読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 ロシアW杯アジア最終予選 VSイラク戦(ホーム) 感想

サッカー

日本(2-1)イラク  日本勝ち

やったぁぁぁぁぁぁ!!! 勝ったぁぁぁぁぁぁ!!!!

劇的勝利で大興奮でした。先制して余裕の展開と思いながら同点にされた時には、前のUAE戦を思い返す展開で不安になり、イラクの姑息なまでの時間の使い方にイライラしながら試合を見ていましたが、最後の最後に山口蛍のボレーで勝ち越して、相手をぎゃふんと言わせられたのは痺れました。

家族総出で大声上げてハイタッチ&抱き合ったりしていました(笑)

試合そのものは実力差がありながらもゲーム展開に余裕がない感じは反省点ですが、それでも非凡なパスセンスを見せる清武や、負けている時にチームを発憤させるドリブルができる原口など、光るプレーを魅せてくれるタレントがいたのは大きな収穫でした(前線の起点となった吉田も良かったです)。

世代交代、これまでのレギュラー陣を脅かす存在が現れない事が悩みの種だった代表に、新たな風邪が吹き込み始めたのは(他の選手もどんどん続いて欲しい)いい兆候だと思いました。

「勝って得られるものは負けて得られるものより遥かに多い」と僕は思っているので、この勝利をきっかけにまた「アジアで日本は強いんだ」という、決して油断ではない、いい意味での自信を取り戻してくれたらなと思います。


以下、各選手の評価です。

西川(5.5)・・少ない相手のチャンスをよく止めてはいたが、失点シーンは反応が遅くなってしまった。
吉田(6.0)・・前線に入ってボールの収め所の役割の時の頼もしさは半端なかった。決勝点のきっかけとなるフリーキックを根性で得た。
森重(5.5)・・格下に点をとられてしまったので評価は下がるが、個人として守備では負けているわけではなかった。
酒井宏(5.0)・・DFとしての体の強さを見せつけてはいたが、不用意なファールがあったりなど局面で精度を欠いていた。
酒井高(5.0)・・セットプレーでの競り合いで負けてしまっていた。失点したシーンのマーカーだったのでもっと頑張って欲しい。
長谷部(5.5)・・カバーリングによく顔を出していた。若干ミスもあったが、キャプテンとしてチームを発憤する様も良かった。
柏木(5.5)・・斜めのロングパスは武器になっていたが、もっと切り裂くような効果的なパスを期待していた。もっと上げたい。
本田(5.5)・・ボールを持ったときの安定感はあったが、決定的場面がキーパー正面だったり、ポストだったり虚は持っていなかった。
原口(7.5)・・守備意識が高くとても良く動いていた。先制点もお洒落だったし、同点になった後の積極的なドリブルはチームに勇気を与えた。
清武(7.0)・・球離れが良く、アイデアを持ったパスで縦に速い攻撃を牽引した。効果的なボールの引き出す動きも出来ていて貫禄があった。
岡崎(5.5)・・裏を狙ったりボールを収めたりとプレーとしては無難なところではあったが、シュートが打てなかったのはストライカーとしてマイナス。


交代選手

山口(7.5)・・値千金の決勝ゴール。前から狩っていく姿勢もチームにリズムをもたらしていた。、今宵はバースデイ。とことんまで持っている男だった。
浅野(5.0)・・シュートを狙いにいくもあと一歩届かずに不発に終わった。動き出しの問題だと思うので早く代表での自分が輝ける動きを見つけて欲しい。
小林悠(ー)・・時間短く評価できず

ハリル監督(6.0)・・清武のトップ下に抜擢したのは英断だった。最初の交代のタイミングで失点したのは不運だったが、その交代した山口蛍がしっかりと仕事をした。