yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーアジアカップ2019 予選 VSウズベキスタン戦 感想

日本(2ー1)ウズベキスタン  日本勝ち

やったぜ、ターンオーバー成功!

勝敗に関係なく決勝トーナメントに進出できるのでメンバーをほぼ全員とっかえての闘いでした、迫力としてはそれまでの2戦に比べて若干の物足りなさもありましたが、それでもしっかりと勝ち切れたのは良かったです。

特に塩谷は急遽呼ばれて久しぶりの代表だったにも関わらず落ち着いて存在感のあるプレイをしていました。決勝ゴールも豪快で素晴らしかったです(その時写ったスタンドの奥さんも美人だった!)。

ウズベキスタンには一部個で上回れる部分もありましたが、大事なところでしっかりと奮闘できているのが良かったです。さあ、決勝トーナメントも頼むぞ!

 

以下、各選手の評価です。

ダニエ(6.0)・・先制のシーンは簡単に決められてしまったが、終盤のミドルはビッグセーブだった。
槙野(5.5)・・相手に上手く体を入れ替えられて先制点を許してしまった。しかしその後はきっちり修正した。
三浦(5.0)・・空中戦の強さは見せつけたが、ボール回し時に迷いがあったり、先制のシーンはあっさりかわされるなどしてしまった。
室屋(6、5)・・先制点に繋がるデュエルは素晴らしかった。伊東とのコンビで右サイドをよく崩した。
佐々木(6.0)・・裏をとられる場面が目立ったが時間とともに修正。攻撃ではよく上がるもチャンスは作れなかった。
塩谷(6、5)・・値千金の豪快な決勝弾。気持ちよかった。守備でも動き回り、対人に強く効いていた。一部連携不足は致し方なし。
青山(5、5)・・守備は多少軽い場面が散見されたが、ロングパスなどで攻撃のテンポを作った。
乾(5、5)・・技術はやはり頭一つ抜けていて驚異になっていたが、後半ガス欠してからはボールロスト多く、逆起点になってしまっていた。
北川(5、0)・・攻撃に守備によく動いて多くの場面に顔を出したが、ポジションがズレているのか、大きく効いている成果は出せなかった。
伊東(6.0)・・前半はそうでもなかったが後半スペースができてきたら躍動。守備でも頑張った。
武藤(6、5)・・同点弾はナイスヘッドだった。積極的に仕掛けていく姿勢は良かったが若干連携不足もあった。

 

交代選手
原口(ー)・・時間短く評価できず
遠藤(ー)・・時間短く評価できず
冨安(ー)・・時間短く評価できず

 

森保監督(6.0)・・怪我のメンバーの代わりに呼んだ二人が得点で活躍。逃げきりのための交代は若干遅かったが機能した。