yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

モナコイン5000円分買ってみた

最近バーチャルユーチューバーの動画を見るようになって、その中でも特に「バーチャルのじゃろり狐娘youtuberおじさん」の動画が気に入り、その影響でモナコイン買ってみました。

とりあえず約5千円分(6.5モナーで)す。

f:id:yukiaki042:20180118235950j:plain

・・口座解説の認証している間に仮想通貨全体が30%近く下落する出来事があって少々ビビりましたが、まあ自分は日本円に換金しなおす想定していないので、ゲーセンのメダル感覚で、モナコイン場の遊びに使っていこうかなと思っています。

何か楽しいことできるかな?

本『霊能者と事故物件視てきました』感想 君子危うきに近寄らずでも、覗きたい幽霊はいる

「幽霊は信じないが自分の直感は信じている」作者による、事故物件不動産レポ漫画。プライムリーディングのお勧めにあったので読んでみました。

 

霊能者と事故物件視てきました (あなたが体験した怖い話)

霊能者と事故物件視てきました (あなたが体験した怖い話)

 

自分は昔、霊感というか第6感みたいなものを持っていたと思うのですが、ある時をきっかけにその感覚がぱったりと消えてしまったので、それ以降は「君子危うきに近寄らず」の精神で心霊スポットと呼ばれる場所には絶対に行かないですし、心霊番組も見ない人間です(地雷原に目隠しして挑むようなものという感覚なので)。

しかしながら、元々はオカルトに興味がないわけではないので、ホラー映画や漫画は、フィクションだと分かっている分安心しできるので、大好きだったりします。

そんなある意味メンドクサい線引きを持っている自分にとって、ギリギリ踏み込めるくらいの所が、こういう実体験ルポ漫画なのですが、色々と発見があって面白かったです。

事故物件の具体的な値引き額(自分の感覚では思ったよりも安くならない)や、霊能者の言う「自殺霊は本来の寿命以降は成仏するから大丈夫」と言った霊に関する新事実(ホンマかいな!)など、普段は接していない世界の話にお手軽に触れられる感覚は、良かったです。

それにしても霊とお金(不動産)、この感覚と現物という接点の薄そうなものが、人間を通すことによって、売買取引される世の中というのは、摩訶不思議だなという気分になりました。

最終的にはそういった部分にも損得を絡めて折り合いをつけていく「人の感覚って面白いな」となる本でした。

・・まあそれでも、自分は絶対に事故物件に関わるのは嫌ですけどね!と決意を新たにさせてくれる本でもありました(笑)

kindleで本を探していたら間違って「1-clickで今すぐ買う」ボタン押してしまって涙。

「うわああああ~~!!」と思ったものの、まあキャンセルする事のめんどくささもあり(500円程度だし)、そのまま諦めて読みました。

残念ながら内容は面白くなく時間を無駄にした感じなので、本の感想は書かないですが(徒労感も強ため)、いい勉強になりました。

二度とこんなことがないよう、スマホでのクリックは気をつけていこうと思います。

だが、「1-clickで今すぐ買う」のボタンが大きい仕様なのは不満だなあ・・・

本『天空城殺人事件~もしRPGの世界で殺人事件が起こったら~』感想 さくっと手軽に読めるミステリーで初電子書籍作品にはぴったりだった

今年は読書をしていこうと思ってでスマホkindleを入れた際、primeリーディングで無料だったのでダウンロードしました。ずっと紙派だったの初の電子書籍本です。

 

 

さくっと手軽に読めてとても楽しかったです。

僕はミステリーを読む際は基本的に推理しないのですが、それは設定や人物を覚えるのが億劫というのが大部分で(一気に読むわけではないので覚えていられない)、しかしこの作品はRPG世界を下地にしているので、クローズドサークルが出来上がる状況やキャラクターの制限やお約束が分かりやすく(最悪登場人物の職業だけ覚えておけば読める)、ストレスなく展開や謎解きに集中できるので、漫画作品のように、犯人を考えながら読めたのがとても良かったです。

そして、職業によって装備できない武器があったりする事などが制約になっていたりと、お約束を逆手にとった仕掛けやトリックもあり、その点も目新しくて面白かったです。ちゃんとRPGらしい戦闘もしますしね。

それにしても、電子書籍は予想通り目が疲れやすかったので、これくらい軽いものの方が読んでいてありだなと思いました。電車などの移動時間に、何回かに分けても問題ない、まさにライトノベルミステリーでした。

これからライトノベル系はkindleで読んでいこうかなと思います。

週刊少年ジャンプ 18年 07号 感想

今週のアンケート 1位:ハイキュー 2位:ストーン 3位:鬼滅の刃

 

(巻頭カラー)(新連載)BOZEBEATS
魑魅魍魎のおどろおどろしさ、銃火機の重さ、画力が非常に高く、それだけでとても見応えのる内容でした。
基本的には環くんのゼロストーリーで、狼に育てられた主人公という特性が活きてくるのはこの先なので様子見ですが、けっこうワクワクしております。あとカラーページでも描かれていた東京が、どんだけデンジャラスで刺激的に描かれているかは期待です。

 

鬼滅の刃
善逸くんに天元さん、そして炭治朗くん最後の力を振り絞る。
全員がすっごいギリギリ、ボロボロながらも一切諦めずに闘いきる描写はなんともいえない迫力がありました。「これでもう決まってくれ・・」そう祈りたくなるなるような緊張感が凄かったです。
そしてラストの鎌刺し、毒も心配ですが刺さり方が本当に痛々しい。
ここから最後の一押しのためには、伊乃助の力が必要だ、復活してくれー!

 

ワンピース
キングオブ妹を目指すフランペさんは、個人的にはまだブリュレさんの方が妹力は高いので、盛大に失敗して欲しいです。限界の闘い故に半端な実力の第三者の介入はフラグになりそう。
そして今週はルフィとサンジの台詞が重なる所は超絶に熱かったです。マム陣営とは違うルフィ達の結束を表す台詞になっていました。
そしてその当て馬役をやらされたプリンちゃんドンマイ(笑)


(Cカラー)斉木楠雄
やっとギャグ漫画の斉木が戻ってきて今週はほっとしました。
久し振りすぎてキャラも笑うテンションも忘れかけていましたが、亜蓮くんや照橋さん、高橋くんあたりが面白かったので、だいぶ思い出せました。

 

ブラッククローバー
回想にしか登場していないヤミさんの好感度がどんどん上がっていくぜ。もはや天井知らずだ。
新キャラ、ヘンリーさんの魅力はこれからでしょうが、アジトロボはそのダサさが良い感じなので、ガッツリ盛り上げてほしいです。大きいことはいいことだ。

 

ストーン
「謎は・・すべて解けた」今週の石神白夜さんの物語は、本当にスルッと謎が腑に落ちていく感じがあって、とても気持ちよかったです。
親父が宇宙の夢を語り、千空がそれを叶えようと科学を志し、科学を志す千空を応援するために親父は身を削って実験道具を整え、千空はその実験道具を発展させて親父の着衣水泳スーツを作る、この親子の信頼関係がしっかりと描かれている事が、同時にこの村は千空に残されたもので、だからこそ千空くんが長としてここから始めるべき「運命」として繋がっていくのも涙が出そうになりました。感動巨編!

 

ネバーランド
ミネルヴァさんの扉、外から来るオジサン、興味のあることが同時に進んでいくのでとてもワクワクしております。
しかしまだミネルヴァさんの扉が善なるものかは分からないので、ここの子供たちの運命含め、突き抜けた展開を期待しております。

 

ヒーローアカデミア
偽轟くんの「可愛い顔がみてーえんだ」は爆豪くんではないが笑わざるをえない。
協力して氷のすべり台を作る展開はビジュアル的にも派手さがあってとても良かったです。爆豪くんもそこでは役割なくてもリーダーオトしましたし、なんだかんだでガキ大将の心意気はしっかり持っていて頼りになる面見せたのも好感度高かったです。

 

勉強ができない
勘違いぷりが際だっている美春さんは可愛いと思いましたが、絶対に彼女にしたくないタイプだと思いました(笑)ペロの気持ちがよく分かる。
「夫婦ですか!?」などのツッコミなどから、やはり彼女は先生のサポートキャラだと思うので、どこかで覚醒して、それこそ完璧なアシストを期待しております。

 

(Cカラー)火の丸相撲
今回の合同稽古は全員にパワーアップフラグが立っているのが面白いですね。それぞれが刃皇さんにどんな牙を見せるかだけでなく、それぞれの闘いも注目で、本場所への期待値が高まります。
そして鬼丸の相手は数珠丸さん。実はまともに勝負を見るのは初めてでもある(怪我のシーンは回想だし)数珠丸さんの国宝らしさを期待しております。学生時代あらゆる他国宝の噛ませであった数珠丸さんはもういない。その力、楽しみです。

 

ソーマ
ぱふぱふというとおっぱいをイメージするので、太股はちょと違和感ありましたが、アンさんまで挟まれているギャグは良かったです。
個人的に先週からいかにももちゃん城を攻略するかを注目していたので、来週は城攻めを期待しております。

 

銀魂
虚さんが揺らいだ心理描写きて、一気に勝利フラグ&クライマックス感出てきました。
今までからずっと力を溜めに溜めてきたので、ラストに銀さんがどう爽快に、どう良い台詞言って締めてくれるのかを期待です。

 

ハイキュー
「脅迫」と書いて「しんらい」と読む、そのセンスに痺れるぅ、憧れるぅ!
田中さんのショットも興奮しましたが、その後の手を合わせる影山くん、そして宮さんの「こいつの、こいつのオリコウサンはどこいった」の台詞が素晴らしかったです(特にこいつのを2回いっているところ)。自分の位置にまで登ってきた影山くんに驚愕する様はすごい伝わってきて、こちらも思わず震えました。
その前の日向くんのレシーブを盛り上げる展開もそうですが、古館先生は積み上げてきたものを試合の流れの中で劇的に描けるので、その構成力は脱帽としか言えないです。ナイスセッティング。

 

幽奈さん
狭霧さんもこれで積極的にコガラシくん争奪戦に名乗りですか。
個人的には戦闘の相棒だけど時たま意識してドギマギしている狭霧さんが好きだったので少し寂しいですが、ガチ恋路線ならそれはそれで新たな一面が出てくると思うので期待しています。あと、馬乗りエロくて良かったです。

 

ロボレー
ドリアン更にパワーを増す。力めば力むほど飛距離が伸びていくのは予想を外してくる感じで面白かったです。勝敗を決めるポイントがどこになるかは普通に楽しみですな。
あとは山本さんがいいリアクション&説明要員になっていますね。前の鷹山くんあげのプロもいい仕事してましたが、こちらも流石プロです。

 

(最終回)クロスアカウント
菜乃花ちゃんの新しいアカウントがくそみそ子なの笑った。どんなこだわりだ!
終わりとしては謎の歌が入ってくる感じとか、最後に出会うシーンとか、「君の名は」のような映像表現をイメージして作っていたのかなと思いました。作者としても劇的な出会いをテーマにやりたかったのかあと個人的には思いました。
残念ながら短期連載に終わってしまいましたが、僕は菜乃花ちゃんと真麻ちゃんがもっと絡めばいいのに(扉絵のように)とずっと思っていました。映画ならともかく連載では△ではなくV字型の関係ではやはり世界が広がっていかなかったなあという印象です。
ともかく伊達先生は絵が上手いので、また可愛い女の子、カッコいい男の子を軸に作品作って欲しいなと思いました。伊達先生の次回作に期待します。


青春兵器
ばかな、アンヌさんが可愛い・・だと・・。
久々にメインヒロインしているいい話で読後感がとても良かったです。前半のリヴァイアサンネタなども勢いがあって好きでした。笑った。

 

フルドライブ
やはりこの漫画は真凛ちゃんがいるといないのとでは面白さが段違いですな。本気でめんどくさい女(笑)ですが、とても魅力的です。
個人的には弾くんにもこういった要素がもっと欲しいと思っているのですが、難しいのかなあ。
そして、また真凛ちゃんが離れてしまうとなるとちょっと先行き心配です。

 

ゴーレムハーツ
リドルゴーレムのデザインがダサすぎて逆に面白かったです。
最後のあれはゴーレムを魔導学師の人たちに刺したやつみたいに槍にしたのかな。ゴーレムをねるねるねできるゴーレムなのかな。
現段階では恐ろしさが分からないので、次週に狂気を見せて欲しいなと思います。

 

リコピン
そもそもマナー違反をしたり規約を守っていない人に、理を高々と主張する権限はないという、ごく当たり前の話でした。
しかしこれ、ギャグ漫画じゃなくて教育漫画になっているぞ!

胃のバリウム検査初めて受けたけど辛い・・・辛み・・・辛たん・・・

今週のお題「体調管理」とういことですが、一度ぶっ倒れた事がある自分としては、自分の事が自分が一番分かっているというのは嘘である派に属しているので、体調管理はやはり外部機関、定期的な健康診断等で判断するしかないと思っております。

というわけで会社の健康診断受けてきたのですが、初めて胃のバリウム検査やりました。

バリウムがなかなか飲めずに苦労しました。「飲むヨーグルトと変わらなくて楽勝」と言っていた先輩に文句言いたいです。
仕事しながら終始気持ち悪さが残っていましたし、軽い便秘も発祥して夜までお腹ぐるぐるいっているのに便出なかったですし、色々大変でした。

朝、昼、夜と辛く、辛い・・辛み・・辛たん・・と三段活用したくなる経験でした。

これが毎年は疲れるので、次は体が慣れてくれることを祈っております。

Jリーグストーブリーグ(2017→2018)個人的びっくり移籍まとめ(ベスト10)

DAZNにより個人的に自分の応援するチームだけでなく他のチームの試合や選手動向まで興味が伸びていったJリーグですが、リーグ戦だけでなくストーブリーグも熱かったので、それの個人的まとめです。

 

びっくり第10位:豊田陽平鳥栖蔚山 レンタル移籍)
出番が減っていたとはいえ、20代後半の時に鳥栖に残る決断をした豊田がチームを離れるのは他サポーターながらびっくりであった。しかも韓国。しかし期限付き移籍をするにあたって日本の他チームではなく海外を選んだのは彼の鳥栖への愛情ともとれるので応援したい。

 

びっくり第9位:三浦知良 (横浜FC 契約更新)
これは毎年びっくりするニュースですが、年をおうごとにそのびっくり度が増している気がします。僕はチームが必要とするなら年齢は関係ないと思っているので、51歳の矜持を見せて欲しいです。

 

びっくり第8位:ヤン・ヨンソン(広島→清水 監督就任)
残留させた広島と契約を更新しなかった事、そしてライバルお隣にいった事による相乗効果でびっくりした案件。(半年しかデータがないですが)柔軟な監督だと思うので清水は残留に向けていい補強したなと思いきや、フロントが「5年以内にJ1優勝」とか掲げていて、少し心配もしています。

 

びっくり第7位:川辺駿 (磐田→広島  レンタル帰還)
いつか広島に帰るのは分かっていたこととはいえ、応援チームの主力ボランチの流出は衝撃ありました。しかし今後も胸を張って「川辺はジュビロが育てた」と言いたいので、広島でも活躍を期待しています(うちと戦う時以外)。

 

びっくり第6位:徳永悠平(東京→長崎 完全移籍)
徳永がFC東京を離れるという件でもびっくりでしたが、それが初J1の長崎であったことも驚きでした。しかし、どうやら地元らしく、キャリア終盤で地元に錦を飾りたい気持ちは理解できるので、頑張って欲しいです。同時に長崎にとっては、ビッグネームかつ最重要のDF案件だったの普通に素晴らしい補強だと思いました。

 

びっくり第5位:ペトロビッチ(フリー→札幌 監督就任)
「残留させた四方田監督でいいじゃん!」と第一報を聞いたときは思いましたが、シーズン後半の攻めの補強が札幌を残留に導いたとも言えるので、これはこれでありなのかなと。個人的には元ジュビロのジェイに活躍して欲しいので、ペドロビッチ監督との相性を心配しております。

 

びっくり第4位:斉藤学(横浜→川崎 完全移籍)
10番でありキャプテンというチームの顔が離脱するというのは普通にインパクトありました。しかも怪我中、0円移籍。サポーターの衝撃は計り知れないと思います。しかし終盤斉藤がいなくてもチームがやれていたこと、彼の地元からのオファーともあり、仕方がないのかなとも思ったり。話題としては一番かなと思いつつも、横浜さんからは去年俊輔を獲得しているので、ジュビロファンとしては強く言えないこともありこの順位。

 

びっくり第3位:田口泰士(名古屋→磐田 完全移籍)
川辺が抜けたボランチをどう補強するのかと不安がっていたところに、まさかの元日本代表田口獲得はすごい嬉しかったです。去年の中村俊輔に続いて名波監督をはじめとした磐田スタッフの交渉力はスゴいと思わせる案件でした。そして、こうなったら名古屋さんにはまけられないぜ。

 

びっくり第2位:大久保嘉人(東京→川崎 完全移籍)
まさかの一年で出戻り、しかも移籍金を本人が支払うかのような大幅年俸ダウンを呑んでの移籍は、まさに衝撃的でした。いろいろ内情を考えると複雑ですが、個人的には「200ゴール決めたかったんだろうな」と思っております。しかし今の川崎のFW陣は盤石。彼が入り込む隙があるかどうか、そしてそれがチームにどのような影響を及ぼすかは色々な意味で注目しております。

 

びっくり第1位:ジョー(コリンチャス→名古屋 完全移籍)
フォルランポドルスキと大物をとってきたJリーグですが、個人的にはそれらよりも驚きのある大物でびっくりしました。戦力的に見ても名古屋のパワーアップ度合いは恐ろしく(風間サッカーに合うか未知数でもあるが)、個人的に生で見たい選手でもあるので、試合をする時が非常に楽しみです。名古屋は近いからアウェーでも行きたいくらいです。

 

他にも内田が鹿島復帰や、杉本契約更新などもビビッとはきましたが、びっくり衝撃度は少なかったので、選外となりました。

これらの選手の動向にも注目しつつ、2018年Jリーグの開幕が待ちどおしいです。