yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

映画『太平洋の奇跡〜フォックスと呼ばれた男〜』感想

日曜日にレイトショーで感想。観客は5人くらい。映画の性質上なのか男ばかりだった。

5点

「事実を元にした映画」にありがちな展開のドラマチックさがない内容で見ていて退屈だった。
47人で米軍相手に512日間粘った事実は本当に凄いと思うし、そのリーダーシップ、精神力ともに素晴らしいことだと思うが、この映画を見ている限りでは「運が良かった」「たまたま米軍側が懐柔路線だった」という印象が強い。
仰々しく『太平洋の奇跡』とか言わずにもっと控えめなタイトルにした方がよかったかも。完全にタイトル負け。
一方で戦闘の迫力、サイパン島のジャングルや米軍基地の様子の綿密さや再現度は非常に高かったと思う。そこのストレスは一切無かったので良かった。