yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

DVD『マインド・ゲーム』感想 僕は誰に対しても自分に対しても「人生がくだらない」なんて言わないことを決めた!

NHKラジオ『すっぴん』木曜日パーソナリティ中島さなえさんが、コーナーで面白いとお薦めしていたので、DVDで観賞。

公式サイト → http://www.mindgame.jp/

マインド・ゲーム [DVD]

マインド・ゲーム [DVD]

不条理で、実験的で、時系列も時折バラバラになって、なんだかよく分からなくなるが、それでも分かる圧倒的熱量が、生きていくのは楽しいという人生の肯定が、人間賛歌が気持ちのよい映画でした。

主役の西が走るシーンは全てが名場面だ!

お笑いをすごい意識して作られた作品で、難しいことを考えずに、色々なアニメーションの手法や動きを全部ギャグとして捉えることができたので素直に笑うことができた。声優が主役の今田耕司をはじめ多くが吉本芸人で固められているのも芸術的ではないとうか、お堅くならずにいい塩梅の雰囲気を出していたと思う。

冒頭に流れるわけの分からない映像の羅列が、物語を経て意味が分かったのは鳥肌だった。

いくつもの人間がそれぞれ別の人生を生きている。そして“if”がないのが人生だが、それでも僕たちは色々な可能性を持っていている。いつだって、より明るい“if”に行くことができるかもしれない。そんなことを考えた。

今日は嫌なことがあって喧嘩して「お前の人生はくだらない」とか言われて落ち込んだけれど、そんな憂鬱な気分が一気に吹っ飛んだ。すっごいパワーに溢れていて元気になれるとてもいい作品でした。


追記:それにしてもキャラクターデザイン的にはまったく好みでないのに、ヒロインのみょんちゃんから全編に渡って流れ出るエロスは一体何だったのか。う〜ん、素晴らしい…