yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 11年 33号 感想

ワンピースないと寂しいな。

今週のアンケート 1位:めだかボックス 2位:バクマン 3位:斉木楠雄


(巻頭カラー)ナルト

思ったよりもあっさり我愛羅さんの父子対決が決着してちょっと拍子抜け。ナルト・ビーVSイタチ・長門は個人的にはあまり興味が引かれない対決。


トリコ

サニーさんの神経質が治る。単純なパワーアップだけでなく、らしさを残したまま精神的に成長してるのがみてとれていいね。


スケットダンス

希里くんと震平くん仲良くなる。忍者武芸伝のDVDを希里くんが持ってきたのがのほほんとしていて良かった。


バクマン

港浦さんは本当に駄目な人だなあ・・・
それはともかく50歳がパンチラ漫画を持ち込んでくるというシチュエーションだけでも面白いのに、その奥に不穏な影有りという展開は内容に厚みがあって良い。当初あの影は七峰くんかなとも思ったけど、今更彼がそんなことする必要性はないと思うので、別人かなあ・・・


リボーン

アーデルハイドさんが可愛かったのでよし。


(Cカラー)銀魂

カラー扉絵が一瞬『銀魂』と分からないくらいの爽やかさでびびった。しかし本編はいつもと変わらず酷くて安心した。


スターズ

深海くんとマルカちゃんのキャラがたちすぎていて、主人公トリオの影が既に薄くなっている気が・・・


べるぜバブ

悪魔野学園が本当にできる展開は完全に予想の範囲外で大爆笑。すげえなこの漫画・・・


(Cカラー)(金未来杯)SINS

あんまり面白くなかった。というのも文房具をを武器に闘うというのは俺も小学生の時によく妄想したけれど、その時俺が握っていた鉛筆はもっと妄想の中では格好良い剣になっていた。文房具武器のビジュアルがそのまんまなのは擬態とはいえださいと思う。変形して格好良くなれば評価変わったかも。


(Cカラー)magico

長男さんの刀傷から剣が出てくる魔法は、次男三男に比べて使い勝手が悪そうだとは思うけど、カッコ良さという点では圧倒的だと思いました。


針栖川

前作「M0」に比べて叶先生は本当にパンチラ成分増やしているなあ。「お色気枠」を本気で狙いにきているな・・・


(読み切り)斉木楠雄

4週ぶり4回目。今回も面白かった。楠雄と燃堂くんは本当に仲が良くてほっこりできる。毎週ジャンプを読んでいる立場としては、連載されるよりもこうやって不定期な方がお得感かあってよいかもしれないと思えて来た。


いぬまるだしっ

大石先生のオチは毎回秀逸だ。今週は途中まで微妙だったけどしっかりオチで取り返した。


ブリーチ

ああ・・・銀城さん追悼・・・


めだかボックス

デレた鰐塚ちゃんはアホの娘でめちゃくちゃ可愛いんだけど(「駄目でしたー!」とか特に)、これは確かに阿久根くんの言うとおり人間としては駄目になっている。
オタクの好きな属性って人間性と相反しているなーとか色々考えちゃうとキリがないのでやめるけど、そのきっかけになった「この子は馬鹿だ」のコマはインパクトあったなあ。コメディやりつつシリアスしてる内容の濃い回だった思います。


こち亀

人間てしぶといからなかなか死なないよね。ただ急激な環境の変化は人を殺すほどの危険性がある(田舎←→都会でも)と個人的には思うのです。


黒子のバスケ

「人の嫌がることをやらせたら右に出る者はいない」・・・何ぞそれ?


エニグマ

多少強引だが、これまでの疑問符を一気に説明した力業は評価。来週から新展開だけどどうなるか?


ぬらりひょん

ダラダラと個人戦を続けるより、一気に総力戦の方がやっぱり盛り上がる。いいぞつぶし合え−!!
ただし毎回ぬら組圧勝の個人戦の連続とかは止めて欲しい。


花咲一休

作者「かー、読者様、読者様、読者様、読者様、アンケート葉書キボンヌ!」
読者「どいつもこいつもそんなに連載を続けたいか・・・我は面白くない作品は大嫌いじゃ−!!」
掲載順が一気に下がった作品を見るとこんなネタしか思いつかない・・・