yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

庭で白いロッキングチェアに座ったお爺ちゃんの膝の上で揺られていた思い出

はてな今週のお題「一番古い記憶」ということで記憶を遡ってみると一番古いなと感じるのは、幼稚園に入る前、おそらく2歳前後くらいの思い出です。

当時の家の庭にはお爺ちゃんが日光浴をするために白い木製のロッキングチェアがあり、僕はそれに揺られているのが大好きでした。当然年齢が年齢なので一人では危なくて座れないので、お爺ちゃんの膝の上にのせて貰ったのだと思います。気持ちいい日差しの中、ゆらゆらと揺れている感覚が気持ちよかったのを覚えています。

ちなみにお爺ちゃんは僕が高校生の時に亡くなりました。元気なうちに将棋で勝つことができなかったのが心残りではあります。

また、次に古いのは幼稚園の制服を着ていて帽子を被ったときに、そのツバを一生懸命ぺこぺこ折り曲げるのが楽しくて仕方がなかったという記憶があります。幼稚園に入ってからは印象的に覚えていることはけっこう多いです。

……こういうブログのテーマはいいですね。久々に胸が締め付けられるほどに、昔がとても懐かしくなりました。