yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーなでしこJAPAN アルガルべ杯2012 予選 VSアメリカ戦 感想

なでしこ(1−0)アメリカ  なでしこ勝ち

記録上の初勝利キターーー! 歴史に残る勝利とても嬉しいです!

非常にレベルの高い試合で見ていて楽しかったです。どちらも自身のチームのよい点が出ていました。

アメリカの圧力のある攻撃を最後まで耐えたDF陣、澤が体調不良でいないなかでしっかり中盤でボールを回し、日本のパスサッカーを牽引したMF陣、相手の高い壁にも臆することなく攻めたFW陣、出ていたせんしゅみんなを褒めたいと思います。


以下、各選手の評価です。

福元(6.0)・・難しいボールはなかった(ポストが防いでくれた)ですが、来たボールにはしっかりとミスなく対処していました。
岩清水(6.0)・・体格、スピードに勝る相手を熊谷と連携してよく抑えていた。危ない場面もよく体を投げ出して防いでいた。
熊谷(6.5)・・90分間体をはって無失点に防いだ。交代でパターンが変わっても落ち着いて対応していた。
近賀(6.0)・・抜群の運動量で攻撃にも防御にも存在感が出ていた。特に攻撃面では彼女が上がるとチャンスがよく生まれていた。
鮫島(6.0)・・積極的な攻撃は少なめだったが、最後まで運動量が衰えず、プレーも落ち着いていた。
田中(6.5)・・バランスをとることに終始し、献身的な動きでチームにいいリズムを与えていた。
阪口(6.5)・・右に左によく動いて日本のパスサッカーを牽引していた。澤のいない今日の日本の心臓だった。
宮間(6.5)・・アメリカ相手にも目立つプレーの質で日本の決定的なチャンスを演出した。ゴールに繋がるコーナーキックは美しかった。
大野(6.0)・・サイドを何度か突破してチャンスを作っていた。最後の精度、思い切りがもう少し欲しかった。
永里(6.5)・・下がり目でボールを受けることによってボランチの負担を軽減していた。ゴール前にも積極的に顔を出していた。
安藤(6.0)・・前線守備で活躍した。裏へ抜けようという意識も高かった。


交代選手

高瀬(7.0)・・難しいヘディングをよく決めた。素晴らしい値千金どころか値万金くらいのゴールだった。
川澄(5.5)・・カウンター時にはよく顔を出していたが、あまり目立つ場面が少なかった。
宇津木(6.0)・・ビルドアップ時のミスが少し多かったが、守備面では安定していた。最後の猛攻もよく耐えた。
菅澤(5.5)・・前でボールを持とうという意識はあったが、あまり効果的な動きができていなかった。
伊藤(ー)・・出場時間短く評価できず。


佐々木(7.0)・・戦術変更がうまういっていた。特に菅澤を阪口に代えるシステム変更のギャンブルは凄い決断だと思った。持ってるよ監督!!