yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 17年 46号 感想

まさかの磯兵衛最終回!?  巻末に安定したクオリティを提供していてくれただけに寂しいなあ。

 

今週のアンケート 1位:磯兵衛 2位:火の丸相撲 3位:勉強ができない

 

(巻頭カラー)斉木楠雄
付録の燃堂実写ポスター超絶インパクトありました。ダレ得かは分かりませんが(笑)
本編は、リアル脱出ゲーム。夏に体験しましたがあれすっごく面白いですね。またやりたいです。
あと、燃堂のうんこ対策は地味に効果的だなと思いました。

 

ブラッククローバー
偽ザクスさんことゾラさんの過去話。一気に胡散臭い変な野郎という井印象から、びっくりする程のダークヒーロー性が出てきて面白かったです。
めちゃ純粋な男じゃないですか。努力と根性の人でもあるし、一気に好感度上がりました。
しかしそれにしても魔法騎士腐りすぎではなかろうか。特に紫苑の鯱は本当にまともな人がいない・・・。

 

ネバーランド
子供たちがみんな必死なのは分かるけれど、利用されて脅迫されてるおっさんがなんだか可哀想だぞ。
この流れだと「俺はあの場所を守るためにおまえたちを助けたんだ・・」とか言って死にそうな気もするので、なんとか彼には生きて欲しいです。頑張れ。

 

ストーン
クロムくんが千空くんの科学使いの相棒として立つ様は拳握りました。めちゃくちゃカッコいいではないですかっ!

大樹くんの影が薄くなってしまいますが、とても熱い展開でした。先週「銀狼くんを犠牲にすればいいんじゃねえ」と言っていた自分が恥ずかしいぜ(笑)
あと、ゴリ呼ばわりされるコハクさんは笑いました。ギャグの挟み方絶妙だと思います。

 

ハイキュー
北くんいいですね。先週の急に緊張していた稲荷崎の面々は彼が怖かったからなのか(笑)
達観したお坊さんみたいな感じを持たせておいての涙はパンチ力ありましたし、それに対する周りの評価が様々なのもこの北くんが周りにどう思われていたかを表していて興味深かったです。一話で一気にキャラ見せましたね。アランくんなど同級生の反応が暖かいのもポイント高かったです。

 

(Cカラー)リコピン
「香取・稲垣・草なぎくんのような強い絆」超笑った。反応に困るのも含めて時事ネタ故の爆発力だ。
また一回「ぜんぜん集まらなかった」で笑わせておいて、ちゃんとサプライズでみんないるのはいい演出でした。安定感があります。
あと巻末コメントについて、「リコピン インスタ」で検索するとテラスハウスの人出てきてもう一笑い貰えたのも良かったです。

 

ヒーローアカデミア
トゥワイスさんがコピー対象をある程度記憶できて自在に出せるという事と、エリちゃんの巻き戻しの個性はチート級だなと思いました。
デクくんとエリちゃんの空中ランデブーはミリオ先輩のマントを介しているとはいえ、そこはやはりミリオ先輩がさらう形が欲しかったですが、元々が二人で見逃してしまった事が発端なので、これで収まりがいいのかな?
とはいえまだ混沌状況は収まっていないので、サーの未来予知含め、どう決着をつけるか期待です。

 

火の丸相撲
因縁の一番、火の丸くんが圧倒するという展開は期待通りのものでしたし、それが辻くんのためでもあるという言及は非常に納得のいくものでハッとさせられました。
あとはちょっとだけ出てきた小関部長、チャラくなった蛍くん(笑)、ガッツポーズが可愛すぎる玲奈さん、新たなライバルの登場など、周りの反応も見応えたっぷりで満足感の高い一話でした。特に玲奈さんはあんまり深刻になってなくて本当に良かったです。

 

幽奈さん
扉絵の乳比べの破壊力すごかったです。
本編は、確かに似たところがある人外二人のライバル関係というのは新たな見所だなと思いました。あと、かるら様の下着すごい勝負下着感あってドキッとしました。気合い入っているわ。

 

鬼滅の刃
帯を駆けていって斬る描写、めっちゃ迫力ありました。この漫画ギャグの時とかすごい崩れていますが、こういう決めゴマの絵の巧みさと破壊力が相当高いのが魅力的です。
命の限界をこえかけて炭治郎くんギブアップですが、ここにねずこさんが助けに来たのは「忘れていてゴメン」でした(笑)
でもだからこその燃える展開で、鬼同士のガチバトルは期待です(ねずこさんの秘密も分かるかな?)

 

(Cカラー)BORUTO
「努力と根性」・・トップをねらえを思い出しますな。
普通に面白い展開で先が楽しみなのですが、1ヶ月に1度はやはりちょとスピード感が足りない感じです。慣れてきたら2週に1回、そしてゆくゆくは週刊連載とかにならないかなあ?

 

勉強ができない
うるかちゃん回と同時に文乃ちゃん回。
ラインのやりとりの中で女の子らしい本音を漏らすうるかちゃんは超絶可愛いくて心臓止まるかと思いました。
そして、ナイスアシスト、ダイエット替え玉、くるくるポニテアピールという健気笑い可愛さの三連ジェットストリームアピールをしてくる文乃ちゃんの株爆上がりでした。
ついでに理殊ちゃんにも友達ができて実に贅沢な印象でグッドでした。サンキュー筒井先生!

 

(最終回)(Cカラー)磯兵衛
まさかの最終回告知に衝撃を受けて、内容あんまり入ってきませんでした。内容的にはもちろん途中から他人だろうなと予測できつつ「第2部始まる詐欺じゃないのかな?」と考えながら呼んでいき、最後実にこの漫画らしい終わり方と柱文読んで「本当に終わるんだな・・」と切なくなりました。
毎週楽しませてくれましたし、まだまだ続けられるポテンシャルがあった作品だと思うので残念ですが、仲間先生なら更なる面白い漫画でまたジャンプに帰還してくれると思うので、その時を楽しみにしたいと思います。
ゆっくり充電してください。仲間先生の次回作に期待しています。

 

ソーマ
今週は叡山先輩を大きく叩き潰すための溜め回だと思っていたので、その卑怯っぷりを強調した演出は良かったです。
実食リアクションイリュージョンも、背徳的なエロさで攻めていたので、ここからのカウンター期待です。

 

ロボレー
鷹山くんに僕もゾクゾク・・。
なにからなにまで格好良すぎるぞこれ。ここまで完璧に格好良く主人公然として描かれると、帝王やロボくんの胸の高鳴りも「分かる」と納得できたので素晴らしかったです。
これはもう作中内、少年もおばさんも老若男女全ての人気者間違いなしですな。ゴルフ褐色王子が爆誕したぜ!

 

銀魂
「爺や」可哀想すぎて笑った。
そして長谷川さんの啖呵は格好良かったけれど、打開策はぜんぜん見えてこないのでどうするんだろう?
結局なにも思いつかなくて、来週あたりぜんぜん違う誰かに助けられたとかではありませんように・・

 

シューダン
増ページで、先週期待していたチーム全員で頑張る展開がしっかり盛り込まれていて、しっかり盛り上げてくれる展開は良かったです。
あと、ナナセちゃんはこれでソウシくんとロクくんをオトしたことになるので、このまま無自覚にみんなの「翼くん」になればいいなと思います。

 

クロスアカウント
菜乃花ちゃんチョロすぎるだろ・・・と思ったけれど、昔トップアイドルだった浅香唯が、彼氏に惚れた理由が「マリオの無限1UPをやってくれたから」だったという事実があるので、こういうのはタイミングなんだよなあ。「適切なタイミングで打ち込めば速度はいらぬ」と郭海王も言っていたし。
あと、扉絵見たら美少年キャラこの作者けっこういけるなと思いました。

 

青春兵器
キレたユウちゃんが自分のキャラ付け否定するの超笑った。
やっぱりキャラは壊れてこそですな。ヘンテコ発明品も出てきたし、やっと彼女この漫画に収まった感じでした。
あと「ケツ布エイジくんの眼鏡ふきだった」案件はガチで殴っていいと思いました。

 

(最終回)マリー
磯兵衛の終わりで影が薄くなってしまった感はありますが、お化け要素を持った漫画に、ハロウィンネタと文化祭を絡めたエピローグは、小ネタのおもしろさもあり良かったです(特にリリスさん)。
ただ一番の盛り上がりどころでもあったタイガくん復活をさらっとダイジェストにしたのは、尺の問題だと思いますが、少し勿体なかったです。
この漫画初回はすごく面白かったんですが、方向性が定まらず、いろいろ試しているうちに終わってしまったという印象でした(個人的には「イイネ幽霊回」が一番完成度が高かったです)。
なので次は何か一テーマに絞って、そのうえで田村先生のフリーダムさが活かされる漫画を見たいかなと思っております。先生の次回作に期待します!

『あ、今週のジャンプ読んだ?』を更新しました。17年45号の週刊少年ジャンプをかわいさ全開で語っております

既に次の号のジャンプが発売してしまっていて申し訳ありません。

それにしても、ぜんぜん先週分で予想した展開が次の号ぜんぜん当たっていなくて、まだまだだなあと思いました。

read-jump.seesaa.net

 

夜寝ていたら足攣ったけど眠気に負けて放置していたら・・・

次の日、一日中痛かったです・・(´;ω;`)

これが巷でいう『こむら返り』というやつですか。しばらく安静にしないと肉離れに発展しそうなので、気を付けたいと思います。

 

 

 

 

「お金を使ったなあ」感とは何かを考えてみた

先日8年ほど乗っていた愛車が故障してしまったので、車を買い換えました。

とりあえずお世話になっていたディーラーに行って、そこのお店にあった軽中古車のうち1台をフィーリング一発で購入決めてきました。

たまたま良い車があったので、タイミングも含めてすっごく良い買い物だったなあと思いましたが、それとは別に「お金使ったなあ」感がPS4とドラクエ11買ったときよりなかったのが意外でした。

おそらく「お金を使ったことによる満足度」みたいなものは、実際の値段の大小よりも「自分がいかにそれが欲しがっているか」が重要だということなのだと思いました。もちろん自分が普段使いしている金額に対して高額な事前提でありますが。

なので金額は大きくなっても「生活に必要だから買わなければならないもの」であり「定価よりもかなりお得に買えた中古品」では思った以上に「お金使ったなあ」感が出なかったということなのでしょう。

この分析経験は、逆を言えば自分は「欲しいものはちゃんと定価で欲しいときに買う」方が買い物に対する満足感が高いということであり、「金額の大小には依存しない」ということで、今後に活かしていきたいなと思いました。

・・あと車は大事に乗っていきたいなと思います。

お寿司がイタリアンになった!

友人が「衝撃を受けた!」とびっくりしていた、100mlで約1000円というちょっとお高いお醤油を買って、さっそくそれでお寿司を食べてみました。

 

 

薫製の香りが主張してくるものすっごく個性のある醤油で、思わず「お寿司がイタリアンになった」と感想漏らしてしまうくらいのインパクトがありました(笑)

個人的にはお寿司には合いませんでしたが、美味しいことは間違いなかったので、いろいろ料理に使っていって楽しもうと思います(バター醤油ライスとかシンプルなものが合いそうな気がする)。

 

「まだまだ大丈夫」と油断してはならないなあ

7、8年くらい使っていた愛車が壊れました。

信号を待ちをしていて、青になった瞬間アクセルを踏んだら、ガッコンッ!という大きな音がしたかと思うと、エンジン排気音が異常に大きくなり、ギャリギャリギャリと地面を何かが引きずっているような音が辺りに響き渡りました。

「これはやばい!」と車をすぐに路肩に避難させ、車の下を覗いていると案の定、マフラーが外れてびろーんと垂れておりました。

原因は錆による金属の劣化です。乗っているだけでは分からないダメージが、車にはたまていたということでしょう。

 他の部分もかなり劣化が激しく、修理費がかなりかさむということで、これを機に新しい車に買い替えようと思います。

 軽自動車とはいえ乗り心地は悪くなく、次の車検も通して10年戦士として使うつもりでしたが、その目論見は外れてしまいました。

「まだまだ大丈夫」と油断していると、どこか局所にダメージが溜まっていたりして、駄目になってしまうこともあるんだなと、少し自分の体と照らし合わせたりして切なくなりました。

サッカー日本代表 親善試合 VSニュージーランド VSハイチ戦 感想

日本(2ー1)ニュージーランド  日本勝ち

勝てて良かった・・。
正直試合前は楽勝ムードでしたが、思った以上にフィジカルにやられてしまっていて、不安を残す内容になってしまいました。特にNZは得点も決めたウッドが輝いていましたが、個でも組織でもどちらでもいいので、きっちりと押さえて欲しかったです(フィジカル対策は本当に課題だ)。
一方で攻撃陣は大迫や香川、乾などが個での格の違いを見せていたのは良かったです。特に乾は相手が完全に混乱、萎縮していて、圧倒的でした。金を払ってまで見るべき価値がある、すごく面白いプレイでした。


日本(3ー3)ハイチ 引き分け

まさかこの試合で「追いつけて良かった」展開になるとは思っていなくて屈辱でした。連携のあまりない個でのみ攻めてくる相手に3失点。スタメンほぼ総入れ替えの布陣とはいえ、あまりにお粗末な出来でした。
個人的にはアンカーの遠藤があまり守備に効いておらず、前がかりになったところで出来たスペースをケアできていなかったのが最大の原因かと思っております。そしてそれは個人の責任というよりも、ハリルの人選・戦術の問題であるとも思います(ツーボランチを組むか、もしくはまだ井出口を単独アンカーで使う方が良かったでしょ)。
引いた相手を崩す攻撃戦術の課題といい、ともかく反省点の多い試合だったと思います。


2試合で気に気になった選手

小林祐希・・あらゆる場面に顔を出してゲームをつくる様は実に目立っていました。シュートも強烈で、主役にも黒子にもなれるプレイスタイルは新たな可能性を感じました。

乾貴士・・ボールを持ったときにチャンスを作ってくれる信頼感、ワクワク感、華のある感じは素晴らしい。スタメンでもジョーカーでも輝けそうなので、彼をいかに組み込むかが攻撃の鍵になりそう。

倉田秋・・内容的には普通でも、点を決める選手がいい選手であることに間違いはない。これからも点という結果を残して日本代表を盛り上げて欲しい。