yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

映画「ニココイ」感想 アレンジ含めて大正解な実写化で面白かった。・・でもやっぱり原作絵が最高だな!

本来は見に行くつもりがなかったのですが友人の強い勧めで鑑賞。観客は50人程。カップルぽい組み合わせが多かったです。

公式サイト →  映画「ニセコイ」公式サイト


映画『ニセコイ』予告【平成最後の冬 大ヒット上映中!】

見る前の期待値が低かったのもありますが、予想以上に面白かったです。

原作が実にマンガらしい設定や表現に溢れているのでどう処理してくるのかなと懸念していましたが、とにかく派手に大袈裟に力を込めてコメディ色を押し出してくる演出をしていて、大正解だなと思いました。

モブのヤクザ達がとにかく目立つ感じ、DAIGO演じるクロードの浮き世離れした独特な雰囲気、楽のあざとすぎる顔芸、集の周りを巻き込む謎のノリ(でも原作よりうざくない!?)、一見すると異物になりかねない要素が大量投入されることにより、むしろ原作のご都合感が違和感にならないようになっているのは見事でした。

話の筋もアレンジしていて、誰が最終的にくっつくか分からないようにしていた原作に比べて、千棘をメインヒロインとして再構成したのも良かったです。とても見易かった。

ただ、どうしても、ニセコイの面白さの半分以上はヒロイン達の可愛さや多彩な表情芸あると思っている原作ファンの者としては「やっぱり2次元(原作の絵)が最高だな!」と思ってしまう部分はありました。

まあ、それはほとんど、ヒロイン達のくるくる変わる表情とかがもっと映画でも見たかったという、個人の願望であります。

映画の千棘も小野寺さんもマリーさんは、当初はコスプレ感ある衣装に違和感がありましたが、話が進むにつれて、どんどん可愛く見えてきたので良かったです。特にマリーさんは出番が少なかったですが、色々輝いていたと思います!