yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 W杯三次予選 VSタジキスタン 感想


日本(8−0)タジキスタン  日本勝利


直前のベトナム戦の不安を払拭する圧倒的勝利。今まで見たこともない夢のようなスコアで終始テンション高く楽しく見れました。

タジキスタンは引いて守っていたもののゴール前を固めるばかりで、ボランチそしてサイドへのプレッシャーがほとんどなく、遠藤、長谷部、駒野、長友がほとんどフリーでボールを持てたためやりたい放題でした。ゴール前も高さに秀でたハーフナー、密集地帯に強い香川、飛び出しのタイミングが絶妙な岡崎、針の穴を通すほどのスルーパスが通せる憲剛と、ただ数を集めただけでは止められないメンバーだっただけに完全に作戦ミスだったと思いました。いや、むしろ相手が引いてくることを読んでハーフナーや憲剛をチョイスしたザックの作戦勝ちともいえるゲームだったともいえるかなと思います。

以下、各選手の評価


スタメン

川島(6.0)・・相手のシュート0本。出番なし。
今野(6.0)・・出番がほとんどなかった。たまにある出番も吉田と2人で完璧に抑えた。ただしイエローは不要だった。
吉田(6.5)・・今野と一緒に守りは言うことなし。CK時にターゲットにもなっていて存在感を見せた。
駒野(7.0)・・代表初ゴール。ハーフナーへの2アシストも見事。フリーの状態からクロスを何度も上げてチャンスを演出。
長友(6.5)・・フィジカルとスピードで相手を圧倒。次元が違った。
長谷部(6.5)・・積極的に攻め上がりいくつもチャンス作っていた。ただ本人がインタビューで言ったとおりミスもあった。
遠藤(7.5)・・まさに遠藤無双。プレッシャーがほとんどかからない今回のゲームはまさに彼の掌の上という感じだった。
岡崎(7.0)・・飛び出しの動きの質が高く、相手がついてこれてなかった。憲剛やハーフナーともよく連携とれていた。
香川(6.5)・・難しいゴールを良く決めたし、技ありゴールも決めた。調子が悪くても決めれる得点力はさすが。
中村憲(7.0)・・中央でサイドでパスにシュートに存在感を見せていた。後ろでゲームを作ってくれるので水を得た魚のように動けていた。
ハーフナー(7.0)・・もの凄い高さで相手を圧倒。彼が前半、後半の最初で得点を決めてくれたことが今日の大量点につながった。


交代選手


李 (5.5)・・ゴールに向かう姿勢はあったが空回りしていた。もっといつも通り周りを活かす動きを意識した方が良かった。
細貝(5.5)・・大量リードのあるゲームの割に消極的だった。自らゲームを作るんだという気概が欲しい。
藤本(5.5)・・ゲームにうまく入っていけてなかった。途中出場なんだから流れを変えるアクションを積極的にしてほしかった。


ザック(7.0)・・ベトナム戦から短い期間でちゃんとチームを修正してきたのは流石。ただ、交代選手は力を発揮できなかったのは残念。