出したように、どんどん色々な選手が台頭してチームに良い刺激をもたらしていって欲しいですね。

あとファビアンはまだ諦めていないぞ!