yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 19年 38号 感想

今週のアンケート 1位:ヒーローアカデミア 2位:チェンソーマン 3位:サムライ8

 

(巻頭カラー)ネバーランド
3周年カラー。グラサンマッチョのシスタークローネはやはり美味しいキャラクターだった。
そして鬼同士の戦争は、あまりのノーマンくんの手際の良さに、一気に佳境まで闘いがいってしまってちょっと消化不足ですが、敵ボスさんが全然動揺していないので、格を見せて欲しいと思います。

 

鬼滅の刃
上弦の壱さんは相変わらず力は圧倒的ではありますが、今週の時透くんの「死ぬなら役に立ってから死ね」といった覚悟のガンギマリ具合を見ていたり、「痣を出した者が例外なく死ぬ」と話して動揺しない岩柱さんとの会話などから、だんだんと鬼らしい心根の弱さが現れてきましたね。
しかしやはり寿命でしたか痣のデメリットは。例外があるとはいえ、柱の人達がみんな近いうちに死んでしまう事が決定なのは悲しい(そう考えると音柱さんは生き残れたのか、まあ妻が三人いるから生き残ってくれるのは嬉しいです)。

 

ワンピース
お玉のきび団子強力すぎでしょう・・。これは覇気でもないと防げない動物種に対する究極兵器なのではなかろうか・・。
あと、河松が可愛いしイケメンですね。ゾロと日和さんを巡って(親と恋人として)争う時が楽しみです。
そして、本当に牛鬼丸さんの正体はなんなのでしょう。足りない刀は彼の所から調達するとは思うのですが、関係性が分からない。実は日和さんが二つに分かれた片方とか(めちゃくちゃ無理矢理な発想)?

 

ストーン
科学王国恒例のドイヒー地道に大変な作業の描写好き。マジで機械化は人類の進歩のスピードを加速させたなと、この前軽い農作業とかしてて思いました。
あとは今後の対決の盛り上げ方を「3700年前もあった因縁の対決だ」と持って行くのは上手かったです。こういうキャチコピーみたいなのこの漫画は毎回秀逸だと思います。

 

ヒーローアカデミア
死柄木さん満面の笑み。デストロさんが憧れてひれ伏す理由、ギガントマキアさんが圧倒的な力を見せつけられて後継と認める理由、全てを説得力抜群に絵で見せてくれた展開は、流石の堀越先生でした。
内容は悪の勢力争いなのですが、不思議と爽やかな感じもあり、大ボスとしてヒーロー社会に対する敵対勢力ヴィラン連合として、死柄木さんが覚醒する内容としては最高のモノだったと思いました。
デクくん側にもこれに負けないライジング、いつかは描いてくれること期待してますよ。

 

(Cカラー)ハイキュー
「高さとはブロックより何センチ高いかだ」というバレーにおける高さを再定義する事により、小さき日向くんが文字通り「高さ」で勝利するという展開は、構成や演出これまでの溜めも含めて、めちゃくちゃ劇的に描かれていて胸にズシンときました。
やっぱり日向、影山コンビは最高だぜ(こういう時にアシストした影山くんを気にしてしまう性格なのです。)

 

呪術廻戦
五条さん死んだぁぁぁぁーーとは全然思いませんが(現代編でぴんぴんしているし)、この伏黒父の持ち上げ方、無能力者で知恵と工夫で最強を倒すというのは、ある種の中二病的な格好良さに通じるところもあってワクワクしますね。闘いが盛り上がるとすごく楽しいので、来週もどういう理屈で助かったとか期待です。

 

チェンソー
肩書きがヤバい奴らばかりだな特異4課の皆さん・・(特に天使の悪魔はスゴいビビッときたぞ)。アキ先輩はこんな人外魔境の中にいて本当に大丈夫なのだろうか・・。
早速ヘビ女とアキ先輩の闘いになったが、幽霊の悪魔を吐き出してきたのは予想外でした。本当に藤本先生は性格が悪いぜ(笑)!

 

(Cカラー)(読み切り)群青のバトロ
絵も上手いし、いい意味でトンでも感もあって面白い読み切りでした。
ただ、ちょっとバトロくんが怖いところがあって、対抗勢力(でも大きな敵には共闘する系)の頭とかならスゴい魅力的なのですが、主人公側にいるとちょっと関わりたくないキャラだなと思いました。
あと、奴隷というか集落に女の子っぽいのが一人しかいないのが滅茶苦茶不自然に感じたので、自分の勘では彼は男の娘だと思っています。俺の勘は外れないんだ・・たぶん。

 

ブラッククローバー
セッケさん大活躍じゃねーかぁぁぁぁ!!!
人気投票低迷していたので、この復活劇は嬉しい限りです。どんどん出世してアスタくん達を助けて欲しいものです。
悪魔裁判は確かに国をまとめる上で効果的な方法だと思うのでありですが、流石にそれは胸くそ展開なので、田畠先生にはすんなり解決して欲しいところです。

 

(Cカラー)ぼく勉
本編冬だけどカラーは現在の夏らしく水着。素晴らしい!
本編はうるかちゃん派としては、可愛い振り袖姿が拝めて眼福でしたが、展開的には恋心を自覚して積極的になった理珠ちゃんが目立ってましたね。あとはあしゅみー先輩と桐須先生をこういった特別感のあるイベントに忘れないのも良かったです。ヒロインレースはまだまだ盛り上がるぞ!

 

アクタージュ
そんな声まで変わって・・・というと「ナオミ・キャンベルのCM」を思い出してしまうおっさんなのでそこは笑ってしまいましたが、今週の千世子ちゃんの鬼気迫る変わりっぷりは、逆に溢れんばかりの愛おしさを感じてかなり好きでした。愛と憎しみは似た感情なのです。

 

幽奈さん
かるら様はカッコいい時と変態な時のギャップが大きいのが笑えますし魅力に繋がるキャラなので、今週は荒波のように寄せては返すかるら様のギャップが見られて良かったです。
しかしこれはもう実質やってしまっているのでは(笑)
千紗希ちゃんのように実質結婚した人もいるし、この漫画は「恋愛的寸止め」を業が深いところまでいくな・・。

 

サムライ8
父ちゃんは誰よりも勇を持った男だったぜ・・。
別れを旅立ちとした演出はとても良かったです。今まで八丸くんを護ってきた事を肯定し、護る事の尊さを八丸くんに伝えきった彼の生涯は、ちゃんと意味があったものですし、泣けました。
そして、アタさんの置き土産は来る前に衛星を破壊した事でしょうが、もしかしてこの星無くなっちゃう・・?
ならば、ハガミチさんの奮起に期待しています。

 

髪を結い
黒ゆいが闘う前に、都道府県スケバン同士が闘う展開グッドでした。特に炎火さんは今週で味方として更に化けたと思いました(モノマネ上手いね!)。
あと、鍵人くんが戦闘では役立たずでもみんなを常に心配しているという優しさで格をあげているのが良かったです。彼がこの闘いのキーマンであることを祈る(抜群の歌唱力で音をかき消したりして)。

 

(最終回)最後の西遊記
「約束して」の引きからよくその内容も分からないまま最終回になってしまった・・。悲しい。しかしこれはちゃんと単行本で補完されてくれることを信じていますエステルちゃんヒロイン派としては。
俺たちの闘いはこれからだエンドでしたが、妖怪を生み出すもも物語の表紙の桃が龍之助くんが見た野球チームの帽子のマークと酷似していた伏線は、どうやら作者も使うつもりだった事が分かっただけでも良かったです。
この漫画はけっこう初回から重たい雰囲気があってそれは化ける要素でもありましたが、上手く化けきらなかったのが残念でした。それでも、お父さんとか当初は不快で嫌いなキャラが終盤は好きなキャラに変化したのはいい漫画体験でしたし、面白かったです。
野々上先生の次回作に期待します。


忍スクワッド
「着てくる服間違えた」のパピヨンさん・・それ・・今言うの・・?
チンピラの忍術が舌を伸ばすだけの三下忍術だったのは良かったです。氷系と相性悪そうですが、そこは気合いでなんとかしてくれる信頼感がチンピラさんにはあります。
「脳味噌一つでぶっ殺す」に全く迫力がないのが逆に面白いので、逆転手はおおいに期待しております。

 

ビースト
鰐淵くんが仲間になる流れは、彼自身が熱さを取り戻していく過程を、桜くんのプレーに引っ張られる形でしっかり描けていて、好感度高かったです。
しかし、来週セブンス本番スタートってまだメンバー集まっていないんじゃ・・。これってまさか・・?

 

太星
今週は太ちゃんが星ちゃんを理解している事と対抗心をそれぞれ描いた形なのでしょうが、個人的には星ちゃんに最後までやって勝って欲しかったです。
しかし、貴重な女の子棋士が・・・。既にけっこう負けている状態でどうやって3段リーグ勝ち上がるのかと思いましたが、上位陣こうやって再起不能に落とし込んでいくのか・・。えげつない(笑)