yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 13年 33号 感想

週刊少年ジャンプ電子書籍でも読めるようになったんですね。しかしまさか本誌より高いとは。スキャンやカラー付け代金分高いということなのかなあ。


今週のアンケート 1位:ハイキュー 2位:暗殺教室 3位:ソウルキャッチーズ


(新連載)(巻頭カラー)銀河パトロールジャコ

全11回の短期集中連載。ちゃんとした連載じゃなかったのは残念。
僕は鳥山明ファンなので、彼の漫画が読めているというだけで十分満足しているのですが、一回目の内容はいささか地味だったと思いました。爺さんと会話しているだけで終わったぜ。
しかしながら、巻末コメントを見るに、全11回できっちり何かしらのサプライズを与えてくれそうなので、そこは素直に期待です。


ワンピース

べラミーさんルフィの暗殺を命じられる。和解っぽくなった後でのこれは、彼にとってキツいものだなあと思いました。チンピラから一人の男に成長したであろう彼が、憧れとか誇りとか、いろいろなものを天秤にかけたあげく、どういう判断をするのか楽しみです。
そしてコロシアムはまさかの闘牛大活躍。さらにルフィが巨人をぶっ倒す。Cブロックのメイン所はドン・チンジャオだと思うので、彼との対決まではサクサクといってほしいところです。


暗殺教室

「命は賭けない方がいいと思うよ」のシーン、すごく良かったです。こういう一つの価値観(今回で言えば勉強)とは別ベクトルの強さを持っているんだぞというのを示すシーンは僕大好きです。しかし暗記の鬼くん小山くんは、いい味出しているなあ。言動や行動がいちいちキモい。
そして理事長息子が意外にも、ラスボスを食おうという存在感を見せてくれたのは良いサプライズでした。
「首輪つけて飼ってあげますよ一生ね」「私も君を社畜として飼うい殺そうと思っていたところだ」なんて美しい親子の会話なんだ(笑


ナルト

オビトさん十尾の人柱力になる。その力は柱間さんの分身と扉間さんの本体をあっさりぶっ倒したことで見せてもらいました。しかし扉間さんいくら死なない穢土転生の状態とはいえ、あっさりやられすぎではなかろうか・・・・・・


ニセコイ

今週は水着サービス回。ニセコイは健康的エロスが魅力だと思うので、前回のお風呂回とかよりも、今週くらいの方が僕にとってはサービス回です。


(Cカラー)トリコ

鉄平さんやっぱり調理されてしまっていた(>_<)
「味は思考」という料理人ジョアさんは、自由に人間の思考も変えてしまえるという能力者の模様。
はっきり言って恐ろしすぎる。すごい邪悪を感じる。美食會さんなんて目じゃないくらい、あらゆる尊厳を蝕む、悪党だ。


食戟のソーマ

ソーマくんすぐには食べてもらえないかもしれないビッフェ形式の罠にはまる。
ちょっと初歩的なミスしすぎだろうとは思うが、ここからどう大逆転していくかは普通に楽しみなので、あまり気にならない。
先週予想した、えりな嬢が創真くんを助ける展開にはならなかったけれど「・・・寝てる?」とか、いいリアクションしてくれているので、今後のリアクションにも期待。あと、えりな嬢が創真を「君」と呼ぶのがなんだかとっても心地がいい。


ワールドトリガー

小南ちゃんのすぐに騙されるっぷりと、頭のハネが素晴らしく可愛い。
あとは今週は修くんの千佳ちゃんLOVEっぷりに笑った。やっぱりおまえロリコンじゃないですかー!!


(Cカラー)ハイキュー

泣きながら烏野メンバーが飯を食う様に、こちらも思わず貰い泣きしてしまいました。チョッパーがヒルルクに貰ったパンかじって泣いているシーンとか、泣きながら食事するシーンに俺すっごい弱いのです。うわあああん顔文字
そして、「負けは弱さの証明ですか?」から、二人が立ち上がるシーンはすごく胸にくるものがありました。表情を見せずに背中で語る。見ている方が拳を握ってしまうくらい、二人の持っている力強さに感動した、名シーンだったと思います。


黒子のバスケ

赤司くんのもう一つの人格が覚醒する。「負けそうだったから負けない人格が現れた」はけっこう唐突感はぬぐえないが、キチガイ赤司くんが今後帝光をどういうチームにしていくかは、普通に楽しみだ。


斉木楠雄

夢だと思ってはっちゃける照橋さんは相当可愛いいなあ。
特に斉木の「おっふ」を見ることができてはしゃぐ様など少女のようで素晴らしい。いい照橋さん回でした。


べるぜバブ

キモ市+モブ市+ロリ市+ザコ市+フルチン+ゴミ=古市 (´;ω;`)ウッ…
しかし、フルチンはあの女の子の中に入っているとして、他はどれがそれぞえ入っているかは少々気になるところ。


ソウルキャッチーズ

最近は序盤のカウンセラー展開から変わってしっかりと音楽をしていて楽しいです。
音を導くのが指揮者の仕事ですから、大多数のオケに対して未熟でもしっかりと主張する神峰くんはカッコいい!
このまま振り回されて終わりではなく、何か爪痕を残して欲しいです。
そしてライバルキャラがいると漫画的には盛り上がりますね。


ブリーチ

死覇装の採寸思い出すなら最後の最後まで思い出してください恋次さん!そしてルキアも何故、何故思い出いしてくれないんだ!!


銀魂

この流れだと黒子野さんは死んだのかな?それともまだ黒子野本人が攘夷隊のつもりだから、さっさと時代にあわさりやがれということなのか。
ギャグで最後まで振るのか、シリアスに持っていくのかさっぱり分からん。


こち亀

商売において我慢が大事というのはけっこう大事な話。内容同じの完コピーならノウハウが勝っているぶん最終的にはオリジナルの方が強いのですよね。動かざること山のごとし。


スモーキーBB

灰村くんが怪我しちゃったことにより、結果として虎谷さんの実力はあんまり分からずじまいだったのは残念でした。
そして北里くんの心の変化を描くためとはいえ、蛇がいきなり現れて喋りだすのはさすがに違和感の方が強かった・・・


無刀ブラック

最強奥義“新月”。アルテミットルーティーンみたいなものですかな。
「柳生心陰流無刀取り」の解説シーンは、てっきり彼らが他流派を使ったと思ってびっくりしたけれど、ただの「構えはない」を言うための解説だったのですね。紛らわしかったです。


クロス・マネジ

試合決着。途中ちょとだれたところもあったけれど、蝶蘭戦はとても面白かったと思います。試合展開も魅力的でしたし、両チームのメンバーの掘り下げも試合展開にうまく組み込まれていて良かったです。
恋愛は味付けくらいで、僕個人としてはやはりラクロスメインでやってくれた方が面白いですね。
これで後はエピローグで終わりでしょうか、それともまだ続くのか、どっちなのか気になります。


恋するエジソン

スカートを覗くのに手鏡を4つ用意するというのはレベルの高い変態で好印象でしたシド−。
後、馬岡くんはきっと整形したら脳内レースも維持できなくなって変わってしまうのだろう。はっ、これが外見が変わると中身が変わるということか!