読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 W杯アジア2次予選 VSアフガニスタン戦(ホーム) 感想

日本(5−0)アフガニスタン 日本勝ち

やった、大勝利!!

見ていてとても気持のいい試合でした。大量得点もそうですが、本田や香川に依存しきらない、アジアの引いてくる相手に対するひとつの正解を導きだせたような感じがして、ウキウキする、日本代表の未来は明るいかもしれないと思われる試合内容でした。

前半は中央をこれでもかと固めてくる相手に、外を中心に崩すものの、クロスなどは単調になってしまいなかなか得点の匂いがしませんでしたが、途中で全員が集まって相談してから、岡崎が目の覚めるような素晴らしゴールを決めてからはゴールラッシュでした。

交代で入ってきた選手も上手く使っていこうという意識も見られましたし、岡崎や原口や清武の成長、金崎の気持ちよくなるような思い切りの良さ、ハーフナーというオプションなどなど、見所がとても多かったです。2次予選という本番においてこれだけ色々なことがためせたのは大いに収穫だったと思います。

さあ、あと一つもきっちり勝って首位で最終予選に臨んでいきましょう!

以下、各選手の評価です。


東口(6.0)・・出番はほとんどなしだが、たまの機会にはしっかりボール回しに参加した。
吉田(7.0)・・体の強さを活かしたきっちりとしたプレーで相手に何もさせなかった。ヘディングで押し込んだのも良かった。
森重(6.5)・・セットプレーで存在感を発揮していたし、大きなミスもなく最終ラインを守った。
長友(6.0)・・個人の能力の高さで左サイドは制圧していたが、クロスや仕掛けはやや単調だった印象。
酒井宏(6.5)・・メリハリのきっちりした効果的な攻撃が出来ていた。オウンゴールも誘ったラッキーボーイ。
長谷部(7.0)・・守備の負担を一手に担い、きっちりと仕事をした。たまに入れる縦パスも攻撃のアクセントになっていた。
原口(6.5)・・サイドハーフとしての役割をきっちりと果たしつつ、自らの特長である攻撃もみせていた。成長を感じた。
清武(7.0)・・得点にアシスト、ポジションを変えてもきっちりと役割を変化させられるなど存在感を随所にみせた。
柏木(5.5)・・このレベル相手にラフプレー気味な後からタックルかますなど若干気合いが空回りをしていた印象だった。
金崎(6.5)・・積極的に動いてどこにでも顔を出しゴールを狙った。不格好でもゴールはゴール。決めた後のリアクションは満点だった(笑)
岡崎(7.0)・・大量得点を呼び込む貴重な先制点。ここぞという時に決める決定力は日本代表においても唯一無二だと思う。


交代選手

香川(5.5)・・相手がゴール前に密集しすぎていて、なかなか持ち味は出せなかった印象。しかしいいプレーはあった。
ハーフナ(6.0)・・ヘディングを起点に金崎へのアシストをした。ターゲットとしては相手の注意を逸らす存在にもなっていた。
小林悠(ー)・・時間短く評価できず


ハリル監督(6.5)・・苦戦していた対アジアだが今回のアプローチは非常にうまくいった。終盤に映った笑顔が良かった。