読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 東アジアカップ2015 VS中国戦 感想

サッカー

日本(1−1)中国  引き分け

東アジアカップ最下位で終了……、前回は優勝したのに悲しすぎる……

試合自体もとても煮え切らない展開でした。前半は中国のほうがメリハリの効いたプレーをしていていい感じでしたし、後半は両チームとも疲労と天候悪化による芝の質の変化などで、グダグダになってしまっていました。

しかしそこで勝ち切るのが技術で上回るということであり、気持ちの強さであると思うので、勝ちきれなかったことは非常に残念でした。

前半はとにかく川又がボールをまったく持てないためブレーキになっていて、宇佐美の個人技で打開するかサイドから上げたボールに武藤が合わせるかくらいしか攻撃の手がありませんでした。それでも米倉のクロスに武藤が合わせたのは綺麗でした。

守備に関しては失点シーンこそボール集まりすぎることでパスを回され完璧に崩されましたが、その後はディフェンスの距離感なども改善が見られたのは良かったです。

後半は天候悪化などもあって足が止まり苦しい展開でしたが、交代で入った興梠や柴崎を中心に前目でパスが回りはじめたのは期待が持てました。しかしフィニッシュの一歩手前くらいで相手の守備が打開できず、攻撃は前半後半を通して機能しているとはお世辞にもいえませんでした。

これでワールドカップ予選大丈夫なのだろうか……? と不安の残る試合内容でいた。

悔しいーっ!!


以下、各選手の評価です。

東口(5.5)‥失点シーンはイレギュラーがあっただけに責められない。それ以外はほぼ安定していた。
森重(6.0)‥ビルドアップ時の縦に運ぶ意識はとても良かった。1対1でもしっかりと体を張って守っていた。
槙野(5.5)‥若干不安定な部分ありつつもギリギリのところで体を張ってまずいチャンスを作らせなかった。
丹羽(5.0)‥失点シーンは何故頭からダイビングした(笑)本職ではないのに頑張っていたとは思いますが、守備でも攻撃でも今一つだった。
米倉(6.5)‥本来は右サイドながら左サイドでもやれることを証明。攻撃時の裏へ抜ける動きは迫力あった。アシストは見事。
遠藤(5.5)‥アンダー世代ながら落ち着いたプレーでチームのバランスをとっていた。もうっちょと個性が出ると良かった。
山口(6.0)‥積極的に前に出ていくボール奪取は見ごたえあった。一気に前線を追い越すオーバーラップも見ごたえあった。
永井(5.0)‥チェイスはできていたが、足元の不安定さから攻撃の芽を自ら摘んでしまっている場面が多々あった。
宇佐美(5.5)‥前半こそはドリブルとシュートで個人でチャンスを演出していたが、後半は目立てなかった。
武藤(6.0)‥同点ゴールを決めた場面は持ち味が出ていた。シンプルにプレーしようという気概は見て取れるが周りと連携できなかった。
川又(4.5)‥競り合いでも勝てず足元も不安定で、日本の攻撃のブレーキになっていた。フィニッシャーなら優秀なのだが代表に求められるワントップの必要事項は多いので、今後は招集は難しいかもしれない。


交代選手

興梠(5.5)‥前目でボールを収める動きはきっちりできていたと思う。ただ少々消極的なところがあり脅威にはなれなかった。
柴崎(5.5)‥ボールが回ってくればしっかり繋いでくれるなとうい安定感があった。あとはもっとチャンスにつながるパスが欲しい。
浅野(ー)‥時間短く評価できず


ハリル監督(4.0)‥試合の状況変化に対応できているとはいいがたい采配だった。最下位という結果は言語道断だし、2次予選シリア戦(カンボジアアフガニスタンはあまり参考にならない)の結果いかんでは解任もあるかもしれない。