yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーなでしこJAPAN キリンカップ2012  VSアメリカ戦 感想

なでしこ(1−1)アメリカ  引き分け 


引き分けですが、とても良いサッカーをしていて面白かったです。


なんというか格上、相手は強いけどこっちはもっと強いと思わせてくれる、きっとブラジルとかドイツとかのサッカー強豪国はきっと毎回こんないい気分で試合を見ていたんだろうなという感じがするゲームでした。


選手がポジションを流動的に動かしてパスを繋いで相手を翻弄するサッカーは本当に堂に入ってきていると思いましたし、前線から守備をしていくという意識も高かったです。


ただ後半運動量が落ちてくることと、ミス絡みでリズムが悪くなり失点をしたのは(それ以外は結構守備陣も安定していた)今後の課題かなとも思いました。


以下、各選手の詳細です。

海堀(5.5)・・足下が不安定で不用意に相手にパスを渡してしまう場面があった。
熊谷(6.0)・・ビルドアップにしっかり貢献していましたし、守備も安定して思いた。
矢野(5.5)・・モーガンとのマッチアップが多く、やられる場面もありましたが、相手の格を考えればよくやっていた。
近賀(6.5)・・先制点はいい飛び出しに反応で素晴らしかった。最後までよく走っていたし、守備も良かった。
鮫島(5.5)・・攻撃参加は積極的にしていたがボールがあんまり足につかなかった印象。守備の寄せも今日はイマイチで軽かった。
田中(5.5)・・セカンドボールがよく拾えていたと思うが、攻めの組み立て時には消極的かつちょっとミスが多いかった。
阪口(6.0)・・持ち前の運動量で守備に攻撃によく顔を見せていて動けていた。
川澄(7.0)・・積極的に個人仕掛けと効果的な飛び出して得点の匂いがするチャンスを何度も演出してた。先制の起点にもなった。
宮間(6.5)・・縦の意識がしっかりしたパスを供給して日本の攻めのリズムを作っていた。運動量も多く守備にも貢献した。
大野(6.0)・・アメリカのDFに負けない体の当たりなど存在感があった。先制点に繋がるラインを騙す動きという小技も見せていた。
永里(5.5)・・攻撃時はあんまり目立つ場面が少なかったが前線からの守備などで貢献した。


交代選手

安藤(6.0)・・全体的に運動量が落ちたなかでよく前でボールを収めてチームを助けていた。
有吉(5.5)・・途中出場ながら守備にはしっかり入っていけていて及第点ではあるが、せっかくなんだからもっと攻撃参加が欲しかった。
宇津木(ー)・・時間少ないので評価できず。
菅澤(ー)・・時間少ないので評価できず。


佐々木監督(6.0)・・チーム造りのコンセプトはいい感じ。ただ今日の采配はあんまりはまっていなかった。