yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 アジアカップ2019 予選 VSオマーン戦 感想

日本(1ー0)オマーン  日本勝ち

 

なんだか消化不良のギリギリの勝利ではあったが、それでも決勝トーナメント進出できて良かった!

前半は特に南野を中心に攻撃が活発で、何度も相手の裏をとるなどして決定機を何度も作っていて楽しかったです。しかし、相手ゴールキーパーの好セーブ連発でなかなかゴールが遠くてハラハラしました。

そんな中で原口のPK獲得からの先制ゴール、ほっと胸をなで下ろす展開でした。

しかし前半終了間際、相手シュートを長友がブロックするもハンドではないかという微妙な場面が。結局流れましたが、かなり危ないシーンでした。

後半はそんな流れもあったので追加点を狙って欲しかったですが、暑さ故のスタミナ限界か、お互いにあまり決定機を作れない流れで、そのまま終わってしまいました。

正直PK獲得とハンド見逃し、どちらも疑惑の判定ではあったので、勝ったのは嬉しいですが少しやきもきする展開でした。VARとかがあったら逆の結果になっていてもおかしくなかったです。

とりあえず、攻撃のインパクトに比べて守備の軽さが目立つ状態は続いているので、長いトーナメントそれが致命傷にならないように修正していって欲しいです。

 

以下、各選手の評価です。

権田(5、5)・・飛び出しが中途半端になるシーンがあったが、無失点で乗り切った。
吉田(6、0)・・前試合に比べてコンディションが明らかにあがっていて安定していた。怖いバックパスあったけど。
冨安(6、0)・・やはり本職はCBか、前試合に比べてかなりやりやすそうだった。良いフィードも何度かあった。
長友(5、5)・・シュートブロックは神の手ディフェンスになってしまったが攻撃に守備に多く顔を出した。
酒井(6、0)・・堂安を追い越す動きを疲れた後半でも何度も見せていた。
遠藤(6、0)・・守備に奔走して彼の位置からのフリーでのパスを安定してシャットアウトした。
柴崎(6、0)・・攻撃の起点としてよくボールを回した。取られる場面も少なかった。ただそこは柴崎が守備だろという場面もあった。
原口(6、5)・・MOM。自ら獲得したPKは自ら決める。決勝点をもぎ取った。
堂安(6、0)・・トラップや縦への突破など卓越した個人技を今回も魅せた。後半は多少ガス欠か。
南野(6、5)・・相手の裏へ抜け出す動きや突破で何度も決定機を作り躍動。決めていればだいぶ楽になったが阻まれた。あと、後半はドリブルが少し引っかかる場面も。
北川(5、5)・・前線でよく走ってスペースも狙っていたが決定機はなかった。ポスト役にはなれなかった。

 

交代選手
武藤(5、5)・・後半ローペースになってからの投入で見せ場作れず。絶好のカウンターの場面でパスがズレたり上手くいかなかった。
伊東(ー)・・時間短く評価できず

 

森保監督(5、5)・・前の試合に比べて選手の距離感やコンディションは仕上げてきた。しかし選手交代はちょっと微妙だった。