yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 12年 24号 感想

マンチェスターシティの優勝への逆転劇は漫画みたいだった!


今週のアンケート  1位斉木楠夫 2位:銀魂 3位:トリコ


(巻頭カラー)(新連載)斉木楠夫のΨ難 

既に八度の読み切りを経ているので今更目新しさはないが、斉木楠夫の淡々としたツッコミの面白さは変わらず、安定して面白かった。新連載1回目として今まで描いてこなかった両親(超能力を知る人達)を描いたのは、旧来のファンには斉木楠夫のゼロエピソードとして、新規の読者にも親切な形で麻生先生の漫画の巧さを感じた。
コーヒーゼリー0.08秒のくだりと、強制以心伝心からのスピード感あるギャグの叩き込みは笑った。


ナルト

最後のアングル変えての3コマは演出意図が良く分からなかった。脱皮して不意をついた描写が分かりにくいからそうしたのかな?


ワンピース

ロック&スコッチが異様にでかい獣人というのは意外性があって良かった。しかし茶ヒゲのやられかたを見るにゾロ達は撃たれたわけではなさそうなので、睡眠→これで凍死だから死亡確定みたいな感じなのかな?よく分からない。


銀魂

僕は銀魂節というか、今回のようなベタベタな演出が大好きなので、こういうふうになるだろうっていうのは大方全部分かってたんですけど、それで感動してウルッときてしまった。年取ると涙もろくなっていかんね。


ハイキュー

田中先輩のキャラがどんどん魅力的になっていてやばいです。最後のドヤ顔も良かった。


トリコ

食林寺が山とともに消える、それを敵が脅して元に戻すという強さ描写は斬新でインパクトがありました。そして退屈だったシャボンフルーツも食没の意味やカラクリを知るとあら不思議、けっこう面白いなと感じました。故に最後のコマはカタルシスがあって良かったです。


(Cカラー)(連載2回目)恋染紅葉

この時点でページ数的にはかなり増えたものの、読み切りの時の内容にも到達できていないので、なんだか展開が遅く感じます(普通に見ればかなり早く進めてるんですけどね)。読み切り引き延ばしは個人的には好きでないので、早くくっついて新展開に持っていってほしいんですが、どうなるかな?


べるぜバブ

集合写真のアランドロンが不意打ちで笑った。この集合写真は沖縄編のエンドとしてはいい締めだったと思いました。あと最後にちょっとだけでもラミアちゃんが出てきてよかった。


ニセコイ

今回は初めて楽くんがいい男だなと思いました。小野寺さんは可哀相ですが、即断即決できる男はかっこいい!


(Cカラー)めだかボックス

生煮がやれれたようだな。 くくく…奴は黒髪めだか婚約者の中でも一番の小物。 人吉ごときにやられるとはレズビアンの面汚しよ。
リョナ成分の多い回だった。


スケットダンス

ヒロインがレイプされかけたのを助けて仲良くなるってジャンプで流行っているのだろうか…


パジャマ

レイプ未遂があったあとでこのデレデレ展開はまだ納得いってないけど、もうそれは気にしないことに決めた。
さて、まくらちゃんパートで後半部分を占めていたのだが、残念ながらとってつけた感しかしないのが悲しい。


いぬまるだしっ

高校生いぬまるくんの丸出し原チャリと、大学生いぬまるくんの丸出しビリヤードは破壊力が高かった。


黒子のバスケ

もう火神くん一人でいいんじゃないかな・・・


(Cカラー)リボーン

扉絵のクロームが妖艶で素晴らしかった。どことなく人間味がない、人形っぽい感じがしたのも、ある意味で狭間に立つ彼女っぽくて良かったです。
本編は大人リボーンと赤ちゃんリボーンの顔が重なるコマがなんだかシュールで笑ってしまった。


こち亀

電気プレートにラジオを載せて破壊してしまうのはいくらなんでも無理矢理だと思いました。こち亀のこういう力技は好きになれない。


ブリーチ

戦慄、凶獣アヨン! いや、君は一護が来る前に登場すべきだったのではないだろうか・・・


クロガネ

新キャラ朝霧くんは良い意味でも悪い意味でもこの漫画から浮いている感じがして先が楽しみだなと思いました。段々掲載順が下がってきた、低調の起爆剤になれるか。


magico

何故この漫画は面白くなりそうになると展開がダイジェストっぽくなってしまうのか・・・
もっとじっくり戦闘とかを描いて欲しいんだけどなあ(ルーちゃんいきなり100コンボは流石にはしょりすぎ)。
ただ、「ラビットブイ」は僕は評価する。


ぬらり

たむたむされるゆらちゃんが可愛すぎて鼻血でそうだった。