yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 親善試合 VSセルビア戦 感想

日本(0−2)セルビア  日本負け

ぐぬぬ・・・・・・ぐぬぬ・・・・・・ としか呻けないような内容でした。

アウェイ二連戦の第一戦と意気込んで見ましたが、相手がスタンコビッチの引退セレモニーを試合前と試合途中にはじめてちょっと拍子抜けしました。まあ、セレモニー自体は牧歌的で「いいな!」と思いましたが。

そしてスタンコビッチが変わってからは試合内容は一変。両者ともにエンジンがかかってきました。しかし本田、香川、遠藤の調子が今一つで、細かいミスが多くてなかなかペースを掴めませんでした。またピッチを広く使うセルビアに対して日本は後手後手にまわっている印象で、特に長友がほとんど上がって攻撃参加ができなかったのがよくなかったと思いました。正直やきもきする感じの前半でした。

そして後半、ペースを掴み始めたかなと思ったところで点を取られて、その後はなんだかどうしよもない雰囲気でした。決定機を作るところまでさせてもらえず、外でボールを回させられているという感じで、イライラ具合は前半以上でした。
選手交代でも特に状況が変わるわけではなくて良い所がなく、最後にはカウンターで駄目押し・・・・・・
ヨーロッパ予選での敗退が決定し、新チームに移行しようとする相手にベストメンバーでこの内容では不満が残る内容で、残念でした。
次のベラルーシ戦までには少しでも立て直して欲しいです。


以下、各選手の評価です。

川島(5.5)・・キーパー的にはあまり責任のなかったが、2失点はやはり悔しい。
今野(5.5)・・ボールを奪おうとする姿勢は見られたが相手の方がうまくてほとんどとれなかった。
吉田(5.0)・・不用意なミスがあったり、しっかりボールを持たれて時間を作られたり、ちょっと調子が上がっていない印象だった。
内田(6.0)・・攻守に無難なできだった。無難で特に良いところがあったわけではないがチームが不調だったので結果一番良い動きができた選手になった。
長友(5.0)・・相手の18番が高い位置をとっていたのであまり攻撃参加できなかった。その18番には先制点を与える突破を許してしまった。
遠藤(5.0)・・ボールを持てばうまく捌いていたが、フォローにまわる運動量が明らかに足らず、守備もあまり効いていなかった。
長谷部(5.5)・・前半は攻守に効いていたが、後半は運動量が落ちていた。失点の際にマークを離してしまったのも痛かった。
岡崎(5.0)・・裏への抜けはらしくないくらい読まれて対応されていた。そしてワントップ時は消えてしまっていた。
香川(5.0)・・ボールが足につかず、全体的にらしくない細かいミスが多かった。一度だけ突破が成功するも持ち前の決定力は発揮されなかった。
本田(5.5)・・ボールはしっかりとキープできていたが、驚異になるプレイは少なかった。フリーキックは最近精度が戻ってきた感じ。
柿谷(5.0)・・前線のディフェンスは頑張っていたが、攻撃時は孤立している感じが強く何もできなかった。


交代選手

細貝(5.0)・・攻撃の組み立てにほとんど参加できず、レギュラーを奪うにはほど遠い出来だった。2点目を献上する逆の起点になってしまった。
清武(5.5)・・ミスはなかったが、交代で流れを変えることはできなかった。
乾 (ー)・・時間短く評価できず
ハフナ(ー)・・時間短く評価できず

ザック監督(4.5)・・勝つための采配ではなかった。全体の調子を見たかったのだろうが、試合をしてみてよくない所を(選手交代含めて)修正できないというのは残念すぎた。なんのための強化試合だったのか。