読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 親善試合 VSウズベキスタン戦 感想

日本(5−1)ウズベキスタン  日本勝ち


前の試合に引き続いてとても面白い試合でした。

前からプレスをかけていて、少ないタッチで素早く攻めるサッカーはまだ連携面でうまくいっていないところもありますが、さらに浸透している様子で、とても魅力的でした。

新しいメンバーが気合十分、どんどん結果を出していくのでワクワク感が半端なかったですね。こういう誰もがアグレッシブな日本代表が見たかったのです!

個人的には青山と岡崎が素晴らしかったです。特に青山は縦に速くいきたいハリルのサッカーにあっていると思いました。相手の裏をとるロングパスは、受け手の岡崎の素晴らしい反応や、2列目の圧倒的迫力もあって光輝いていました。

あとは宇佐美ですね。ボールを持った時の迫力は日本屈指だと思いました。

アジア予選のライバル、ウズベキスタンはかなり強かったと思いますが、要所要所でしっかりとピンチを防いで(相手の精度も悪かったが)チャンスを決めれて良かったです。どんどん競争が生まれてさらに日本代表が進化していってくれたらと思います。今日はその期待が存分に見れる試合でした。


以下、各選手の評価です。

川島(6.0)‥1得点は取られたがプレーは安定していた。ビッグセーブもありまだまだ守護神は譲らないという気合が見えた。
森重(6.5)‥非常に落ち着いていてあらゆる場面にしっかりと対応していた。5得点目のアシストもしてやったり。
昌子(5.5)‥初出場であるが積極的にプレイしていた。まだ少しチェックが甘い場面はあるがそこは経験を積んでいって改善し欲しい。
内田(5.5)‥多少判断が遅い場面があった。前半のみの出場にとどまったが大きなミスはなかった。
酒井高(6.0)‥前半は左、後半は右サイドでしっかりと役割を果たした。最後まで運動量は落ちなかった。
今野(6.0)‥ピンチに顔を出す危険察知能力とボール奪取は流石。いてほしいところに常にいた。
青山(7.0)‥素晴らしすぎるミドルシュートで先制点を決めた。いくつもの決定機に繋がるロングパスを供給して攻撃をけん引した。
本田(6.0)‥前線でのパスワークで相手の守備を切り裂いた。ディフェンス面でもでもしっかりと戻って貢献した。
香川(6.0)‥シュートを積極的に狙っていった。縦への速い意識は前の試合よりも上がっていた。
乾 (5.5)‥トラップまではいいもののラストのところで制度を欠いていた。決めてほしかった。
岡崎(7.0)‥ヘディングで2試合連続の得点。異常なまでの決定力を今回も見せつけた。3点目もある意味で彼の得点(笑)


交代選手
水本(6.0)‥まさかボランチで起用されるとは思わなかったサプライズ。手探りながらもしっかりと役割はこなした印象。
太田(6.0)‥2得点目のアシストは持ち味を出した。守備面ではけっこう軽くて怖い場面がいくつかあった。
宇佐美(6.5)‥目を見張るような素晴らしい得点を決めた。パスでもシュートでも質の高いプレーを見せた。華があった。
柴崎(6.0)‥最初はのれていない感じがあったが、得点をとって硬さがとれた。岡崎には感謝するべし。
大迫(5.5)‥サイドは慣れないのか、ほとんど持ち味が発揮できなかった。しかしミスはなかった。
川又(6.0)‥時間短く評価できないと思ったが、体の強さで押し込んだ。チャンスをしっかりものにした。


ハリル監督(7.0)‥公言通りにすべてのフィールドプレーヤーを起用した。交代の使い方と細かい指示で一つの試合の中にいくつもの日本代表の顔を見せてくれた。