読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ21・22合併号 感想 

ジャンプ+での「群青のマグメル」連載再開、楽しみだ!


今週のアンケート 1位:ワンピース 2位:ロボレーザービーム 3位:火の丸相撲


ワンピース
ジンベエさん超カッコイイ!
マムとの落とし前の件はどこかで回収するとは思っていましたが、まさかこのタイミングとは考えていなかったですし、真正面から仁義を通すというやり方も痺れました(ついでにいちいち解説入れてくれるビッグニュースさん好きでした)。
また、多頭ルフィを一瞬見破るカタクリさんなど、互いが最善の一手を出し合っている展開も面白いですね。
ラストのプルックはいい仕事したぜ!

 

ヒーローアカデミア
娘の体を銃弾にしているというのは生理的に嫌悪できるレベルの悪で、堀越先生攻めているなあと思いました。
内容的なヤバさに関しては完全に学生が関われるレベルの範疇を越えているので、そこをどう理屈づけて、出来くん達を活躍させてくれるか楽しみです。

 

ハイキュー
勝手にリズムを作り出す応援うぜぇえええ!!
応援の効果とか、セッターの一歩目とか、そういう所の丁寧な描写はハイキューらしいですね。
あとちょっと挿入されたブーイング半笑いの月島くんと、ガチ見の叶歌さんは良かったです。


(Cカラー)ちんぎり
抓るってすっごい痛そうな感じが伝わってくる読み切りでした。
インパクトはありましたが、題材的にどこまで読めるかなあと不安になってきた所でオチになり「ちんぎり飽きたぜ」は実に良い見きりだったと思います(笑)

 

ロボレーザービーム
何よりも鷹山くんに好感度の上がる回でした!
漫画の見せ方として、主人公の成長や狂気の片りんを見せる、圧倒的実力差のある相手に勝つ、その相手とライバルになる、そしてそれが周りに波及していくという要素を、ロボくんと鷹山くんというキャラクターをたたせたうえで、しっかりとやっていることが確かな盛り上がりになっていて非常に面白かったです。
さすが藤巻先生、キセキの世代みたいなすっごい奴らもたくさん出てきそうですし、これから先がすっごい楽しみです。
あと記者の二人は「火の丸相撲」っぽいなと思いました。

 

ネバーランド
まさかの崖突破! 盲点&盲点でふつうに驚きであり、実に鮮やかな脱出劇でした。
鬼の包囲網は抜けましたが、森の先がどうなっているか分からないという状況は変わらないので、何が起こるのか(シスタークローネのペンが何かヒントになってたりするのかな?)次号巻頭カラーで楽しみです。


(Cカラー)鬼滅の刃
無機物と融合できるのか、十二鬼月の能力半端ないなっ!
眠らせて悪夢を見せてくる相手に「俺の家族がそんなこと言うわけないだろ、侮辱するな!」と言える炭治郎くんの真っ直ぐさはとても眩しかったです。
流石は心がウユニ湖の男だぜ!
そして伊之助爆裂覚醒! 字面ですでに相当面白い・・しかしこれ本当に起きているのか(笑)
あと、読み切り番外編も良かったです。カナヲちゃんは炭治郎くんに惚れる事確定か・・、まああの長男力なら仕方がないねっ!


青春兵器
カンチョーに武器を使わないナンバー6さんなどの行為は紳士的でいいですな。
道具を使ってカンチョーをすると大惨事になるので、正しくあのポーズでやる事が、突き指や内臓破壊大事故を防ぐうえで大事なのです。


ブラッククローバー
王様やはり出オチであったか・・
アスタくんは一言どころか色々酷いけれど、その反応を見るにいつか魔法帝を裏切ったりしそうで怖いなあの人・・
紅蓮の獅子王団の新団長はインパクトある鉄拳だったので期待(笑)


(Cカラー)食戟のソーマ
寧々さんの蕎麦の上げ方は、「時かけ蕎麦」のくだらなさも含めて良かったです。
さて、創真くんにはこれ以上のリアクションを期待しているわけですが、映画繋がりとかで来るのか、どういうネタを仕込んでくるのか楽しみです。


トー
火薬を作って取引できなければ殺すという千空くんに対して、獅子王くんは火薬できたら殺すという判断しているところが、もう対決は免れない感じでドキドキします
そして、この二人が会うにはどうすればいいのか問題と、そのどちらかの結末以外を示唆させる意味での、第3者による狼煙はものすごい巧い展開で大興奮でした。
「狼煙を上げろ!」カッコイイ台詞だぜ!


銀魂
高杉さんがここに来て主人公力を発揮していらっしゃる。「世界を壊すのはこの俺だ」はじつに中二感あって好きだなあ高杉さん。

 

幽奈さん
常に胸の間にコガラシくんのこけしを挟んでいるかるらさんは凄いなと思いました。変態ヤンデレ痴女(可愛げあり)とか最高じゃないか!
潜入組は誅魔忍コンビが安定の何もできなさそうなので、夜々ちゃんの活躍に期待しております。

 

火の丸相撲
ユーマさんベストバウト。
負けはしましたが、相手の強さがしっかりと説明される形で納得でしたし、それでも必死で足掻き続けるユーマさんの奮闘は胸を打つものがありました。
そして、そんな負けた彼をみんなが笑顔で迎えているという構図はとてもほっこりしましたね。本当にいい決着でした。


斉木楠雄
ダブル関連ネタは面白いというよりなんか怖いな・・。

 

勉強ができない
唯我て、てめー、うるかちゃんにあれだけ分かり易いアプローチずっとされていて、今更新キャラ相手に「モテてる?」などと反応するとはどういう了見だ、コラー(うるか派怒りのマジレス)!!
・・まあそれはそれとして、恋心を自覚していなくてバレバレな緒方さんは可愛かったです。うるかちゃんの水泳部員とかもそうでしたが、友達の援護射撃はやはりいいものだなと思いました。

 

左門くん
最強同士の闘いにも臆せず割って入ろうとする気概は実に左門くんが主人公していて「オオっ!」となりました。
この盛り上がりとても面白いですが、これは本当に終わりが近いかもしれないなあ。

 

マリー
女子高生潜入。モブキャラのパンチラは嬉しくはなかったですが、なんか妙なエロさがあったな・・。
コメディもいいですが個人的にはもっとバトル要素を期待しているので、そちらでも頑張って欲しいです。

 

ポロ
人間の狂気こそが魔王にとって最大の脅威というコンセプト自体はいいものだと思いますが、ほぼ一人の能力で神に次ぐ実力者の天使やや上位悪魔を倒してしまうのは流石にやりすぎでは・・。
腹に穴あけながら闘ったイルカちゃんは良かったです。

 

U19
四季大和さんの方がなんだか主人公っぽい!!
敵側を魅力的に描くのはありですが、明らかに主人公より目立つ上に正義的(主人公が完全に自分勝手なテロリストになってしまっている)与えてしまっていいのだろうか・・?
まあしかし、この物語がどこに行きつくかは興味津々なので、勢いのまま突っ走ってほしいです。

 

磯部磯兵衛
ペリーが一瞬、磯兵衛の変装だったと思ってビビったけど錯覚だったぜ。
これは北斎がペリーと一体化して復活あるかもしれないなあ(誰得?)

映画『キングコング:髑髏島の巨神』感想  頭空っぽにすれば、すっごいウホウホできる内容で素晴らしかった。

地元ではもう公開終了が近いということで、日本語吹き替え版を鑑賞。観客は10人ほどで1人の女子を除いて男性ばかりでした。

wwws.warnerbros.co.jp


映画『キングコング:髑髏島の巨神』予告編

見る前に期待していたのは「暴威のキングコングに蹂躙される人々の散り様とリアクション」でしたが、その期待していたものがちゃんとある映画で面白かったです。もうその部分に関しては頭空っぽにして「ウッホウッホ!」しながら見ることができました(笑)

謎の島を探索、謎の部族との出会い、そして未開の地に闊歩するモンスター達と、正しくB級感溢れている内容で、変にひねくれたりせずにエンターテインメント使用になっているのが好感持てました。

吹き替えキャストのGACKTはキャラクターにあっている感じではなかったですが演技自体はちゃんとしているので許容範囲内でした。字幕を読んでしまうとアクションに目がいきづらくなってしまうので個人的には吹き替えで見て良かったです。

あと、スタッフロール後に次回作への伏線が出てくるのですが、ゴジラとかキングギドラとか示唆されていて笑った。このクオリティなら期待できるぜ!

週刊少年ジャンプ 17年 20号 感想

ジャンプSQで一気に6つ新連載か。ジャンプは今期は2~3つほど入れ替えかな?

 

今週のアンケート 1位:ワンピース 2位:ネバーランド 3位:左門くん

 

(巻頭カラー)ハイキュー
カラー扉絵、さすがの躍動感で凄かったです。
本編においてもスピード感とキレが伝わってくる変態速攻を決めてくれて気持ちよかったです。
観客が一瞬時が止まったかのように息を呑む「静」との対比で、より「動」が際だって格好良くなっていました。
「はぁあああ」というリアクションも面白かったです(笑)

 

ワンピース
ええええええ~~~~~!!!
最期のルフィいっぱい登場は普通にびっくりして面白かったです。これは確かにカタクリさんでも「止めようがねぇ」ですわ。
直前にブリュレが「ゴメン」と言っている事から彼女の変身能力なのでしょうが、改めてすごい能力だと思いましたミラミラの実。
プリンちゃんにも改心フラグが立ちましたし、これからどう場が混乱していくかとても楽しみです。

 

ヒーローアカデミア
ファットガムはトトロだったのか!?
切島くんとファットガムはお互いカッコ良さと師弟感が描かれていてとても良かったです。
そして一気に八斎会の全貌明らかになるか?
個人的にはテンポ良くやって欲しいなと思います。

 

(Cカラー)ネバーランド
扉絵が完全にバトル漫画の構図でちょっと面白かったです。
全員を助けるために4歳児以下を残す、そしてフィルがその代表を務めるというのは実にスムーズな回答でした。「彼が実は黒幕説」とか色々考えましたがちょっと的外れでしたね。でも色々先を想像しながら先の展開を楽しめるのがこの漫画のいいところだと思います。
そして来週は本気鬼ごっこ。ここで敵側の格をいかに示してくるのか楽しみです。

 

ロボレーザービーム
風を読まない、安定した場所以外ではしっかり打てない、ロボくんの弱点はあらかた想像通りといった印象でした。
さてこのピンチをどう乗り切るかでこの漫画の方向性が決まりそうなので、天才的ひらめきなのか、熟考した上での選択か、はたまたトモヤ君がいいアドバイスするのか果たして?

 

ブラッククローバー
相変わらずユノくんの愛は命がけの重さがあるぜ(笑)
今週はまあ普通に団の順位発表だけでしたが、この後の王様はすごい出オチ感が予想されるので(民衆にぜんぜん人気ないとか)、来週が色々不安だ(笑)

 

(Cカラー)マリー
今週は構成がちょっとわかりにくかったですが(2回読んでやっと分かった)、マモルくんに事情全部説明できたり、マリー方面でフラグが立ったり、タイガくんとの関係性に変化が見られたり、後々生きてきそうな回だなと思いました。
それにしても好きな娘の冷たい視線・・辛いよね、あれをご褒美と言える奴のメンタルはすごいと思う。

 

ソーマ
WGOという謎組織キター!!
それにしても闘い前の特訓は何だったのかというくらいガチのサシ勝負になりましたな・・協力プレイとかは司さんとか竜胆さんあたりまでとっておくのかな?
そして実際、王道蕎麦と焼いた蕎麦で、焼いた蕎麦が勝つ理屈が僕には思い浮かばないので、そのあたりのネタ晴らしは楽しみにしております。

 

青春兵器
選手交代失格の規定とは何だったのか(笑)
もう完全に選手ハチになっているじゃねーかと思いましたが、1%難波くんが認められているなら、頭の本物パーツ付けているハチもまた難波くんと言えるのではないだろうか(哲学)
ハチのリアクションは本当に好きです。

 

(Cカラー)火の丸相撲
ユーマさんは強い!
 後悔を受け止めて成長した彼が、国宝も一目する強者クラスに認められるという展開はとても嬉しいですね。
勝つか負けるかは分かりませんが、ユーマさんのベストバウトを期待しております。

 

トー
人間同士の対立に目がいきがちですが、今回の大仏のシーンとか、移動する際にサクラが違うことを気づく所とか、新たな世界を旅している感は非情に気持ちいいものがありますね。
あとは獅子王くんが普通に箱根に気がつく所など、敵が弱くないのもいいと思います。しかし銃を完成させたとして、獅子王くんが止まるかというとまだ不安があるけど、どうするんだろう・・?

 

鬼滅の刃
炭治郎くんの心が綺麗すぎる。心の中の一部持ってっちゃっていいのとは思ったけど(笑)、それが彼の改心に繋がった、優しさは分け与えられるものという考え方はありだと思います。
ラストの下弦の壱さんの煽りは良かったですね。実に畜生野郎らしい挑発でした。

 

幽奈さん
かるら様絶対チョロいと思っていたら、既に2年前からオチていたスーパーチョロい人だった。
それにしても戦争を止めたのは師匠の事かと思っていたら、普通にコガラシくんの事だったのですね。まあ血筋が滅んだ後にコガラシくんに憑依して師匠になって特訓し新たに作り上げられた八咫鋼ということなのかな。
あと担当の煽り文「まだ16なのに・・」は面白かったです。

 

斉木楠雄
誕生日30を越えるとあんまり嬉しくない・・。
それにしてもプレゼントを恐喝気味に持って行くのは境遇を考えればまだ許せるけれど、心からの善意のプレゼントをがっかりするのはちょっと引きました。
反面チーズフォンデュ機を持ってきたモブ子は好感度上がりました。

 

銀魂
高杉さんも来て役者が揃うまであともう少し。そして、今後は意外にも地球にいた虚さんがどう動くかですね。待機です。


勉強ができない
古橋さんのお腹まくって見せるシチュエーションは独特のフェティズムがあってエロかったです。
あと緒方さんが完全うどんキチになっているのが面白かったです。うるかちゃんも含めた三人娘の仲良い感は好きなので、今後もどんどん見せて欲しいです。

 

左門くん
めっちゃバトル漫画として熱いじゃないですか~~~~~!!!!
てっしーの名台詞「ごちゃごちゃうるせえ」を左門くんが使うという二人の関係性、魔法陣を使った派手で予想外な攻撃、敵の底知れぬ本気、そして最強アンリさん召還。盛り上がってます!
ギャグがなくてもぜんぜん面白いぜ!!


ポロ
知らぬ間に留学記が進んでいて、それでそこで出会った人が襲われている~(ガビーン)!!
これ、間違いなく最終章の流れじゃないですか・・。
悲しいですが、しかしこうなったら腹を括ってこのシリーズを楽しみたいと思います。
バトルものになるとしたら作者がどんなものを描くかも楽しみだったりします。


U19
レッドライオットだ、レッドライオットがおるぞ!
まさかの総理大臣登場で、一気にクライマックス感が出てきました。個人的に自分で現場にくるタイプのボスキャラは好きなので、来週は大人としての格を見せてくれたら嬉しいです。


磯部磯兵衛
盗人捕まえる所の馬と磯兵衛のコマ迫力があって笑いました。
初代の適当な感じとウインクとかも面白かったので良かったです。

 

映画『夜は短し歩けよ乙女』感想 俺も彼女欲しいよー、ちくしょー、酒もってこーい!!

原作未読。映画が安い日がちょうど休日だったので時間があったので鑑賞。観客は20人ほど、年齢層は40代くらいが多い印象でした。


『夜は短し歩けよ乙女』 90秒予告

 

なんだか分からないけどポジティブになれる、そんな映画で面白かったです。

独特なリズムが映画全体に溢れていて、最初は少し戸惑いましたが、だからこそ不思議な一夜の世界観の中に巻き込まれているトリップ感がハンパなく、お酒を飲んで酔っぱらっているような、有頂天気分を味わえるドラッグムービーでした(笑)

「人それぞれで感じる時間は差がある」と言いますが、周りがとにかく次から次へと早く時が過ぎていく中で、誰よりも「遅い時計」を持った主人公が、流れに身を任せつつも自分の時間の歩みだけは崩さずに、一夜を生きていくという様はとても痛快でありました。

そして、その魅力の一端を担っているのは間違いなく主演の花澤香奈さんの声でした。不思議な一夜を旅する中で凛として可愛らしく立っているのがとても印象的で、あの声を傍らに、ずんずんと旅ができたらどんなに幸せだろうなと思わずにはいられなかったです。

しかし、だからこそラストにハッピーエンドに繋がっていくシーンは、まったく文句はない納得の締めなのですが、現在一人身の自分にとってはちょっと辛かった(笑)です。

ちくしょー、俺も彼女欲しいよー、酒もってこーい!!

映画『モアナと伝説の海』感想  少女と大男の冒険活劇。おばあちゃんのシーンは思わず泣いてしまった。

映画が安い日だったので鑑賞。観客は20人ほど。家族連れはおらず若い人が多かったです。


映画『モアナと伝説の海』日本版予告編

 

あまり前知識は得ないで行ったのですが、予想以上に冒険活劇していて面白かったです。

主人公のモアナは選ばれた存在、導かれるお姫様みたいな印象を最初は抱いていましたが(それはそれでロマンがありますが)、だんだんと自分自身が勇者的というか、逞しく成長していくのが見ていて面白かったです。

そして何より冒険の共として出てくる英雄マウイ、こいつがいいキャラすぎて燃えましたね(何故ポスターとかにいなかったのか!?)。自分の刺青と会話するなんて面白すぎる設定は驚きかつコミカルでしたし、確かな実力と優しさと繊細さを持って、会った瞬間から好きになれる存在でした。

この二人の触れ合いや、互いに互いの足りないものを補って困難を乗り越えていく感じは実に王道でした。映像の迫力も素晴らしく、基本海ばかりでですが退屈にならない工夫が随所に施されていました。

歌の力も偉大で、多少の違和感なんかもぶっ飛ばすパワーがありました。

あとこの映画ではモアナの理解者、そして彼女の背中を押す存在として変わり者のおばあちゃんがいて、海に向かって一日中フラダンスを踊っているような変わった人なんですけれど、彼女がモアナを導くために「私は死んだらエイになって会いに行くよ」と言うんですが、そのシーンは美しさと切なさがハンパなくて、思わず泣いてしまいました。しかも2回も。

色々な琴線に触れてきた上で、しっかりとエンターテインメントしているディズニーらしい作品で見れて良かったです。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』感想 アニメを見た方がいいけれど、実写化としては味があって好きです。

アニメ版「攻殻機動隊」が好きだったのでこれは見なければと鑑賞。レイトショーで見て観客は20人ほど。何故かカップルが多かった(男の方がファンとかなのかな?)


『ゴースト・イン・ザ・シェル』 本予告

 

映像がとにかく素晴らしかったです。

トーリーの方はアニメ版のめんどくささ(笑)としか言いようのないものがマイルドになっているので、個人的には見易くなっていて良かったですが、カルト的な人気を生み出したアニメ版『攻殻機動隊』感は薄まった印象でした。

しかし、アニメ版が作られた当時は「映像化不可能」と言われていた画面を、しっかりと実写という枠内に再現しきった手腕と、サイバーパンク感溢れる町並みの描写はまさに一見の価値ありといった感じで、個人的には大興奮でした。

ただそれも「とても上手く再現されている」という追認証であり、これを初めて見た人にとってはそれほど斬新とは言えないのかなとも合わせて思いました。「マトリックス」など「攻殻機動隊」に影響されその映像を再現してきた数々のクリエイターの成果だと思いますが、新規に見るならアニメ版を見た方がいいかなと思っております。

ですが、ファンムービーとしては「かなりあり!」だと思います。

北野たけしがやっているどう見てもヤクザな荒巻とか、スカーレットヨハンソンがやっている違和感を常にまとった素子も「それはそれ!」として見ればしっかり味になっているので、それを特長と捉えて(ある種2次創作を見るかのような心持で)見れば、クオリティの高い作品でした。

 

週刊少年ジャンプ 17年 19号 感想

忙しさが和らいできたので、そろそろ更新頻度を上げていきたい。

 

今週のアンケート 1位:青春兵器 2位:鬼滅の刃 3位:勉強ができない

 

(巻頭カラー)ブラッククローバー
黒の暴牛大躍進。予想外に銀翼のシルヴァさんが驚いているのは面白かった。それにしても、紅蓮の獅子王と紫苑の鯱団の新団長がけっこうスルーされていたのは少し悲しかったです。この祭りのあたりでキャラ発揮して欲しいですね。
人気投票は1位をアスタくんと予想して、個人的にはノエルちゃんの3位以内を期待しております。

 

ハイキュー
東峰さんのサーブに被せてくるなど、稲荷崎高校の応援の地味な嫌さが伝わってくる描写は徹底していて凄いなと思いました。応援の差を作中で示した描写は数あれど、ここまでやっているのは見たことなかったぜ。
こうなってくるとますます烏野応援したくなってきます(笑)
あと日向くんのスパイク忘れも面白かったです。

 

ネバーランド
意外な展開が重なってすごい面白いです!
年長者だけが動いていると思わせて、実はみんな全て巻き込んでいたというのは「みんな優秀&冷静すぎるだろ!」というツッコミはありましたが、個人的には許容できる範囲内でした(イザベラママが優秀すぎたとも言えるし)。
そして諦めていないママに何故かそこにいるフィルという引きはすごい興味引かれましたね。フィルはママ側につく存在になるのか、それとも他の思惑や背景があるのか、いろいろ想像できて楽しみです。

 

ヒーローアカデミア
切島くんの必殺技カッコいいけど読みにくいぃぃ!!!(笑)
倒れない強さを爆豪くんに語らせるのは説得力と同時に、友情も感じられて素晴らしかったです。
個性ブースト薬と封印薬はなるほど確かに個性社会の根幹を揺るがす発明でかなり驚異ですな。事態が大きくなっていきそうだ。

 

ロボレーザービーム
ロボつええええええ!!!
いきなり最強高校生に先んじるという展開は予想外でかなり面白かったです。これはあまり見ない形でのライバル関係を今後描いていくれそうで一気に期待値あがってきました。来週は鷹山くんの逆襲に期待。

 

ソーマ
お姉さん面したりふくれっ面になったりする幼少期の寧々先輩可愛いすぎかっ!
これを見ると、一色先輩と寧々先輩の決着は今週の展開見るとちゃんとした舞台でやって欲しかったなあと思ったり。
あと協力展開はこれを見るに一切なさそうなのは残念ですが、焼きそばを作る展開は面白いので来週期待です。

 

マリー
餃子話、弁当とられる展開、死霊召還、服を脱がせる骸骨、ページめくる度に予想を外してくる展開ばかりですごい新鮮な感じでした。ライブなグルーブを感じるぜ。
カッコいいコマを入れつつも、シリアスに絶対にならないぞという感じはとても好印象でした。

 

(読み切り)クロモリクライム
読み切りとしては高水準で楽しめましたが、自転車をこぐというそれ自体は、動きが少ないため(スピード感も出しにくいため)相当地味になるので、漫画的には難しいなあと思いました(順位が入れ替わるレース的楽しさもこのページ数では難しいですし)
しかしながら原作の人作画の人ともに確かな実力は見せてくれたので次回作に期待します。

 

青春兵器
笑うと同時にちょっと感動してしまったぞ(笑)
そうだよなあ、ゲームは楽しむためにあるんだよなあという当たり前に大切な事を思い出させてくれる内容でした。
それにしても委員長のキャラがどんどん追加されていくのと、アンヌさんの扱いの酷さは天井知らずでひじょうに楽しいです。
あと、煽り文の「レッツゴージャスティン!」は壮大な負けフラグだぞ・・と思ったら北斗くんが世界大会一回戦で負けていて、納得しました。

 

(Cカラー)勉強ができない
うるか・・お前がナンバー1だ!
うるかちゃんの可愛さが無双している回で大満足でした。お色気、ギャップ、切ない思い、照れ顔、やはりうるかがメインヒロイン間違いなしなのだ!
ぶっちゃけ、僕はうるかちゃんが幸せになってくれればこの漫画大満足だし楽しいのですが、そうすると当初のダブルヒロイン及び勉強要素が薄くなってしまうのでジレンマありますね。
作者が今後うまく回してくれるのを期待しております。

 

鬼滅の刃
「みんなのことを想っているから」泣きながら大事な思い出を振り切って走る炭治郎くんはとても切なくなりました。そしてそこからの無意識領域の美しさに納得して感動した後、まさかの伊の助と善逸のオチ(笑)
最期の壮絶さも相まって、何度も感情が揺さぶられて、読後感の満足度の高い回でした。素晴らしかった!

 

トー
ボウガンの矢を掴むとかチートすぎるだろ獅子王くん。
しかしながら千空くんの真っ直ぐさで彼の毒気が抜かれるという展開は意外性もあり納得できる形でとても良かったです。先週も言っていましたが殺人者だけど悪い奴ではない(千空や大樹くんの事は認めている)んですよね彼。
正直「銃」を作っても勝てるかどうか微妙ですが、そこは千空くん。一気にガトリングガンとかも作るのかな?

 

幽奈さん
かるらさん、コケシになったコガラシくんを可愛がるってどう使う気なんですか・・?
呑子さんジャーマンスープレックスは流石にドキリとしました。キャットファイト・・ありだな!

 

斉木楠雄
改めて説明されると一年ループ世界って怖いな。何年たって成長がない世界、ちょっとゾッとします。
あとは、鳥塚が酷い目にあうと何故か安心する自分がいる。これが許されるキャラはある意味貴重だなと思います。

 

火の丸相撲
国宝二人がレイナさんの後ろで解説している構図なんか面白いなと思いました。
そしてユーマさんラストにとてもいい笑顔。重圧から解き放たれて更なる高み上っている感じはとても気持ちよかったですし、このまま勝って欲しいぜ!

 

左門くん
ベルゼビュートさんやっぱりアンリさんのこと大好きじゃないですか~~~!!!
どちらがアンリさんの事大好きか決定戦(てっしーはヒロインじゃなかったのか!)期待しております。
あとそれにしても今週は左門くんの譲歩の引き出し方は笑った。しかしこれも勝つための執念。正当な作戦だと僕は思います。

 

ポロ
今週はベタではありますが、個人的には今までの中で一番いい話だったと思います。可愛さとは別ベクトルですが(僕はこの漫画をポロくんにいかに萌えられるかが肝だと思っている)王の器を感じる。

 

銀魂
喜々さんが怯え迷いながらも、自らの罪と向かい合っている様は、将軍としてだけでなく一人の人間として生まれ直している感じがでていてとても良かったです。
しかしこれ、銀さんのボケが浮いてしまうくらいにシリアス展開入っていますな。しばらくギャグはいらないかもです。

 

U19
ツッコミどころが満載すぎるが、反面勢いが生まれてきているので欠点も笑ってながせる感じになってきました。
ハゲエージェント達の動作がコミカルで面白かったです(マシンガン取り出す所とかシュールな絵だったぜ)

 

磯兵衛
悪そうな奴はだいたい友達なのが許されるのはヒップホップ育ちな人だけで、悪代官はお友達になっちゃダメだろう・・ダメだろう・・