読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

『あ、今週のジャンプ読んだ?』を更新しました。 空前絶後の6連新連載に絞って語っております。

あ、今週のジャンプ読んだ?

まだまだ全然時間がとれないので、完全復活は未定で、内容的にも中途半端ではありますが、6連新連載についてだけでも更新させていただきました。

宜しければどうぞ。

 

read-jump.seesaa.net

週刊少年ジャンプ 17年 16号 感想

週刊少年ジャンプ感想

新連載出そろう。個人的期待値は「ドクターストーン」。とにもかくにもレベルの高い紙面争いを期待しております。

 

今週のアンケート 1位:ロボレーザービーム 2位:ドクターストーン

 

(新連載)(巻頭カラー)ロボレーザービーム
主人公いろいろ地味だけど面白いなあと思いました(笑)
なんというか異常性が際だっていますね。まっすぐ飛ぶことの凄さを先輩やプロ並の鷹山くんに言わせることで強調しているうえに、それに対して本人は「狙っているだから飛ぶけど」と素っ気ない。天才性というものの強調の仕方はさすが藤巻先生上手かったです。
第一話でこのレベルですから、この後もどんどんインフレして(しかしライジングインパクトまではいかないくらいの絶妙なリアルさで)いけばなと思います。

 

ワンピース
マム暗殺計画。
ちょっと推論が多すぎる気もしますが、やる時躊躇なくやらなければ四皇は殺せないと思うので、どう転ぶかは本当に楽しみですね。
個人的にはカルメルの写真こそがマムのソウルの本体であると予想していますが果たして。

 

ドクターストーン
獅子王くん強すぎぃ。
パッと見の性格は良さそうですが、武力だけ突出してるとなると、千空くんでなくても、裏切りとかバランスブレイクを危惧してしまいますな。
しかもここの裸の女子なんか投入したら、青年漫画的寝取られ展開になりかねない・・・。
獣と争っているだけでも迫力のある絵は興奮しましたし、先が見えない展開はいまのところすごいわくわくしております。

 

(Cカラー)ブラッククローバー
ブラクロギャグはけっこう好きな私、今週はオタクになったゴーシュさんがインパクトでかくて面白かったです。
そして足と喉を一瞬でなおす女王の魔力スゲエ!
・・・というか瓶で持ち運べる技術が凄すぎる。これ後々便利アイテムになりそうだな。

 

ソーマ
創真くんのテーマは蕎麦。これは正直相手のスペシャリテということで難しいテーマだと思いました。
下手をすれば10傑全体の格を下げかねない(自分の土俵で負けるなんて)ですから、どう攻略してくるかで今後が決まってきそうです。
個人的には和食の一色さんと、ラーメン(であろう)女木島さんがチームにいるので、それらの力を合わせて展開になると思うので楽しみです。

 

鬼滅の刃
伊の助ギャグは相変わらず冴えわたっているなあ。
炎柱さんが出てきましたが、初登場時に比べてずいぶん印象良くなっているなと感じました。しかし炎柱さん視点の善逸はヒドイ(笑)
しかし、眠っているなら善逸くんの出番でしょうし、活躍を期待しております。

 

(Cカラー)斉木楠雄
エッチなお店ネタは少年誌じゃいかんでしょ(床鏡ばりの部屋とかあるんか、それは知らなかった、世の中の変態共は考えることが違うな)!
シリアス展開からの徳川埋蔵金は面白かったですね。
あとはついに最終回のフラグを再びたててきましたが、これは実写化明けには終わる前振りなのかなと思ったり。

 

火の丸相撲
活動限界20秒。こういう時間制限はよくある演出ですがやはり面白いですね。リオンくんも「優しいのに無理してる」というチームメイト評で好感度上がったので、見ていて気持ちいい試合になりそうです。
あとは天王寺さんが唯一他校で辻くんのことを把握しているというのは良かったです。格を落とさないなあ。

 

ヒーローアカデミア
オールマイト死の予告。デクくんがオールマイトに事情を聞きにいく流れは少し戸惑いましたが(前の「辞めさせるための研修」で彼自身が立場を理解したと思っていたので)、それとは別の衝撃的な話が出てきて驚きました。
そしてオールフォーワンさんとの闘いを経た後もまだその予言があるかもとみんな信じていることが意外でしたし、この伏線がどう生きていくかは注目です。


(Cカラー)ハイキュー
表紙は叶歌さん。古館先生の描く女の子は格好良さを持った味があって好きです。
本編は独り相撲でフラグをへし折る田中さんに大爆笑。う~ん、彼には幸せになってもらいたいが、清水先輩とはくっついて欲しくないので、なんとか全国大会終わるまでに誤解解いて叶歌さんと寄りが戻ればと思います。全国大会編、もう一つ楽しみができた感じです。

 

勉強ができない
うるかちゃん可愛いすぎかっ!
やっぱり恋愛感情が一人あるというのはすごいアドバンテージですな。彼女を通して古橋さんや緒方さんの魅力もうまく表現できていますし、それは同時にうるかちゃんの性格の良さや親しみ易さを表すものになっていて、どんどん魅力が増していっていると思います。もう彼女がメインヒロインでいいんじゃないかな・・・。
使用水着はすごい・・ご褒美です。

 

ネバーランド
エマちゃん怖い(ガクブル・・)
諦めているのは擬態であるというのは分かっていましたが、ラストページの邪悪な笑顔は予想外の演出だったのでびっくりしました。
これは非情になりきることを覚悟した顔なのかどうなのか、来週気になります。

 

(Cカラー)幽奈さん
食べ物を粗末にしてはいかんでしょ(違う)!
こゆずちゃんの使い方が上手いなあと話の展開の持っていきかたに感心しつつも、生クリームまみれとか体痒くなりそう(根拠なしの偏見)とか考えてしまって、上手く今週はのりきれませんでした。
ですが、絵単体はとてもエロかったと思います。

 

U19
血のついたドアとかたてつけられた窓とか、鉄パイプとかバールのようなものとか持ち込んでいる谷先生は一体なんなんだよ!
一周回って変な意味で面白いじゃないかコラァ!
もうむちゃくちゃだし、「俺様の体罰棒がぁ」とか「そんなにあるのにバットで殴ったのか!」とかもう意味分からない台詞のオンパレードですし、糸が収束してもそんなにかっこよくない普通のグローブだしで、逆にこの漫画が楽しくなってきました。

 

青春兵器
30分後地球滅亡は笑った。
それにしても0.1%の脈ありは素直に喜ぶべきかなと思いました。そしてアンヌさんがどこに恋愛指標持って行くかで関係性が大きく変わるので、そこは楽しみですね。
しかしラストでクラスメイトがどう見ても若作りしているおばさんを喜んでいるのは納得がいかなかったです。
いやしかし、これはある意味で優しい世界観なのか・・・。獣はいてものけものはいないなのか・・・。だとしたら素晴らしい世界ですな!

 

腹ぺこのマリー
この流れはタイガ×マリーの流れを示唆させるもので、正統派にアンヌさん派の私としては戦々恐々としています(笑)
そして、さらなる美少女かぐやさんの登場に「ふううう!」となるましたし、成仏のくだり「消えるマジで!」の流れは最高に笑えて面白かったです。田村先生のこのテンポ大好きです。


ポロの留学記
ユウタ母は初見から幽霊だと思っていたので、むしろ実は幽霊でしたオチに戸惑った俺がいる・・。
ユウタくんの家が金持ち設定は、なんだかんだで育ちがいい感じはあったので驚くというより納得でした。上手く活かしていって楽しませて欲しいです。

 

左門くん
めっちゃシリアス!
そして自分はこのシリアス路線嫌いじゃないですね。ちゃんとギャグも挟まっているし、ちゃんとバトル展開および引きがしっかりしていて面白いです。左門くんとネビロスさんの関係はずっと溜めてきたものですから期待しております。

 

銀魂
ヘドロさんのオチこんなんでいいんかいっ!!
この適当さこそ銀魂パンデモニウムさんもがんがん絡んできて場を無意味にかき乱している様は、実にこのマンガらしくて楽しいです。

 

磯部磯兵衛
先週と合わせるとホラー感が凄かった気がする。今回はたまたま戻れたけど、自分の性格が反対になってそれでも世界は問題なく回っているって怖くないですか?

週刊少年ジャンプ 17年 15号 感想

今週のアンケート 1位:ドクターストーン 2位:幽奈さん 3位:ワンピース

 

(巻頭カラー)ワンピース
カラー扉絵はアイシールド21を思い出しましたね。けっこうわくわく。
本編は会議は「ビッグマム嫌い」で固まる。ジンベエさんの調整能力はさすが名参謀という感じで良かったです。人と人が協力するのにはには全部が全部一緒の必要はなくて「不完全なイエスで十分」なのです。
そしてお前シーザーだったのか(笑)
この登場は意外性もあり期待値が高まりました。果たして作戦とは!

 

ハイキュー
「不利ではあっても不能ではない」「俺はただ凄いんだ」星海くんは言動がとても面白くて好感度高いですね。
チームメイトから「拗らせている」とツッコまれる隙もあって、ユース合宿編よりさらに一回り魅力的になってきました。
対決の時および、相手が日向くんのプレーを見たときの反応は今から楽しみです。

 

腹ぺこのマリー
ややこしい、だがややこしいが面白い!
自分はある程度先の展開を予想して、その予想が合っていても外れていても面白いなあという読み方をするのですが、これは題材的にも自分の感性にはない部分だし、天衣無縫田村先生的にも、どう転ぶかぜんぜん分からないので多楽しいです。とりあえずアンナさんが可愛いので、彼女の恋の発展はすごい気になっております。


(Cカラー)(連載2回目)ドクターストーン
2話目で早くも石化解除成功! 展開早くて面白いぜ!!
その対象が鳥であり、解けたと同時に飛んでいくというのはものすっごい希望溢れる描写で良かったです。
魚や蝙蝠は石にならず鳥(種類不明ですが)はなったとういのはどこに石化の原因があるか、これから人類はどう増えてどう発展していくのか、圧倒的興味がつきないので、この早さで駆け抜けていってほしいですね。

 

ネバーランド
エマちゃんの諦めの悪いさが余計に寂しさを引きたてられました。
後先考えない無鉄砲さはともすれば苛つきにもなるけれど、根底の気持ちは共感できたので、とても心に響く回でした。
そして扉を開けた後のノーマンの「えっ?」はすごく違和感があって気になりました。聡明な彼が予想しきれなかったもの、それはいったい何なのでしょう?

 

ヒーローアカデミア
結果としては特に事情も分からず別れただけですが、緊張感のあるやりとりでした。オーバーホールさんの計画は彼女のなにが必要で目的が何なのか興味と同時に、不穏な感じが伝わってきたのは良かったです。
そして、ミリオ先輩は場を荒げないナイスアシストでしたね。頼りになる。

 

(Cカラー)(読み切り)月光のアルカディア
クレイモア」八木先生の絵とアクション描写などは独特な感じがあって好きなので、少年ジャンプで見られるのはとてもお得な感じでした。
一方でお話の方が、読み切り完結というよりはこれからはじまるプロローグという感じでちょっと勿体なかったです。世界観が遠すぎるせいもあるとは思うのですが、登場人物に感情移入もしにくかったです。価値観の違う世界を描くのが上手い人でもあるので、そのあたりは良し悪しですが、読み切りではちょっと尺が足りない感じでした。

 

青春兵器
ゴローって犬なのか、俺は若干クマだと思っていたぜ!
北斗くん以外の周りがぜんぜんツッコまない世界観は今週も面白かったですし、北斗くんのツッコみもキレ抜群で大笑いしました。
このテンポと勢いは完全に長谷川先生覚醒したなと感じさせられました。

 

(Cカラー)火の丸相撲
いや~ん、千比呂くんが負けた~!
勝ったことがない相手だからこそ勝って欲しかったですが、そこが逆に隙になった印象でした。結果は納得ではありますがやはり悔しいですね。
そして次は辻くん。体格の不利という決勝全体でダチ高が抱えるテーマを彼がどう払拭してくれるかは非常に楽しみです。

 

勉強ができない
ツンツンだけどぴったり寄り添ってくる緒方さんはとても良かったです。
そしてそれ以上に、うるかちゃんの可愛さは爆発してましたね。カラオケから急いでくる様、暗闇に乗じて抱きつこうとするも抱きつけない感じは愛おしいです。頑張れうるか、お前がナンバー1だ!

 

ソーマ
連帯食戟始まる。ギアを上げてきた感じはいいですが、ここまでほとんど描写がなかった(ちょっと匂わせてきただけの)キャラクターが多いですから蛇管の不安はあります。
しかし、ここから対決でどう盛り上げていくかは作者の腕の見せ所だと思うので、楽しいバトルを期待しております。

 

(Cカラー)鬼滅の刃
炭治郎くん蝶屋敷の女の子全員おとすの完了!
・・まさかこんなギャルゲーのような展開になるとは思いもよらなかったぜ。しかしながら個々のエピソードは微笑ましいし(特にカナヲちゃんエピソードはすごい出来)、納得の展開なのでまったく文句はないです。
そしてラストの引きすっごい笑った。伊の助くんはまだまだ楽しませてくれること間違いなしですな。


ポロの留学記
神降臨。しかしながら彼は裏でボッコボコに殴られるべきだと思いました。そこはちょっとモヤっときました。
あとは、前回出てきたイルカちゃんがちゃんとレギュラーキャラとして出てきてくれたのは良かったです。彼女には期待しております。

 

ブラッククローバー
今週もすごい早い展開だったなブラッククローバー。限界まで過程を削って先鋭化させて様は末恐ろしさえ感じております。
そしてあれだけ場をめちゃくちゃにしたラドロスさんが普通に許されて、味方になっている展開は笑った。「ヒュー♪」の口笛シーンと、その後の2コマだけで違和感を最大限に消す田畠先生の高等技術を見たぜ。

 

U19
「これが本当の金メダル」よりも、急にセクハラ発言叫びだして机を窓から投げ捨てるアホな大人の方が炎上案件だろこれ!
谷先生が今までのキャラが崩壊したかのようにクズになってく様をかなりポカーンとした表情で見ていました。意味が分からない・・

 

斉木楠雄
テニスの王子様」の「焼き肉の王子様」じゃねーか(笑)

 

幽奈さん
千紗希さん超可愛かった・・・。
乳袋強調サンタ風衣装とか、妄想時の破廉恥姿も良かったですが、それ以上に恋していて好きな人の知らない面を知れて幸福そうにしている感じがたまらなかったですね。素晴らしかったです。
そしてコガラシくん、なんてイケメンなんだ!
彼がバイトをたくさんしている理由も納得で、どこまで上がるんでしょう彼の好感度。


左門くん
何故72話を強調しているのだろう・・72・・千早・・・う、頭が・・
本編はシリアス路線どうなるかと思いましたが、マステマさんの参戦は普通に熱いし納得で面白かったです。対決期待ですな!


磯部衛
「えべそい」超笑った。まさか名前を逆さまにしただけでこんなに面白いとはっ!
ちなみに「ゆきあき」を反対にすると「きあきゆ」・・なんかキュアキュアするなあプリキュアっぽいなあと思いました。

週刊少年ジャンプ 17年 14号 感想

ヒーローアカデミア休載。一応次週から復活予定ですが、芦原先生の件もあるので少々不安だ。


今週のアンケート 1位:ドクターストーン 2位:鬼滅の刃 3位:青春兵器

 

(新連載)(巻頭カラー)ドクターストーン
大樹くんスゲエ! 千空くんスゲエ! 数千年も石になって意識を保ち続けるなんてどんな精神力だよスゲエ!!
とにもかくにもスケールがでかくて圧倒されるインパクトの新連載でした。
「おおお、ナメるなー!!!」のシーンは熱さと笑いが混在していて大好きなページでした。世界観の厳しさ、悲壮感すら感じさせない圧倒的なキャラクター力から、彼らが何をしでかしてくれるかとても楽しみです。あおとは、Boichさんの絵は相変わらず迫力があって素晴らしいですね。少年ジャンプで毎週読めるのは嬉しいです。

 

ワンピース
まさかカポネさんが単独でビッグマムを討とうとしていたとは!?
けっこうな驚きでしたし、それとも同盟にルフィがのろうとしているのはさらに意外でした。どうなるのだろうか・・・?
しかし、それはそれとして、ジンベエさんは有能ですな。義理を大切にしつつも柔軟ですし、実力者としての格もあり、本当にすごい参謀役だぜ。

 

銀魂
ヘドロさん強い(笑)
隣人が最強という設定はおいしいなあと思って笑いつつ、存在が忘却の彼方だった陰陽師軍団が出てくるなど、今週は勢いがあって面白かったです。そして引きもすごい良かったです。魔王が降臨してしまうのか・・・(笑)


(Cカラー)(連載2回目)腹ぺこのマリー
まさかのタイガくんとマリーさんの人格交代。
これは性転換ものであると同時に百合要素(精神的百合要素のマリーさんとアンヌさん、肉体的百合要素のタイガくんとアンヌさんなど)もあり、ドタバタコメディ三角関係が盛り上がりそうで、期待値があがる第2話でした。テンポもすごくいいですし、雑魚不良達もいい味だしてました。

 

鬼滅の刃
鬼舞辻さん理不尽すぎて逆に面白い!
「はい」と答えても「いいえ」と答えても殺される、逃げてもダメ、進言なんてもってのほかでアドバイス罪で殺される、ブラック企業の上司と部下を遙かに越えた関係は、彼の小物っぷりとそれ故の恐ろしさを見せられて興味深かったです。
生き残るには心酔して骨の髄までブラックに染まらなければならない。なんて恐ろしいところなんだ!
今回生き残った下弦の壱さんは、選抜に耐えただけで格が上がったので激突楽しみです。


(Cカラー)左門くん
カラー扉絵良かったですが、「サモまつり」は絶対に楽しくない・・
本編はベルゼビュートさんは絶対にアンリさん好きなのでその部分はひじょうに好感持っていますが、それ故に話ではシリアスになりきれないところがでてきそうな雰囲気です。まあ、あんまり基本はギャグ漫画なので、楽しいシーンを織り交ぜながらやって欲しいです。


ハイキュー
木兎さんの生態は相変わらず面白かったです。そしてそれがなかったとしても「おれ達の方が強い」という梟谷の面々や、キレキレ木兎さんでも止めるときは止める相手チームが描かれたのは、ゲーム展開の想像力が膨らんで良かったですね。


ポロの留学記
うむ、やはりヒロインは必要だな。ルイカちゃんは出てきてからは概ね期待通りの活躍を見せてくれました。特にキスでドキドキするのは王道で良かったですね。
あとマツコ・デラックス(オカマムシ)はガチですごいな。魔界全体で20位かよ!

ブラッククローバー
猫強いー!! 不可解に強いー!!!
しかし猫ならば納得なのです。猫様には逆らえないのは全人類の宿命なのです。


斉木楠雄
依夢ちゃんは存在をすっかり忘れていたよ・・
恋のライバルは完全に相トさんが収まったので使いどころがなくなっていたんですよね。しかしこの六神オタクっぷりはけっこう面白かったので、これで準レギュラー化へのワンチャンあるかもです。


ネバーランド
王大人「ノーマン死亡確認!」
果たして死んだのか死んでないのか判断が難しいですが、僕は王大人のスタンスで見ております。
そして、シスターのペンの件もありますし、彼が今回伝えたこと以外に「できるだけのことをしてきた」事が何なのかが、今後の脱獄のポイントになりそうですね。楽しみです。


勉強ができない
今週は古橋さん回かと思いきや唯我くん回でした。まあ、ヒロインをたたせるにはまず魅力的な主人公というのは必要だと思うのでありですが、古橋さんにももうちょっと頑張って欲しかったです。
あと、うるかちゃんは場を回す要素としてはけっこう頑張っているなと思いました。今後にも期待。

 

火の丸相撲
「おらあ手をつけ」とか全然相撲っぽくないことをやっている様がけっこう見ていて面白かったです。相撲は作法はもちろんありますが、土俵の上では二人だけの純粋な勝負こそが本質なので、こういうのもぜんぜんありと肯定している様が気持ちよかったです。国崎くんには勝って欲しい。

 

U19
青春のために国家転覆するのかこいつら・・。ランクによる差別はもちろん是正するべきだが、国民全員が一斉に不幸になるというリスクを考えずに自分達の利益のためだけに動く・・テロリストではないか!
せめて大人党がもっと理不尽なことしているディストピア世界ならば分からなくもないですが、今のところ両親たちも幸せそうだったし、まったく賛同できなかったです。
そして最初に目指すのがウザい担任を追い出すこと・・、ますます意味が分からない・・。


青春兵器
委員長面白すぎるだろう!
難波くん達がボケている傍らでどんどん試験をクリアーしていく様がすごいツボでした。「護衛対象がMAPPOに殺される」とか北斗くんのツコミもキレキレでしたし、最終的にちゃんと友情物語のほっこりした話に終わったのも好きでした。
勢いが続くまでぶっ走って欲しい漫画ですね。


幽奈さん
魔眼ラプラスとか天狐幻流斎とか中二ワードはわくわくしますね。
ぜんぜん過去については分からずじまいでしたが、生前の幽奈さんが出てきたのはかなりレア感あって良かったです。
所々にしっかりとサービスシーンを入れてちょといい話にしているのはこの漫画らしくて好きです。


(Cカラー)磯部磯兵衛
今週は気楽に読むのが難しい感じで、イマイチ乗り切れなかったです。アニメ版ボイスをちゃんと記憶していれば面白かったかもです。

 

ソーマ
なんで薊さんのリアクション顔芸がないんだ!!!!
そこが一番の楽しみだったのにっ!!!!!
えりな様に生徒手帳を渡すシーンは良かっただけに片手落ちの印象でした。あとはこの回想で母親がまったく出てこないのは不自然でした。創真くんの母親いつまで引っ張るんだ・・・。


(読み切り)綾樫くん
ツッコミ役の奈胡ちゃんが可愛く、かつツッコミの仕方も好きな感じだったので面白かったです。レア獣を飼って僕もリア充になりたいと思わせる漫画でした。

週刊少年ジャンプ 17年 13号 感想

週刊少年ジャンプ感想

今週のヒーローアカデミア絵が間に合ってなかったですね。体調に気をつけてペース取り戻して欲しいです。

 

今週のアンケート 1位:腹ぺこのマリー 2位;青春兵器 3位:鬼滅の刃

 

(新連載)(巻頭カラー)腹ぺこのマリー

さすがは「べるぜバブ」で長期連載をした田村先生と言わざるをえない、とてもテンポが良く面白い第一話でした。
まず何より「衝撃の展開だコレ!」というのが一話で何度も来るんですよねこの漫画。
電波系だったと発覚する鷺宮さん、雷のような初恋で本当に雷に打たれる美女木くん、そして冒頭から出てきた女性の正体が性転換した主人公だったなどびっくりの連続でした。
それでいて、それら衝撃展開がポンポンと心地よく読みやすく提示されるので、ストレスなく読み進められる、まさにベテランの仕事でした。
協会と道教の寺という親同士の口げんかバトル、成長したまもるくんの容姿などギャグも笑えました。
あとヒロイン鷺宮アンナさんの圧倒的可愛さも素晴らしかったです。秘密がバレた時の照れ顔と初恋の照れ顔は最高でした!
しかもこれだけやって、まだ「腹ぺこ」要素も「マリー」要素もまだこれからというのが末恐ろしいですな。第2話以降も期待大です。


ブラッククローバー
バネッサ姉さん覚醒。血の繋がりよりも黒の暴牛のみんなを家族と言い、そのみんなを守るために覚醒という展開は納得感と熱さがあって良かったです。運命の赤い糸が猫の形をしているのも不思議で、次回のいい引きになっていました。
あと、若いヤミさんもカッコいいですね。バネッサ姉さん、茨の団長とか、一体誰が彼のパートナーになるかも今後楽しみですね。


ヒーローアカデミア
デクくんが想像を越えれてこなかったのは少将残念でしたが、ナイトアイの真意が諦めさせるためのインターンという結論は納得がいきました。
そして、治崎さんと出会うシーンは、キーパーソンであろう少女を挟んでいきなり出会うという、インターン編の序章としてはれ以上ないくらいいいシチュエーションだと思ったので、先々の期待が持てました。

 

(Cカラー)(月一連載)BORUTO
やっと映画部分終わりました。なので映画鑑賞済みだった僕としてはここからが真のスタートといった雰囲気です。
そういった意味では、神殺しという業(それが何を指し示すかはまだ不明ですが)はボルトに背負わせたのは面白かったですし、サラダとの会話は非常に清々しくて、改めてボルトというキャラクターを好きにさせてくれたと思います。ああ、来月からはじまる新章、本当に楽しみです。

 

ネバーランド
レイくんが最初から知っていたという意味が、胎児からの記憶があったというのは納得のアンサーでした。思いつくようで全く思いつかなかったぜ。
そして消えたノーマン。どこまでママが読んでいるか、万年筆を手に入れたノーマンがどこまで外の秘密に迫れるか、来週が楽しみです。

 

(Cカラー)(連載2回目)ポロの留学記
遅刻一本で生徒を退学にできるとかどういう権力持っているんだ巌くん(笑)
ポロくんのリアクションやポスト上で丸まっている絵など、可愛らしさは今週もでていて良かったです。あとは毎回ワンパンじゃ寂しいので、アイテムとか必殺技とかで盛り上がるバトルもみたいなと思います。

 

ハイキュー
椿原学園よさらば。
烏野のOBの人たちの会話は部活感あって良かったですね。先輩の先輩とかとの距離感はあるあるな感じでした。
そして木兎さん、彼なんだかんだでいつも沈んでいますね。それが面白い(芸風)ですから、今回も期待しております。

 

幽奈さん
幽奈さんの三角巾の違和感が言及されるとは思ってなかったのでそこはクスリときました。ただ痴漢プレイは少しやりすぎかなと思いました(不可抗力だとしても)。ここは共感できない・・。
占い師の新キャラはまだよく分かりませんが、幽奈さんの過去は興味津々なので楽しみです。

 

(Cカラー)左門くん
カラー扉絵のてっしーの胸大きすぎじゃないですか?それとも服のせいでしょうか、ドキリとしました。
本編はアンリさんとアンリさんには優しいカス虫で和みました。ベルゼブブさんが蠅の王だからクソクソ言ってるのはなるほどと思いました。

 

鬼滅の刃
包丁もって突進してくるひょっとこ男超笑った。今週のジャンプで個人的に一番面白いシーンでした。
そして、まさか鬼舞辻さんが女体化するとはっ! 田村先生との真っ向勝負期待しています(違う(笑))

 

U19
赤い糸届かず。個人的にはですが、ここは届いて欲しいところでした。また失敗するにしても大人党に阻止して欲しかったです。
紅童くんは朱梨ちゃんが全てなわけで(ある意味では大人党ですらどうでもいいはずなので)、ここでガレージキットに入る意味はないので来週から対立展開だと思うので、どうなるのかなあ?

 

ソーマ
啖呵をきるえりな様カッコいい。やっぱりこの薊編の主役はえりな様ですな。
来週の薊さんのリアクションは楽しみですね。怒るのか悲しむのか、それとも笑うのか、その格次第で盛り上がるとも酷くなるとも言えるので重要だと思います。

 

勉強ができない
第三のヒロイン登場。正直「バカな、早すぎる!」と思いましたが、僕は恋に自覚的で積極的な女の子が好きなので(いちご100%なら北大路派、ニセコイならマリーさん派です)、うるかちゃんは今のところ一番好感度が高いので、この投入はぜんぜんありでした。
あと特に意味はないけどわざわざ水着をなおすシーンを挿入したのはこだわりがあって良かったです。

 

青春兵器
今週も勢いあってすごい面白かったです。零一の顔芸、東くんをトイレで
葬るハチのシーンはすごい笑いました。
あとはアンヌさんの好感度がすごい上がった会でもあって良かったですね。「でっかいウンコだったのねー」など残念なキャラはそのままに、すごい可愛さがあがった(絵的にも気合い入っていた)いい回でした。

 

火の丸相撲
「楽しんできてね」のレイナさんは良かったです。彼をしっかりと受け止める部長や、追いかけるユーマさんとはまた違った、本人すらも自覚できていない本質に近づける彼女は、やはり正ヒロインだと思いました。
そして先鋒戦はまさかのバカ対決(笑)。
この変なコンセプトだと、逆にどっちが勝つか分からないですが、国崎くんには見事兄越えを果たして欲しいなと思っております。


斉木楠雄
灰呂すごい回。最強超能力者でもタジタジな人間が周りにたくさんいる、灰呂もその一人だと改めて認識できたのは面白かったです。あとはケツとか丸出しだったらパーフェクトな回だと思いました。


銀魂
「声が玄田哲章な花屋いたわー!」とラストでやっと思い出して、思わず手を打ちました。
マジで全員投入の最終章なのですな。きっとまだまだ忘れているキャラが出てくるはずだ。


(最終回)オレゴラッソ
無念の最終回。正直もっとみたい(化ける可能性があった)作品だったと思うので、ワンクールでの終了は非常に残念でした。
最終回そのものは、ゴラッソが決まらなかったことと、成長した花森さんがあんまり美人な大人になっていなかったことが心残りではありましたが、おおむね上手くまとまっていたと思います。
馬上先生の次回作に期待します。


磯部磯兵衛
雛人形って怖いですよね。明るいとまあ綺麗なのですが、暗いと反転して不気味になるのはなぜなんでしょう・・
あと個人的には冒頭で、カラクリ人形という情報を与えない方がオチのカタルシスあるかなと思いました。

 

ぷよぷよクエスト日記2月20日~2月26日分:猛烈なラストスパートでサダを☆6にしたぞい

ゲーム

ユーザーランク:417→418

ギルド:Dクラス

2月20~26日
通常クエストとか、タスタスの森とか、テクニカルクエストとかには一切見向きもせずに、ひたすらみんなクエストもしくはひとりでクエストのサダ襲来をやって素材集めていました。
みずがめメダルはともかくみどりの星のお菓子は30個も集めなければならないので、クエストで王冠とか月ぷよが出る度に「ちくしょ~!」と叫んでいました(笑)
それでもめげずに頑張った結果、この一週間だけでメダル3個(もともと2個はあった)、お菓子19個(もともと11個はあった)を集めて、みごとサダを☆6にへんしんさせました。

f:id:yukiaki042:20170227110631j:plain

ラストスパート成功、やったぜ!

週刊少年ジャンプ 17年 12号 感想

今週のアンケート 1位:ワンピース 2位:鬼滅の刃 3位:青春兵器


(巻頭カラー)(新連載)ポロの留学記
なんか可愛い新連載が始まった!という印象でした。
絵柄が中性的で特長だっているところが好感色で、ほのぼのとした雰囲気は他のジャンプ作品にはない魅力があって新鮮でした。
コメディ系はキャラが好きになれるかが第一関門だと思うので、そこはクリアーできたかなという感じです。
一方で設定の部分は魔王を超兵器に代えれば「青春兵器ナンバー1」なので、そのあたりの差別化はしっかりとして欲しいかなと思いました。
とにもかくにも、今週ボロくん(デモンズ)の物語が終わってしまったので、ポロくんには頑張って欲しいです。


ヒーローアカデミア
サーの重度のオールマイトファンっぷりは好感度上がりました。個性も強いし魅力的なキャラだと思います。
また、リアル就職活動感がある面接は良かったですね。高校生ではあるがインターンでいくならそれは社会人、大人と同列の扱いをされます。そのあたりを上手く伝えられていると思います。


ワンピース
始末屋ボビンさん散る。こいつはすごい予想外でびっくりしました。
ジンベエさんの話からどうやらカポネ一家が絡んでいるようで、これは新たな勢力が参戦してきそうな雰囲気で、まったく先が読めなくて楽しみです。
そしてルフィとサンジのやりとりは、やはりウルッときてしまいました。期待通りで正座待機していたかいがあったというものです。
「逃げ出す勇気がねえ」というサンジの弱さや優しさを全て受け止めて「おれ達がいる。式をぶっ壊そう!」と言えるルフィの真っ直ぐさは本当に、本当にグッと心に刺さりました。
すっごい盛り上がったところで次週は休載。早く続きが見たいです。

 

ソーマ
審査に関してお互いがお互いを褒めあうという展開は意外性もあったし、お題の狙いに対する納得感もあり、非常に満足感高い決着でした。
何よりえりな嬢の物語として、しっかりと一つの変化を提示できたのはこの勝負をやりきった意義があったと思います。
あとは人気投票、えりな嬢が一位でした。もう彼女が主役でいいんじゃないかな。

 

ハイキュー
菅原さん期待に応える。活躍したのは日向くんや影山くんの一・二年生ズに間違いないですが、支えていたのは間違いなく三年生達という最後のページの構図およびOB先輩の台詞は良かったですね。全国大会一回戦、改めて烏野というチームの魅力を再発見させてくれるゲームだったと思いました。

 

青春兵器
クラス人気者トップ3のオーラで目がつぶれたぜ(笑) 新キャラの東くんはかなりのインパクトを残した登場だったので、今後の活躍がすごい楽しみなキャラです。
あと、青春言いながらくんかくんかしている零一オルタは卑怯だが笑わざるを得ませんでした。
そして、今週はハチがあらゆる場面で難波くんをアシストしているのが面白かったです。すげえイイ奴だ、あいつ。

 

(Cカラー)(連載2回目)U19
見ていてなんだか苦しい第2話でした。大人達も間違いなく狂っているのですが、かといって主人公サイドに寄り添えるかというとそうでもない感じが、なんだかとても歯がゆかったです。
大人の支配という設定がまだ自分の中で浸透しきっていなくて戸惑っている感じなのでしょうが、とりあえずは来週にどういう方向性を持ってくるか待ちたいと思います。

 

火の丸相撲
大きい栄華大附属ということですが、久世くん大きすぎでしょ(笑)
しかし同時に対比として、体は小さくとも苛烈な迫力を出す火の丸くんの背中という構図はとても良かったです。決勝前の盛り上げとしてはとてもいい溜め回だったと思います。あと、理音くんは絶対負けるキャラだ、これ!


ブラッククローバー
アスタくん覚醒してもアスタくんだった。はっきり言ってそうなるだろうなという展開をそのままやったという感じなのですが、この直球ストレートな感じが実にこの漫画らしくて期待通りでした。
そして魔女王様、こちらもやはり予想通りの展開ですが、絵の迫力があったので良かったです。スピード感ありあり。

 

(Cカラー)鬼滅の刃
カラー扉絵、カナヲちゃんが実に女学生っぽい雰囲気で美しかったです。なんだか触れ合えない恋人のような構図だ(笑)
本編はがんばれがんばれ、炭治郎くん回。みんなでわいわいキャーキャーしている感じは微笑ましかったですし、耳から心臓とか唐突なひょっとことかギャグもキレッキレで面白かったです。
そして何よりしのぶさんが美しすぎました。この方じつに狂っている感じがあったのですが、そこに悲しい理由があったのは、ものすごいキャラクターとしての深みになったと思います。これから彼女はどうなるのか、思いを炭治郎くんに託して新たな鬼絶対殺すガールとして覚醒するのか、それとも死んでしまうのか、非常に危なげな感じがすごい気になります。

 

勉強ができない
うむ、いい勘違い、これはいいラブコメだ!
非常に上手い構成で感心しましたし、嫁に来いという状態でのリアクションの取り方にも、ちゃんとキャラの違いが現れていてどっちも可愛いのが良かったですね。

あとは妹水希ちゃんのちょっかいにも今後は期待しております。

 

ネバーランド
ノーマンくんが逃げたフリは普通にいい手だと思いますが、これくらいはママがよんでそうな雰囲気なんですよね。
ともかくエマとレイの二人が必死にノーマンくんを説得する展開は良かったです。この三人の特別感の演出にもなっていました。
そして次回はレイくんが農園の秘密を知ったきっかけに迫る。これ普通に気になっていたので楽しみですし、レイくんが腕を折るのか風邪を引くのかどうするのかは読み切れないので、答え期待です。

 

斉木楠雄
この決着の付け方は素直に感心しました。万能の斉木君でも何ともできないし理解できないものがある、それは人の気持ちであり恋心であるというアンサーは非常に納得できるものでした。
しかし今週はハラハラしたぜ。笑うというよりハラハラして胃が痛くなりそうでした(笑)

 

銀魂
ピラ子組長就任。勝男さんの回想カットは普通にかわいそうでした。
ともかく辰羅の方々はこれで撃破でなんだか一件落着感ありますが、まだ夜兎とか残っているんで、次は海坊主さんとか神威さんとかの参戦に期待です。

 

左門くん
アラワーにすっごい笑った。何世紀も生きてきた神の年齢に相応しい恋愛とは一体・・、普通に哲学だぜ。
あとなぜてっしーは湘北三井のパロディをやったのか。なぜ俺はあんな無駄な時間を・・

 

オレゴラッソ
これ絶対に来週終わる展開じゃないですか~~~!!
リアルに寄せたサッカー漫画は、説明が多くなりがちだしジャンプという中でやるのはやはりハードルが高かったのか・・?
それとも一世代前のストライカー、ファンタジスタ理論がもはや現行読者のリアルではないだけに受けなかったのか・・。
またはキャラクターの魅力の問題だったのか・・?
ちょっと来週までにいろいろ考えたいと思います。


(最終回)アマルガム
多少のご都合展開はあろうとも、ちゃんとハッピーエンドに収束させたのはとても良かったと思います。いい読後感でした。
連載当初は前作「三つ首コンドル」に比べて大幅に画力が向上したのでびくりしましたが、展開的にはどこが軸になるのかよく分からない(日常と完全に決別してしまった、学生要素を完全になきものにした)戸惑いが最後まで続いた感じでした。
それでも最後は出した設定を最大限活用したラストスパート力を、石山先生は今回も発揮してくれました。この瞬間最大風速を今度は、今度こそ最初から発揮した漫画を見せて欲しいと思います。
石山先生の次回作に期待します。


(最終回)デモンズプラン
限界まで血を流しつつ、更に封印のために血を流すボロくんはレバーをたくさん食べるべきっ!
個人的には第一話以降は世界観(文明レベル)の曖昧さや設定の曖昧さ(欲望と能力の結びつきが薄い)が気になりすぎて上手く楽しめませんでした。それでも例えばチンピラのナイフを掴むシーンなどは痛みを感じさせる絵の魅力があり、痛みを抱えた故の能力(主人公の強さ)であるというところを上手く使って敵と対比させていけば、もっとバトルやストーリーもドラマチックになったのかもしれないのかなあと思ったり、思わなかったりでした。
しかしまあ全体的には準備不足、実力不足だった感は否めなかったので早期終了はやもなしですが、この経験を糧にして次の作品を作ってくれればと思います。
岡本先生の次回作に期待します。


磯兵衛
伝説の刀をそんなにあっさり折れる磯兵衛って逆にすごいんじゃあ・・
あと先生がこの刀をどういった経緯で手に入れたかも気になりました。むしろ彼が使っていたから神性を帯びた刀なのではなかろうか・・?