yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

映画『ワンピースフィルムZ』感想  一人の少年が見たおおいなる夢の話。胸に熱く、くるものがあった!

公開日初日のレイトショーを観賞。レイトショーなのに全席満員。観客は子ども連れの家族から、高校生などの友達集団、三十代のカップルやお一人様まで様々でした。凄い人気だと思った。

公式サイト → http://www.onepiece-film.com/

めっちゃくちゃカッコ良くて、熱くて、面白かったです。

ワンピース史上最も大迫力のアクション映像はどれもが名場面でした。ゼットVS黄猿、ゾロVSアイン、サンジVSビンズ、そしてルフィVSゼットの三度にわたる攻防、どれもスピード感がハンパなくて、強者同士がぶつかりあっているという雰囲気がばっちり伝わってきて最高でした。

サービス精神も素晴らしくて、麦わら一味の様々な衣装チェンジ、子どもナミに若いロビンという圧倒的あざとさ(時にとってもセクシー!)、そしてチョッパーのこれでもかとう癒しの可愛い動きの数々、映画の合間合間でとても和みました。

漫画本編ではまだ未登場な2年後のクザン(青雉)やボルサリーノ(黄猿)に出番がしっかり割り振られていたのも、ファンとしてはとても嬉しかったです。

ただ、気になる点としては、説明台詞が多くてテンポが一部悪くなっている場面がありました。でもそれはまあ子ども向けなので仕方がないかなと。ワンピース世界も色々複雑になってきましたしね。

そして最後の「Z」の意味が分かるシーン、これは鳥肌モノでした。

ゼットの動機やその軌跡の物語云々に関しては説明不足な部分が多くて、首を傾げる場面もありましたが(特典の千巻でだいぶ補完されますが)なんだか全部許せるラストでした。あの圧倒的な存在感を放っていたゼットという男の原点、迷いブレながら前に進み、海軍という場所で誰にも慕われる男になっていた男の原点「Z」は少年誰もが夢見る普遍的なヒーローだった。とても胸にくるものがありました。

今現在の子どもための、かつて子どもだった人のための、映画なのだなと思いました。う〜ん、ワンピース最高!


追記:ちなみに入場者特典の海賊の宝箱貰いました。思った以上に豪家で大満足でした。ワンピース千巻に、ポストカードにステッカー×2、双六にトレジャーワールドのカード、インベルタウン監獄署長のスタンプが入っていました。しかし黄金の宝箱が当たるスクラッチは外れ。ちょっと悔しいです(笑