yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』感想 予想通りには面白かったが、期待以上の所はあまりなく、普通だった

映像はばっちり凄そうなので、久しぶりにハリウッドの最新映像技術を楽しんでやるぜというテンションで観賞。観客は250人ほど。カップルが多い印象でした。

公式サイト → http://www.foxmovies-jp.com/idr/

う〜ん、普通でした。

事前に予想したとおりの最低限の面白さはありましたが、名作映画『インデペンデンス・デイ』の続編と考えてしまうと、期待以上のものはでてこない、普通の大作ハリウッドアクション映画になってしまっていました。

特にストーリー部分に大きな盛り上がりはなく、既に前作で一回勝利している相手故に地球側も対策がすぐにたてれてしまうので、未知のものを探っていく、挑んでいくという緊張感がほとんどなかったのは残念でした。そのため人物の葛藤なども(既に人類は一回団結しているので)とってつけたものが多く、解決したのかどうかも特に興味がない感じになってしまっていました。

映像面においては、敵母船のファースト重力波アタックのスペクタクルっぷりは文句なく素晴らしかったですが、その後はそれを越える衝撃はなく、どこかで見たことがあるような、普通の大作アクションCG映像の域を出なかったです。

「続編を作るつもりのなかった大作映画、作ってみればさもありなん」でした。