yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

秋山瑞人『猫の地球儀ー焔の章ー、ー幽の章ー』感想 猫を被っているが中身は“漢”の物語! 

前に読んだ『イリヤの空、UFOの夏』が面白かったので、同じ作者の本を購入。猫の地球儀 焔の章 (電撃文庫)作者: 秋山瑞人,椎名優出版社/メーカー: メディアワークス発売日: 2000/01メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 114回この商品を含むブログ (147件) …

東野圭吾『歪笑小説』感想 編集者や小説家って大変なんだな・・・と思わずにはいれれない短編集

歪笑小説 (集英社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/01/20メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 59回この商品を含むブログ (80件) を見る知らない世界の話は興味深い。東野圭吾さんによって描かれる出版界をテーマにした「○笑小説」シリ…

佐野菜見『坂本ですが?』一巻 感想 絵の力とインパクトで笑わせてもらった

ネットで話題になっていたので気になって購入。坂本ですが? 1 (ビームコミックス)作者: 佐野菜見出版社/メーカー: エンターブレイン発売日: 2013/01/15メディア: コミック購入: 9人 クリック: 124回この商品を含むブログ (127件) を見る坂本くんのインパクト…

押切蓮介『ハイスコアガール』1〜3巻感想 大野さんはあの頃の僕が恋い焦がれて信じていた「ゲームをうまくなった先にあるもの」だ!

ハイスコアガール(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)作者: 押切蓮介出版社/メーカー: スクウェア・エニックス発売日: 2012/02/25メディア: コミック購入: 14人 クリック: 277回この商品を含むブログ (149件) を見る僕はゲーセンに必死になって通うほど…

小山薫堂『小山薫堂 幸せの仕事術』感想 「日常は面白くできるんだ」ということが分かり、気がとても楽になった

ラジオで小山さんが話しているのを聞いて、面白そうな人だなと興味を持ったので読んでみました。小山薫堂 幸せの仕事術―つまらない日常を特別な記念日に変える発想法作者: 小山薫堂出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2012/08/28メディア: 単行本(ソフトカバ…

西尾維新『悲鳴伝』感想  長くて読みにくかったが、後半の盛り上がりですべて帳消しできた

悲鳴伝 (講談社ノベルス)作者: 西尾維新出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/04/26メディア: 新書購入: 4人 クリック: 319回この商品を含むブログ (81件) を見る西尾維新風「人類を救うために巨悪に立ち向かうお話」設定の奇抜さやキャラクターの特異さ、小…

岡田斗司夫『オタクの息子の悩んでいます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より』感想  悩みの解き方メイキングを公開するという斬新な発想の本

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)作者: 岡田斗司夫 FREEex出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2012/09/28メディア: 新書購入: 7人 クリック: 163回この商品を含むブログ (49件) を見るネットでたまに「岡田さんの人生相談の…

三上延『ビブリア古書堂の事件手帳』 栞子さんと大輔くんの関係性の変化にキュンキュンした!

1巻の感想はこちら → http://d.hatena.ne.jp/yukiaki042/201203242巻の感想はこちら → http://d.hatena.ne.jp/yukiaki042/201205113巻の感想はこちら → http://d.hatena.ne.jp/yukiaki042/20120627/1340804394ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つ…

仲谷明香『非選抜アイドル』感想 負けても終わりじゃないよ人生は

「まなめはうす」さんでお薦めしていたので読んでみました。非選抜アイドル (小学館101新書)作者: 仲谷明香(AKB48)出版社/メーカー: 小学館発売日: 2012/04/02メディア: 新書購入: 9人 クリック: 75回この商品を含むブログ (42件) を見る予想より…

朝井リョウ『少女は卒業しない』感想  僕もまた「卒業」して今の自分になったんだなあと思った

少女は卒業しない作者: 朝井リョウ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/03/05メディア: 単行本 クリック: 23回この商品を含むブログ (24件) を見る今年で校舎がとり壊されることに決まったある高校の卒業式の日を舞台にした、生徒達のオムニバス形式の短編…

宮本亜門『引き出す力 奉仕方リーダーが才能を伸ばす』感想  今の僕には役に立たないからこそ将来役にたつかも

僕にとって宮本亜門さんは「上質を知る」コーヒーの人(演出した舞台を見たことがない)のですが、ちょっと管理的な仕事をしなくてはならなくなったので、そのヒントになればと購入。僕はリーダーシップを発揮するようなタイプではないのです・・引きだす力―奉…

道満晴明『ニッケルオデオン【緑】』感想 少し変でちょっぴり切なくてとってもポジティブな短編集

前作ニッケルオデオン「赤」に続く一話8Pの読み切りショートが13編収められた短編集です。前作【赤】がとても面白かったので楽しみにしていました。一つ一つの話は独立しているので、どこから読んでも大丈夫な親切設計。物語がちゃんと終わるのって気持ち…

西原理恵子『生きる悪知恵』感想  思考の幅が少し広がった、緩くなったともいう

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)作者: 西原理恵子出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/07/20メディア: 新書購入: 16人 クリック: 466回この商品を含むブログ (64件) を見る僕は昔悩み相談とか人生相談みたなものが大嫌いで…

貴家悠、橘賢一『テラフォーマーズ』1〜4巻感想  異形VS異形のとんでもない戦いに興奮!

『このマンガがすごい!』2013で一位をとっていたので気になって購入。火星を舞台に人類と進化したゴキブリの生存をかけた戦い。テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)作者: 貴家悠,橘賢一出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/04/19メディア: …

金子哲雄『僕の死に方 エンディングダイアリー500日』感想 僕はここまで死と向き合うことができるだろうか?

書店のランキング直木賞芥川賞の本の後にのっているのを見つけて、「ああ、そういえば金子さんが死んでからだいぶたつのか(とはいっても4ヶ月程度前の出来事ですが)・・・」と思って手に取りました。僕にとって金子さんは『ほんまでっかTV』で明石家さんまに…

伊集院静『伊集院静の「贈る言葉」』感想 二十歳の自分を思い出して胸が熱くなった

伊集院静の「贈る言葉」作者: 伊集院静出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/10/26メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (2件) を見る伊集院静が二十歳の新成人と四月からの新社会人に贈った、新聞広告の掲載されたメッセージを掲載…

クリスタルな洋介『ひめはじけ』三巻 感想 まさかの最終巻! 寂しいんだよ〜

二巻感想はこちら → http://d.hatena.ne.jp/yukiaki042/20121029/1351514354ひめはじけ 3 (少年サンデーコミックス)作者: クリスタルな洋介出版社/メーカー: 小学館発売日: 2013/01/18メディア: コミック クリック: 7回この商品を含むブログ (4件) を見る帯…

河原和音×アルコ『俺物語!!』1,2巻 感想 猛男カッコイイ! そしてこういう男が惚れる系の男が主人公の少女漫画って珍しかったのか!

「この漫画がすごい」で一位をとり話題になっていたので読んでみました。俺物語!! 1 (マーガレットコミックス)作者: 河原和音,アルコ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/03/23メディア: コミック購入: 9人 クリック: 199回この商品を含むブログ (115件) を…

伊集院静『大人の流儀』感想 この本は伊集院さんの背中だと思う

大人の流儀作者: 伊集院静出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/03/19メディア: 単行本購入: 9人 クリック: 60回この商品を含むブログ (57件) を見る大人って何だろうと時々考えます。僕自身の現在の定義としては「『人は孤独である』『人は一人では生きてい…

東村アキコ『かくかくしかじか』感想 気が遠くなるくらいたくさん描いた経験が大事なんですよ

東村さんで印象に残っているのは、西原理恵子さんとの画力対決で、素早い一発描きで(しかも凄く上手い)自分のキャラを描いていたことでした。そんな天才、東村アキコのルーツが分かる、学生時代を描いたエッセイ(1巻は主に美大受験)漫画と聞いて読みまし…

森繁拓真『となりの関くん』1〜3巻感想 変わらないけど少しづつ変わっている関くんと横井さんの関係がすごい好きです

ヴィレッジヴァンガードのお薦めコーナーでサンプルを見て面白かったので購入。特に三巻の表紙がとてもきゅんきゅんしました。となりの関くん 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)作者: 森繁拓真出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー発売日: 201…

平田オリザ『幕が上がる』感想 どこまでも行ける彼女たちがとても羨ましかった

書店で平積みされていたので、表紙とタイトルから何か面白そうな青春小説だなと思って購入(青春小説好きなんです)幕が上がる作者: 平田オリザ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/11/08メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 20回この商品を含むブログ (24…

東野圭吾『黒笑小説』感想 笑えると同時に胸がしめつけられる短編集だった 東野さんはマゾなのか・・・?

黒笑小説 (集英社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 集英社発売日: 2008/04メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 56回この商品を含むブログ (109件) を見るタイトル通り黒さにまみれた笑いの小説で面白かったです。「怪笑小説」のようなハッとする笑いでも…

綿矢りさ『ひらいて』感想 繊細かつ美しい心理描写は良かったが、話は最後までよく分からなかった

ひらいて作者: 綿矢りさ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/07メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 47回この商品を含むブログ (44件) を見る綿矢さんが描く女性の心理描写やものの捉え方は、心の奥底にとても深く深く潜って大事にすくいあげたかのごとく…

谷川二コ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』3巻 感想 この漫画をクリスマスに読んでしまった愛しさと切なさと心強さと

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(3) (ガンガンコミックスONLINE)作者: 谷川ニコ出版社/メーカー: スクウェア・エニックス発売日: 2012/12/22メディア: コミック購入: 5人 クリック: 106回この商品を含むブログ (34件) を見る1、2巻は主人公「も…

南直哉『恐山 死者のいる場所』感想  どうして僕は恐山に引かれたのだろうか?

恐山: 死者のいる場所 (新潮新書)作者: 南直哉出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/04/17メディア: 新書購入: 2人 クリック: 13回この商品を含むブログ (15件) を見る本屋の親書コーナーでなんだかとても気になったので読んでみました。本書は2005年か…

東野圭吾『毒笑小説』感想  面白いけれど「笑い」を期待しすぎると損をするかも

毒笑小説 (集英社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 集英社発売日: 1999/02メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 40回この商品を含むブログ (104件) を見るシリーズ前作『怪笑小説』がしっかり笑える小説だったので読みました『怪笑小説』感想 → http://d.h…

東野圭吾『怪笑小説』感想 小説として物語としてきっちり笑わせてくれる良作だった

怪笑小説 (集英社文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 集英社発売日: 1998/08メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 66回この商品を含むブログ (126件) を見る全体的にブラックな雰囲気を漂わせつつ、盛り上げて盛り上げて、最後にきっちり落として笑わせる。…

辻村深月『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ』感想 自分の足で立つことはとても大事なことだと思う(本を反面教師にして)

胸が締め付けられる感じがした。だがそれは感動ではない、あまりにやるせなかったからだ。ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)作者: 辻村深月出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/04/13メディア: 文庫 クリック: 9回この商品を含むブログ (19件) を見る…

初野晴『退出ゲーム』感想  “ミステリ”と“とんち”と“高校生”のとてもいい話

退出ゲーム (角川文庫)作者: 初野晴出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2010/07/24メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 29回この商品を含むブログ (53件) を見る謎を解くというプロセスも面白いですが、それよりも問題を抱えている人物をいかに機転を利かせて…