yukiakiの日記

映画とサッカーと漫画と猫が好きな男の生存確認ブログ 週刊少年ジャンプの全漫画の感想を書いて12年目

週刊少年ジャンプ 22年 07号 感想

今週のアンケート 1位:高校生家族 2位:アオのハコ 3位:ヒーローアカデミア

 

(巻頭カラー)アンデラ

表紙のVは二周年のV。カラーも失われた春と普遍の秋が映える感じ良かったです。

本編は「俺もあんな風に死にたい」と、改めてこの物語がアンディが最高の死を迎える物語だと再確認できる展開。そしてそれが近づいていることも実感できてワクワクしてきたところで、まさかの変態さんが影から登場!?

えっ……どういうこと?

正体含めて次週が気になり過ぎます!

 

呪術廻戦

正直必中効果云々の説明はよく分かっていませんが、伏黒くんの分身使ってのタコ殴りや、レジィさんの領域の弱点を見抜いての駆け引きなど、見所がたくさんある戦闘は面白かったです。レジィさんの「俺って感じだよな~」の台詞回しも好きでした。

 

ワンピース

カイドウさんとっても楽しそう。ワンピースらしい技の応酬で面白い闘いです。

そして最後に五老星が言及しているのはゾウの事なのかゴムゴムの実の事なのかハナハナの実の事なのか。何より更に場を急変させる存在の介入で次が楽しみ過ぎです。

 

SAKAMOTO

篁さんの引き金を引く指を切断しながら宇田さんの喉を突くアクション痺れた!

バンバン欠損させていくの迫力ありますし、致命傷を負った結果自爆に切り替える宇田さんの忠誠心と判断凄かったです。宇田さん間違いなくこの事件のMVPですよ、合掌……(最後の行方不明が宇田さんだとすると復活もあるかなですが)。

 

ヒーローアカデミア

相澤先生がしっかり先生してるのが良かったです。厳しい道を歩ませる。でも突き放してではなく、先生として生徒を守る事を前提として厳しく接っして導く。大人でした。

そして作戦は分断が最低条件。それはそう!

青山くんだけではない、他にも色々な作戦を展開して、この相手には誰それみたいな形で挑むのでしょうが、全貌が明らかになるのは闘いが始まってからでしょうか。

ともかくオールスター総進撃は心操くんの登場等からも確定であろうので楽しみです。

 

(Cカラー)夜桜さんち

カラー扉絵はお正月夜桜家。寅ゴリアテと富士山凶一郎さんが可愛かったです。

本編は七悪くん回であると同時に、凶一郎兄さんがちゃんとお兄ちゃんしていてグッドでした。長男だから苦味にも耐えられる、次男だったら耐えられなかっただろう(笑)

 

しゅごまる

森木さんキャラのインパクト強いな(笑)

ドラゴン大好きしゅごまるくんと、遊戯王茶番にのっかってくれるサナギさんにほっこりしました。

最後急展開だけど、アンデラがあったせいで笑ってしまいました。恐らく意図してないでしょうがパロディになっていた。

 

ウイッチウォッチ

片目つぶって舌出して「ごめんね~」みたいな顔しているミハルくんあざとすぎるでしょ!これは「ぐぬぬ・・」と唸るしかないですわ・・・。

あと、ミハルくんは顔に大火傷とか他のキャラクターだと取り返しがつかない事態もギャグにできるの強いなと思いました。

部屋も埋まって主要メンバー揃った感じでここからどんどん面白くなっていくの期待です。

 

ドロンドロロン

ちょっとヤンデレ入っているアサヒちゃんの扱いが上手いなギンチヨさん。こんなところでも優秀だ。好き。

そしてここでドラくんの親の敵が登場。クサナギとの抜群の連携が怒りでどうなるか心配ですし、ギンチヨさんよりも圧倒的格上の存在なので、どうなるか気になります。

 

ロボコ

グレたガチゴリラもモツオ笑った。

しかし合併号ボンドはポンコツとか要介護とかを通り越して、もはや年に数回死にかける事確定の難病指定の領域ではなかろうか……。いつか友情パワーできっちり治して、穏やかにジャンプを楽しんで欲しいものです。

 

(Cカラー)(読切)GAIN

ゴルフとう題材の絵面が地味問題を、お金を絡ませることで感情の起伏と緊張感を生み出してく手法は工夫していると思いましたが、ある意味主人公が完成しすぎていて才能だけで簡単に乗り越えてしまっているのは、ちょっと効果が薄かった印象です。それでも最後に師匠の「金のためなら」をまっすぐ「家族のためなら」と言い返したのは主人公らしい芯を感じられて良かったです。

寺坂先生は『ビーストチルドレン』のポエミィな感じ好きだったので、またスポーツものの新作期待しています。

 

アヤシモン

「感謝だよ」妖怪よりも何よりもマルオくんが一番イカれているのでは?

うらら姐さんの切り札が披露されなかったのは少々肩透かしでしたが、独歩さんの反応が良かったので、この激突が終わった後も期待です。

 

ストーン

流水くん宇宙に飛び出る!

その後のグルグル流水くんも含めて大活躍で格好良かったです。

髪の毛が石化で失敗すると言うのもこの漫画独自の理由で唸りました。ドッキングはドラマだ!

 

アオのハコ

大喜くん千夏先輩、雛ちゃん共にグッドコミュニケーション!

千夏先輩派の私は二人きりの秘密の時間の共有に加えて花火が上がった瞬間歓喜しましたが、同時に一人待っている雛ちゃんを思って「雛ちゃ~ん(涙)」と唸ってしまいました。

最終的に少し報われた雛ちゃんが良かったなあと思いつつ「また来年来たいね」のコメントに大喜くんが「そうだな」と答えているのは千夏先輩の事を考えてだと思うとちょっと雛虐が過ぎると震えました。雛ちゃん……(涙)

 

高校生家族

梅澤お父さんの「遅えよ……高校入るの!」大爆笑しました。

この感動的なのか奇妙なのか訳が分からない感情、高校生家族は押されたことのない笑いのツボを押して開拓してくる感じタマラネエな!

 

(Cカラー)あやトラ

カラー扉絵は寝……バッ…クだと……。これ絶対入ってるよね(笑)

本編は様子を見に行くすずちゃんが相変わらずの独占欲で笑った。

ルーちゃんが一人で暴走して不思議少女っぷりを発揮しているのは可愛かったです。理解できないけど善良で愛くるしい存在は小動物的でカワイイと思います。

 

逃げ上手

逃げて受けの時行くんではない、追って攻めの時行くん、いつもと違う味があって良かったです。

それにしても、北条の跡継ぎとして「覚悟完了」してるな時行くん……。

「年齢肌が痛い」は面白かったし地味に仕返しになっていて面白かったです。

 

ブラッククローバー

最強の称号「魔法騎士団団長」!

先週は「勝てるビジョンが見えない……」となって今週実際にボコボコにされるわけですが、一切団長達の格を失わせずカッコイイのは流石の作劇でした。

律儀に手をパタパタ振って攻撃防いでるルチフェロさんもお茶目で良かったです。

 

PPPPPP

暴君ミーミンちゃん。

ミーミンレンジャーも、エリーゼ言いまくる適当ベートーベンも、どちらも「半端」という印象ですが、どう仕上げてくるかは興味あります。

フルスさんも絡んできそうなので彼女の立ち位置が気になります。最終的にラッキーくんの彼女としてミーミンちゃんに認められて欲しいです。

 

マッシュル

「魔法が使えてもこの程度かね」良い煽りでした。

マーガレットさんとかの闘いどうなったのか気になりますが、ド本命はマッシュくんvsドミナさんなので、巻頭カラーで一気に勝負盛り上がってくれたらなと思います。

 

マグちゃん

ウニ助の「同じサプライズにどう反応していいか分からない」笑った。ある意味今回の事件一番の被害者だな(笑)

上位存在の総力戦も熱い展開ですし、その最初のきっかけがマグちゃんが流々ちゃんに頼る事から始まるというのも良かったです。

上木先生には信頼感しかないので、感動とほっこりがたくさん詰まった物語を楽しみにしてます。