yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

田中啓文『銀河帝国の弘法も筆の誤り』感想  あまりもくだらなくて最高に面白かった 

銀河帝国の弘法も筆の誤り (ハヤカワ文庫JA)

銀河帝国の弘法も筆の誤り (ハヤカワ文庫JA)

SFというジャンルはおちゃらけていても根は真面目というのが僕の印象なのですが、この作品は僕のそんな固定概念を木っ端微塵に破壊してくれました。

短編が5編収録された短編集なのですが、どれを読んでも最後は例外なくある意味清々しいほどの脱力感を僕に与えてくれました、。

センスオブワンダーを感じさせるSF作品というのは普通は読み終わったら「おおっ」と感心したり、「やられた」と唸ってみたり、「うむ〜」と知的満足感に浸れたりするものですが、本書はとにかく全部「えー・・・」と脱力するばかりでした。発想や世界観はどれも凄いのに・・・

しかしながらこれはこれで新境地の面白さかなとも思いました。例外なく最後の最後にはあまりのくだらなさに声を出して笑っていたし。

SFというジャンルは本当に懐が深いなあ。