yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーアジアカップ2011 決勝トーナメント1回戦 日本VSカタール 感想

日本(3−2)カタール  日本勝ち

日本強えーーーーー!!
まさに劇的勝利。10人になってすぐさま点を取られて勝ち越された時は、なんとか守って時間内に同点に追いついてくれとか思っていたが、まさか逆転できるとは思わなかった。後半の苦しい時間帯に驚くべき集中力を魅せてくれた。日本の地力がここまで上がっていたのかと驚いた。
本田ー岡崎ー香川のラインはアジア最強と言っても過言でない。カタールは正直かなり手強かったが、それでもひるまずに攻め続ける姿勢は本当に感動した。やったぜ!


以下、各選手の評価です


スタメン


川島(5.5)・・いいセービングもあったが2点目のフリーキックは壁の指示も含めて不用意だった。1点目は仕方が無い。
伊野波(6.0)・・クロスの精度が悪く、守備も不安定だったが、決勝ゴールは良くやった。本当に良くやった!
吉田(4.5)・・セバスチャンを良く抑えてはいたが、1点目の簡単に振りきられたシーンと、退場に至ったプレイはいただけない。
今野(6.0)・・守備安定。スピードや高さが勝る相手に対して、うまく体を入れ、1対1で負けていなかった。
長友(6.0)・・中に切れ込んでシュートを打つ姿勢は良かった。守備は可もあり不可もあり。
長谷部(6.5)・・守備に貢献。後半苦しい時間帯での積極果敢なアタックは日本に勇気を与えた。決勝ゴールに繋がる香川へのパスは素晴らしかった。
遠藤(6.0)・・今日は厳しいマークにあって決定的な仕事はできなかったが、守備に攻撃に良く動いていた。
岡崎(6.5)・・裏へ抜ける動きはアジアでも屈指だと確信できる動き。1点目は彼の得点。
本田(6.0)・・前線でのいい起点になっていたと思う。怪我で調子はあまり良さそうではなかったがプレーの出来はそれほど悪くなかった。
香川(7.0)・・3得点全てに絡む動きで勝利に貢献。ボールのファーストタッチの柔らかさは流石。決定的な動きは前までも出来ていたがやっと得点に結びついて良かった。
前田(5.5)・・ポストプレーで敵を引きつけていたがボールロストが多かった。敵のセバスチャンくらい技術で抜く姿勢を見せればワンタッチポストも活きてくると思う。


交代選手


岩政(6.0)・・急な出番で難しい起用のされかただったがうまく対応した。攻めに守りに「やってやろう!」という気概が見えた。
永田(−)・・今大会初出場おめでとう。時間短くて評価できず。


ザッケローニ監督(6.5)・・岩政を前の試合で使っていた事が今日の試合は活きたと思う。「動かざること山のごとし」で最低限のケアーだけはしっかりして選手を信じたのがいい結果に結びついたと思う。交代選手1枚温存しておいたのも高評価。