yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 W杯3次予選 VSウズベキスタン戦 感想

日本(1−1)ウズベキスタン戦        引き分け

システム変更のせいなのか、移動の疲れのためか、前の北朝鮮戦の余韻が引いてしまっていてギアが入れ替わっていないのか、前半立ち上がりは非常にお粗末な出来だった。対してウズベキスタンはよく集中していてその差が如実に現れていたその時間帯の失点は非常に痛かった。
しかしながらそのまま崩れずに少しづつではあるがゲームを作り流れを取り戻していったのは日本が強くなった証だと思った。
後半はシステムを変更。特にボランチをいつもの長谷部と遠藤の2ボランチに戻したおかげでチームそのものが安定したと思う。
正直全体的にみればやられていたゲームなので、負けなかったことは良かったし評価できると思う。


そう、負けなければいいんだよ!


以下、各選手の評価です。


スタメン

川島(6.5)・・日本を救うスーパーセーブを少なくとも3度は見せた。それだけに一点目は残念。
今野(5.0)・・今日の今野はスルッと一発で抜かれるシーンが多かった。普段はあまりないだけに別人のようだった。
吉田(5.5)・・一対一では負けていなかったが、寄せが甘いシーンが幾つかあった。もっと球際を。
内田(5.5)・・同点アシストは良かった。攻めは及第点だが守備面では不安を残した。裏とられすぎ。
駒野(6.0)・・前半はいいクロスを上げていた。後半は警戒されてかあんまり効果的な動きができず。
遠藤(6.0)・・チームを落ち着かせる冷静さは流石。後半は中盤の底でよくげーむをコントロールしてた。
阿部(5.0)・・たぶん守備で存在感を見せて欲しかったのだろうが連携不足のせいか全く効いてなかった。ゲームも作れなかった。
長谷部(6.0)・・前半は慣れないトップ下のせいか動きがちぐはぐだったが、後半いつものポジションに戻ってからはいい動き。
岡崎(6.5)・・前半は敵の19番に抑えられて何も出来なかったが、後半はサイドを変えて動けてた。値千金同点ゴールは見事!
香川(6.0)・・前半はサイドに閉じ込められて窮屈そうだった。やはり真ん中で存在感を発揮できる男。警戒されていたが、所々でしっかり決定的な仕事ができいた。
李 (6.0)・・惜しいシュートが2本あり。出来そのものは決して悪くなかった。あとはゴールが欲しい。


交代選手

清武(6.0)・・改めてリズムが独特で癖のある動きをする選手だと思った。見ていて面白い。攻撃面でも効果を発揮していたと思う。
ハーフナー(6.0)・・疲れている時間帯のハーフナーは本当に迫力あるな。背高いし。オフザボールの動きにもっとヴァリエーションあればもっと良くなりそう。
槙野(6.0)・・難しい時間帯だが守備に貢献。正直やらかしそうな不安は杞憂だった。ごめんなさい。


ザック(5.5)・・前半の長谷部トップ下のシステムは意味不明。その後の修正や交代選手は良かっただけに・・・何故・・・?