yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 15年 43号感想

ジャンプ+のスマホタブレット直筆企画は天野先生と矢吹先生の応募が凄そうだ。


今週のアンケート 1位:左門くんはサモナー 2位:ワンピース 3位:火の丸相撲


(新連載)(巻頭カラー)左門くんはサモナー

「これは私が地獄に堕ちるまでの物語である」冒頭にでも掲げられ、ラストにでも示されるこの宣言で、一気に物語に引き込まれました。
「天使ヶ原さんマジ天使!」なのは、下呂くんのエピソードに止まらず、読み進めていけばいろいろな場面で散見されて彼女の好感度があがっていくのですが、醜く欲望まみれに堕落させようとする左門くんとの対立構図が現れることで、白いキャンパスを俺色に染めあげたい的といいすか、なんというか屈折的な楽しみ方が発見されて面白くなってきました。
それでいて変な一線は越えなさそうでちゃんとしたコメディになりそうですし、面白くなっていきそうです。
あと、ラストのページのの二人の身長差いいですね。ラブコメとしても期待しています。


ワンピース

バルトロメオさん達「親子杯」ではなく「子分杯」を勝手に飲み干す。
説得の部分を多少はしょっている感はありましたが、それでも「この世で一番自由な奴が海賊王」というルフィの精神性を尊重したうえで、大艦隊の麦わら一味を見てみたいという読者の希望にもしっかり答えている、問題のアンサーとしては納得のものだったと思います。燃える展開です!


ヒーローアカデミア

峰田(笑)!! 「俺のリトルミネタはもう立派な万歳行為なんだよ」の口上すっごく面白かったです。
悪より生まれた正義の力、ワンフォーオールの成り立ちはすごいアメコミっぽい。先代の死などについて語られなかったのはまだ出久くんがそれを受け止める段階にないからですかね。死柄木さんとどちらが先に成長するかという意味でもハラハラしそうです。
そしてオールフォーワンさんは頭が半分ないデザイン怖い・・。堀越先制はこういうところ容赦がないので好き。


暗殺教室

みんなあっさり私立は本命か滑り止めに合格。本当にあっさりだった・・。まあ受験というのは意識しすぎないくらいが丁度いいという松井先生のメッセージなのでしょう。なので今週の見所はビッチ先生がバナナ食べているところでした。


(Cカラー)(連載2回目)ものの歩

信歩くん将棋を頑張る。10枚落ちとはいえ奨励会員相手に素人が勝ったのだからその才能は疑いようがないですね(ただしこの凄さが小学生に伝わるかどうかは疑問ですが)。
信歩くんが勝った後のみなとちゃんなど周りの反応は良かったですね。認めつつもちょっと気にくわない感じがリアルかつコミカルです。
あと、香月ちゃんなのか香月くんなのか、彼彼女の性別が未だに分からない・・


火の丸相撲

沙田くん、修羅の相(名前が格好よすぎる!)。
実力者の親方が「速すぎる!」などとリアクションをとってくれるおかげで沙田くんのものすごさが伝わってきて良かったです。なにをしても通じない、新技などの希望すら軽く刈り取る沙田くんは今週も恐ろしかった。
そして双月、未完の火の丸くんに対して既に完成されていた沙田くんの関取すら投げる技。もの凄い迫力で、はっきり言って防ぐ手だてがまったく思いつかないんですが、来週どうなってしまうのでしょうか・・?


ブラッククローバー

給食の王子ユノ。ユノくんに変な属性がついたのは良かったですが、チャーミーちゃんの出番がユノくんに絡ませて(戦闘終わりまで守って)終わりだけでは悲しいので、この後にもう一つ活躍を期待しています。
そして炎の隊長ヴァーミリオンさんがアスタくんに変わって参戦。ライバルさん(名前思い出せない)とは一体なんだったのか、もっと上位互換のライバルさん来ちゃったよ!


ハイキュー

影山くん乱れるも日向くんのセンスでなんとか第4セットをものにする。練習が土壇場で活きるという描写はやはりいいですね。
しかし影山くんの体力尽きはこれでもかというこらいに説明されたし、スタートは菅原さんだしで(本人が悪いわけじゃないが影山くんには劣ってしまうので)、第5セットは初っぱなから不安です。頑張れ。


食戟のソーマ

思った以上にあっさり新総帥が決まって拍子抜けです。もうちょっと会議とか紛糾したりして、その時に各々の思惑とか知れて盛り上がりそうだと思ったのですが。
とりあえず丼研は潰されること確定で、えりな嬢は完全に虐待されてますよねこれ。えりなパパには早く本性を露わにしてもらいたいです。


背筋をピン!と

土屋くんプロポーズ。いや、これはプロポーズを越えたパートナーとしての宣言だ。パートナーとは一心同体、だからこそこれくらいの男気は見せてもらわないと困ります。
あとは八巻くんの憎まれポーズと塚橋さんの土屋くんわたりちゃんに対する信頼感が心地よかったです。周りに愛されているなあ。


(2号連続読み切り)(Cカラー)バクマンAGE13

久しぶりのバクマン。読んでみて色々思い返して、映画も見たくなったので販促物としてはとても良かったです。
シュージンが将来結婚するのがこんなに推されている岩瀬さんでもなく、憧れていく亜豆ちゃんでもなく、そこの邪魔なポニーテール(香耶ちゃん)なのが結末を知っている身としては感慨深いです。


銀魂

喜々さんの言っていること支離滅裂で、無能これに極まれり。これ完全に自滅ですわ。でも、こういう人現実でもけっこういたりするから困る。
高杉さんは第七師団の残党と一緒にいた。元々の同盟相手ですから助けられているのは分かるのですが、どういう流れでしたっけ?


トリコ

アカシアさん復活する。三虎さんの対決、次郎さんの封印を解く状況も含めて盛り上がってまいりましたが、トリコ達が完全にかやの外なのですがどうしたらいいんだ・・。
そしてラストの引きはドン・スライムがアカシアさんに対抗できる唯一のグルメ細胞の悪魔かよ!小松たちのいるところにいるの全然弱そうなのですが・・


斉木楠雄

強さを求めてすぎてはいけないという教訓に溢れた漫画ダッタノカナー?
とりあえず遊太くんは色々危ういので(サイコパス的資質が多分にある)ちょっと怖かったです。


ワールドトリガー

迅さんやんわりと断る。非常にいい手だと思ったのですが、そうはいかなかったかー。個人的な意見としてはチート級になる三雲隊も見たかったので残念でした。
そして隊長集結。しかし4位と6位がいないみたいですがどこに行ってしまったのでしょうか。


こち亀

コンテナハウス、田舎だとそれでちょっとした土地に小さい店とかやっているのは確かにいますね。ブームだったのか?
そしてオチのこれは両さんが悪いんじゃなくて、どう考えても勝手に住み込んだ職員とミスしたクレーン操縦士が悪いんじゃないのかなあ。


ニセコイ

えっ、楽くんそんなことくらいで引き下がってしまうのですか。
お願いすれば聞いて貰えるなんてそんなわけないでしょうが!
何が「絶対なんとかしてやる!」だ。「お邪魔しました、失礼します」じゃないだろう。そこは母親を人質にとっても万里花ちゃんを助けろよ。幸せにしてやるって男気みせろよ。
万里花ちゃん好きとしては、ストレスしかたまらない展開で正直辛いです。


ベストブルー

尾永くん完全に主人公だ! 
屈辱を晴らすために今までの得意種目を捨て、人知れず努力を積み重ねる。敵を舐めている青野くんが目じゃないくらいの主人公だ!
芽城くんにも超絶信頼されているし、もう尾永くんメインでいいんじゃないのだろうか(笑)


ブリーチ

うわあああああああ、ネムさん死んだぁぁぁぁぁぁぁぁ!
脳が生き残っているからまだ復活の芽はありますがけっこう衝撃でした。
そしてその死を受け入れるマユリ様は、ひよっていないいつものらしいマユリ様で素晴らしかったです。これで決着していて欲しい(完聖体はなしでもいいよ!)


カガミガミ

本部守護のサイノカミが思った以上に強力(相手が全滅を覚悟するほど)なのはびびりましたが、これなら式神協会の皆さんが席を空けても大丈夫だと感じていた理由にもなったので良かったです。
そしてホローラビットさんセントラルドグマに至る。これはもうセカンドインパクトですな。滅亡を楽しみにしています。


磯部磯兵衛

磯部衛夏休みボケとかいう以前に引きこもりだろこれ(そんなに前回の事がショックだったのか・・?)
ともかく友情パワーの話なのは良かったです。愛されている磯兵衛。