yukiakiの日記

映画とサッカーと漫画と猫が好きな男の生存確認ブログ 週刊少年ジャンプの全漫画の感想を書いて12年目

週刊少年ジャンプ 2022年 41号 感想 

今週のアンケート 1位:ワンピース 2位:ギンカとリューナ 3位:アオのハコ

 

(巻頭カラー)(新連載)ギンカとリューナ

めっちゃワクワクする第一話でテンション上がりました。

「魔術師に不可能はない」と教えられた少女が成長して同じ言葉で師匠を説得して旅に出る展開は美しかったですし、ギンカ復活時の謎の躍動感、いきなり始まった怪獣バトルを一撃で決める意外性と爽快感、沢山の「これやべー、オモシレー」が詰まっていました。

もう第一話でギンカもリューカも好きになったので、第二話以降は世界観の開示が楽しみです。

 

ワンピース

情報量が多すぎるだけでなく、その全てが面白くて溺れそうです。これがワンピースという漫画の底力か……。

放っとけないヤマトさんの笑顔好き、マルコとルフィのエースを絡めた会話泣ける、ルナーリア族にハンコックやミホークの遺伝子を組み込んだであろう新型パシフィスタのセラフィムが想像以上にエグイ、黒髭以外の海賊と海軍ほぼ全てを壊滅させたハンコック強い痺れる、そのハンコックを追い込み殺そうとした黒髭怖い、そして被害の大きさからにらみ合いになった所でレイリーが介入してコビーの身柄で戦いが手打ちにされた結末、もう全てが最高に興味深かったです。

どんどん風呂敷広げて面白くなるな『ワンピース』!

 

呪術廻戦

なんか河童と爺が苦楽を共にした仲間達に見えてきたな……気のせいなんだけど……いや河童は師匠であり友でありライバル的存在か……?(脳がバグっている)

そして直哉くん領域展開。元がアニメーション術式なので、どういうものになるか楽しみです。パチンコ領域と被らない事を祈っております。

 

(Cカラー)(連載2回目)大東京鬼嫁伝

デフォルメまなかちゃんカワイイな。特に「アア゛~ッ」と目をペチンとやっているコマ好きです。

冒頭下のカラーページと通常ページをまたぐ見開き最初意味分からなくて混乱しました。その他もお話の進め方や会話のテンポが独特で、まだちょっと掴みきれてない感じですが、慣れてくれば味になりそうなので様子見です。

 

SAKAMOTO

生徒から没収したTNT爆弾笑った。物騒すぎるだろJCC(笑)

そして佐藤田先生とのバトルは、体育館舞台でシンくんがバスケゴールにシュートされるのは気持ち良かったです。環境利用バトルサイコー!

そして、勢羽さんと晶ちゃんとシンくんの協力展開はテンション上がりましたね。仲間の思いを背負うシンくんカッコイイとなりました。

 

アオのハコ

菖蒲ちゃん可愛すぎるだろ!!

扉絵も美人でインパクトありますが、驚いたり笑ったり泣いたり、コロコロ変わる表情がとても魅力的でした。

マネージャーになったきっかけが遊佐くんだったのは意外でしたが、悪い虫認識で千夏先輩に退治されるにしても、雛ちゃん発奮&引っ掻き回し要員としても、これから大喜くんに惚れるにしても、どれも美味しそうなので、予想より遥かに楽しみなキャラクターで嬉しいです。

 

(Cカラー)あかね噺

カラー扉絵、一歩間違えたらオタサーの姫みたいな構図だなと思いました。アカネちゃんハーレムだ!?

本編は「祝い事は本気でやれ!半端にやるな!」はその通りだと思いました。カッポレ、カッポレ!

最後の志ぐま師匠の語りは普通に何を話すか気になります。そしてこれが終わったら女子高生編とか終わってしまいそうですが果たして。

 

逃げ上手

望月流兵法は丸太で闘うのか……。丸太と大剣対決は見物ですな。

そして石塔さん、敵ながら「脳内にいる女こそが男を強者に育てる」はなかなかに魅力的な意見なので、ハッタリではない事を願っています。

足利軍の強さはけっこうちゃんと分かったので、諏訪軍のそれぞれの場所での反撃を期待しています。

 

アンデラ

ラグナロクに神「サン」が降臨する。

真っ黒な巨体で肌がポコポコしている感じは不気味さがあってラスボスの貫禄ありましたし、「待ちに待ったこれがクソカミ野郎かぁ、やっと面見れたぜぇ」という気持ちにさせてくれてテンション上がりました。

負けイベントではありますが、現行メンバーで少しでも神を脅かして欲しいと思います。

 

(Cカラー)夜桜さんち

カラー扉絵は月見の夜桜一家。百さんの存在しない世界の安心感よ。

本編は金級の虎狼先生回。嫌五くんがメロメロという珍しいものが見れましたし、虎狼さんのおっぱいの間から鞭を出すというセクシーさ(刺青あり)と強者の佇まいは、一話でものすごいキャラ立ちで素晴らしかったです。この魅力ならたくさんの変態製造機とになっても仕方がなし!

 

ウィッチウォッチ

デニム道……メンドクセエという感想しか出てこないですが、人の好きなものに対する拘りというのは他人が簡単には理解できるものではないので、こういった道もあるんだと知ることこそが教育だと思うので、良い話だったと思います。

 

ブラッククローバー

ワンピースのワノ国編が終わったと思ったら、ブラクロで日の国編が始まったぁー!

龍彌さんという明らかに心を読んでいる人との会話が違和感バリバリで面白かったです。

修行イベントだとは思いますが、猶予は7日とあとちょっと位しかありませんがどうするのかな?

 

ロボコ

モテモテボンドくん。

ミユミユがこの争奪戦にガチ参戦してきたのは驚きましたが、ここまでモテると修羅場になって逆に羨ましくはならないな……。

あと、モテ杉くんの狂気は気持ち悪くて好きです。この後は「僕の指をさっきのタコみたいにハフハフしてよ」と言うんでしょ、ボク知ってるよ。

 

マッシュル

ドットさん普通に撃ち勝つ。

期待していたものとは若干違いましたが(協力技が見たかった)、三男さんとプリンの思い出がバカすぎたのと、妹缶バッジで助かる展開に笑ったので「ヨシッ!」でした。

 

高校生家族

家谷一家対立する。平等に愛情を注いでいても、結局は一票として選らばなければならない、これが選挙の残酷さだ!

個人的には、公職選挙法があったら違法レベルのエゲツナイ事を春香ちゃん陣営がしてるので光太郎くんに勝って欲しいですが、一番は第三者が勝つことなので、他の候補がいてくれたならと思います。

 

(読み切り)大いなる散歩

理屈は会話でなんとなく分かっても、絵面がどうしてこうなっているか最後まで理解できなかったです。

なんで首輪で繋がってるんだとか、ブルースが人を襲ってないのは何故なのかとか(噛んで感染とかなら口輪しろよとか)、ともかく変な読み切りでした。変だった。

 

PPPPPP

怖っ!!!

霧?の中から幽霊みたいなラッキーくんが出てくる演出ビビりました。

運くん曰く、本人の信じている最上位のものらしいですが、これが先週ソラチカさんが言っていたものなのかは気になります。

それにしてもソラチカさん、無から空を、空から神を創り出す演奏、音上七つ子最強の前評判に相応しい格でした。

 

ALIENS

人や異星人を丸焼きにしてそのまま飲みにいく敵、理解し難い気持ち悪さがあって良かったです。

ほのぼの公務員ものから一気にハードボイルド刑事物語ジョブチェンジした感じがありますが、一気に面白くなっているのでOKです。

 

すごいスマホ

ボーケンさん(とレイさん)仲間になる。

全員の身近な者の死やQくんの弟の情報がガードされていることは、確かに他の人には気づかれにくいQくんだけが持っている情報だったので、そこから相手の情報を引っ張り出す&ボーケンさんの共感を得る展開は良かったです。

別に最初から殺しあいではないですからね。目的が近い者同士がつるむのは納得です。