yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーアジアカップ2019 決勝トーナメント ベスト16 VSサウジアラビア戦 感想

日本(1ー0)サウジアラビア  日本勝ち

 

苦しかった。ずっと息を止めているような緊張感続いていましたが、なんとか勝ちきりました。勝てばよかろうなのだ~~!!!

いい形でセットプレーから先制点が入ったものの、基本的にはずっとサウジアラビアにペースを握られた試合でした。時折ビッグチャンに繋がるカウンターがありましたが、武藤や南野がこねくり回しすぎたりして潰してしまうと、終盤はずっと攻められっぱなしでした。

しかしながら、日本は粘り強く体を投げ出し、シャッジがかなりサウジよりだったことにもめげず、走りきって、防ぎきりました。

カウンターが一本でも決まっていればもっと楽になれた事、ペースを変えられる選手やプレイ戦術がなかった事は課題ですが、無失点に抑え勝利をもぎ取ったその素晴らしき、ど根性は褒め称えたいと思います。

あと、冨安が特に凄かった。MOMであり末恐ろしき20歳だと改めて思いました。

 

以下、各選手の評価です。

権田(6.0)・・大きなミスもなくしっかりと枠内ボールは抑えてみせた。空中戦も強かった。
吉田(6.0)・・魂の顔面ブロック。ミスもあったが気合いが入った粘り強いディフェンスで無失点に抑えた。
冨安(7、5)・・値千金決勝弾。裏を狙われるボールもよく体を使って全て跳ね返した。力強かった。
酒井(6、5)・・裏のスペースを狙われがちではあったが、走力と力強さでちゃんとリカバリーした。
長友(6、0)・・高い位置をとった相手とのマッチアップに苦労した。しかし体を投げ出しよく守った。
遠藤(7、0)・・潰しの積極性、ピンチを刈り取る奪取力は目を見張るものがあった。小技テクニックを見せつける場面もあった。
柴崎(6、0)・・守備は一歩遅い場面が散見されたが、カウンターを狙うパスはよく出したし、終盤の追いも良かった。
原口(6、0)・・守備に奔走する時間が長かったが、ゴールに繋がるコーナーを獲得するなど効いていた。
堂安(6、0)・・守備に存在感見せた。クリアーなどにミスがなかった。攻撃はうまくボールが回ってこず。
南野(5、0)・・球離れが悪く人数が多い場面でもそれが原因で潰してしまっていた。チャンス時のハンドはまさにお手上げだった。
武藤(5、0)・・積極的な走りは良かったが、ボールキープがきず、気合いが空回りの結果イエローカードは勿体なかった。

 

交代選手
伊東(5、5)・・上手くゲームに入れたとは言えないが自慢の走りでサウジに驚異を与えた。
塩谷(ー)・・時間短く評価できず
北川(ー)・・時間短く評価できず

 

森保監督(6、0)・・多少後手に回っている感じはあったが選手交代やポジションチェンジは意図が分かるものだった。