yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 アジアカップ2013 VS中国戦 感想

日本(3−3)中国  引き分け

不完全燃焼だ−!!

まず感じたのがチーム全体の落ち着きのなさです。急造チームだからある程度仕方のない部分もあるのは仕方がないのですが、立ち上がりや終盤、相手に勢いがある時にチームを鼓舞できる、全体を落ち着けられる選手がいないのが、残念でした。

それは今回キャプテン指名された駒野が一番やらなくちゃいけなかった所でしょうが、他の選手も「俺がチームを引っ張るんだ!」という気概が欲しかったです。

コンフェデ杯の代表メンバーに、どれだけ食い込める人材が見つかるかが焦点でしたが、今回の試合を見ている限りでは誰もが厳しいかなと思いました。3失点のDF陣はもちろんですが、攻撃陣も「これは!」という活躍を見せてくれる選手はいなかったです。

次のオーストラリア戦はメンバーをがらりと変えるのか、それとも何人か再チャンスを与えられるのか。次の試合を楽しみにしたいと思います。

・・・・・・それにしてもこの試合は不完全燃焼だ。


以下、各選手の評価です。


西川(6.0)・・3失点中2つはPKであまり責任はない。スーパーセーブも2回あったし本人の出来は悪くなかった。
森重(5.5)・・初代表ということで周りのとの連携に苦労しているように思えた。本人の所ではやられてないが、周りにカバーには回れなかった。
栗原(5.0)・・相手に振り切られてPKを与えるなど守備面でのスピードの脆さを露呈した。得点はとったが不安定だった。
駒野(5.0)・・キャプテンとしての重責か動きにぎこちなさがあった。不用意なプレイでPKも与えてしまったりクロスを簡単にあげられたり、ここ数年で一番悪い駒野だった。
槙野(5.5)・・攻めも守りも積極的にいこうという気概は見てとれた。しかし、簡単に相手にボールを与えてしまうミスも多かった。
青山(5.5)・・・前半は一発でいこうとして意図が合わないミスパスが多く、後半は無難すぎるプレイであまり目立つことはできなかった。
山口(6.0)・・最終ラインに入ることも多く守備的にプレイしていた。運動量は多かったが、ゲームの組み立てはあまりできなかった。
原口(6.0)・・チームの悪い時間も積極的に攻めていた。得点こそとれなかったがサイドでボールを収めることができていた。ただ不用意なファールは相変わらず。
工藤(6.5)・・守備頑張っていた。1得点1アシストの活躍で結果をしっかりと残したのもプラス評価。
高萩(6.0)・・柿谷に送ったロングパスなど攻撃面でのセンスは見せた。だが消えている時間もあり、トップ下としてはもう一歩迫力が欲しかった。
柿谷(6.5)・・1得点1アシストで特長は見せた。しかしキーパーとして一対一でミスをするなどストライカーとしてはやってはいけないプレイもした。


交代選手

高橋(6.0)・・無難な出来だが、個人的にはもっとチームを落ち着かせるプレイをして欲しかった。
斉藤(5.0)・・ボールを簡単にロストしすぎなうえにポジション取りも悪く、攻撃を停滞させてしまっていた。気持ちが空回りしていた。
大迫(ー)・・時間短く評価できず。

ザック監督(5.5)・・交代選手が意図にまったくはまっていなかった。特に斉藤の投入は完全に誤算だった。まあ次の試合のメンバー交代に期待です。