yukiakiの日記

映画とサッカーと漫画と猫が好きな男の生存確認ブログ 週刊少年ジャンプの全漫画の感想を書いて12年目

週刊少年ジャンプ 21年 50号 感想

今週のアンケート  1位:アヤシモン 2位:ヒーローアカデミア  3位:マグちゃん

 

(巻頭カラー)(新連載)あやしもん

妖怪なんかより本当に怖いのは人間なんですねえ……(物理)

主人公が色んな意味でぶっ飛んでいて面白かったです。カラー扉絵の見開きでもビックリさせてもらったし、車持ち上げる所等の絵力も強かったので、期待しかない新連載で嬉しいです。

あと、ウララ組長のビジュアルデザインが既に国宝レベルでカワイイので、それが毎週拝めるのも楽しみです。

 

ヒーローアカデミア

「新秩序」は反発する!

スターさんの我が身を犠牲にしてでもの覚悟と、予想を越えてくる反撃の鮮やかさに大興奮でした。

個性に宿った魂の荒々しさと、少女のような現実の笑顔の対比も良かったです。

多くの魅力的なキャラクターが多いこの漫画の中でも、一気に輝きを放ってトップクラスに好きになれるキャラクターでした。本当に、本当にここで死んでしまうのが惜しいキャラだ……合掌……。

 

呪術廻戦

虎杖くん予想通り渋谷事件の件が裁判のネタとして上がりましたが、真っ直ぐにこれを認めたのは衝撃的でした。

彼の性格的にも納得ですし、それによって日車さんの何かが動かされそうな雰囲気は予想していなかったので、来週が楽しみです。

 

ストーン

インターネットを作る話、まさかガチで海底ケーブル網を全世界に敷く展開になろうとはっ!

俺らのインターネット環境もこういう大工事を色んな人がこなしてくれたからの恩恵なんですよね。

月行くメンバーは誰になるのかな。勝手に千空くん、司さん、龍水くんだと思っていたけど予備メンバー含めて誰になるかは楽しみです。

 

ロボコ

尊敬してる人を他人が呼び捨てにしているのを聞くと「イラッ」とする気持ち分かるよロボコ……。

アンミカ姉さんはフワッとしか知らないので、今週勉強になって良かったです(関西弁で喋る人だと言うこともこの漫画で初めて認識しました)。

 

(Cカラー)夜桜さんち

お化けが怖い辛三兄さんと二刃姉ちゃんがカワイイ。特に二刃姉ちゃんの怖がり方は意外性があって良かったです。

そしてギャグ回かと思ったら一気にシリアスに。二代目がある種のキーパーソンになるのは定番ですが、普通に面白い展開なので楽しみです。

 

アオのハコ

千夏先輩……そんな……なんで……線を引くの?線を引いて許されるのは4ファールに陥った魚住だけだよ……俺は寂しいよ……

「忘れよ」なんてキスした以上の関係じゃないと使わなくないですかとも思いつつ、これにより雛ちゃんのターンがきそうな感じなので、とりあえずはそちらに注目したいと思います。

 

SAKAMOTO

太っている坂本さん好きな私が歓喜する展開でグッドでした。

そして後半タワーバトルにおける空中浮遊感は最高でした。この漫画のアクションは毎度決めゴマの構図がキレッキレですな!

 

(Cカラー)あやトラ

カラー扉絵、百合じゃないけどすごい濃密な百合成分が溢れていて良かったです。

スイートポテトを泣いて食べながら長年の愛の告白するというシチュエーション、あまりにもすずちゃんらしい独特な「好き」で、すごく嬉しくなってしまいました。

スイートポテトが二人を繋いだんだな。きつか二人が結婚したら記念日の度にスイートポテト食べて欲しいです。

 

逃げ上手

軍記物として面白すぎて震える!

伝令の重要性が再認識できる構成といい、将の能力を最大限活かした雫ちゃんの妙計といい、そしてそれら全てを見据えて更に先の事まで手を打つ貞宗さんといい、優秀な者同士がその計略をいかんなく発揮して戦う様は心が踊ります。この絶体絶命、時行くんがどう切り抜けるか楽しみです。

 

PPPPPP

凡才が羨ましいから(相手のために)一位や入賞を獲りたがる性格歪んでいますねレイジロウくん。この歪みを作り出した音神父許せねえ!

次の課題曲が家路なので、ラッキーくんの演奏がレイジロウくんの願いを叶えてくれることを楽しみにしています。

 

高校生家族

ゴメスの噂が勝手に一人歩きしてるのクソ笑った。猫じゃないのに校長室でうんこするのがクセになってる高校生とか恐ろしすぎだろ(笑)

あとバレー部の先輩は元ガチ不良なんで普通に怖いの良かったです。

 

アンデラ

十三人一種プライバシーの侵害やぞ!

心の声を勝手に読まれるとか恥ずかしいですね。しかし一方でこれは諸々の本音が明け透けになることで、神への共闘フラグが更にたったとも言えるかもしれません。

不運が通ったけど、風子ちゃんけっこう満身創痍なので、体力大丈夫かな?

 

(Cカラー)マグちゃん

マグちゃん笑う。

あのマグちゃんが笑うなんて『エヴァ』の綾波レイが笑うくらい尊く価値あるものだと思うので、めちゃくちゃカタルシスありました。絵の力、シチュエーション含めて完璧だったとすら思います。

あと、解釈違いを起こしているミュッさま面白かったです。

 

ウィッチウォッチ

変人生徒会勢揃い。一つ一つはそんなに刺さらなくても、これだけ大量に投入されると過剰摂取で笑ってしまいました。

『NERU』のナイフなめにめ圓光寺先輩は海外じゃなくてこっちの世界に来てたんですな……。

 

ブラッククローバー

みんな大好き黒の暴牛の団長ヤミさん。

どストレートに爽やかに、言葉と感情がのった再会のシーンを描いてくれて感動しました。

あとヤミさんの思い出の中に紫苑の鯱のゲルドルさんいたの(しかし「優秀なのに」には登場しない)、ちょっと面白かったです。

 

(読切)マゲルちゃんのおつかい

マゲルちゃんがちゃんと子どもっぽいの良かったです。

ピーマン大人になるとあの苦味はけっこう好きになりました。ピーマンの肉詰め美味しいよう……

 

(最終回)NERU

真ヒロインは朱琵さんだった!?

要ちゃん推しでありましたが、最後は一気に差しきられてしまいました。最終回において第一話を絡めた演出、お互いの人生を変えた相手として対比されてしまうと、もう認めざるを得なかったです。

五年後にとんだ最終回は、色々とその間の学園生活や卒業後の関係性を予想できる事が多かったですし、ネルくんが騎手になっているといった未来も「なるほど!」感あって良かったです。

残念ながら短期打ちきりとなってしまいましたが、静かな動作も激しいアクションもどちらもかなり格好良く描ける様は好感度高かったので、またジャンプで連載挑戦して欲しいです。比良賀先生の次回作に期待します。

 

マッシュル

マッシュくんの攻略法が全部意味が分からなくて最高でした。既に亜光速くらいの速度出てませんかマッシュくんのスピード(笑)

あと、ランスくんが実はビリヤードで飛ばされていた事が明かされたの笑いました。ある意味ドットさんよりも扱いが軽いぞ。