yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 19年 01号 感想

まだ12月だけど2019年あけましておめでとうございます。今年も毎週感想書いていきますので宜しくお願いします。

 

今週のアンケート 1位:チェンソー 2位:アクタージュ 3位:幽奈さん


(巻頭カラー)(新連載)チェンソーマン
展開読めなくて面白かったです。
ジャンプ表紙すらある意味詐欺で、チェンソー使わないじゃん→犬がチェンソーなのか→おまえ自身がチェンソーなのかよ!と何度もびっくりさせてくれる展開が良かったです。
絵も決して少年誌というカテゴリーにビビらず攻めてきていますし、今後もガンガン攻めていく展開を期待しております。
あと、顔がケツみたいな犬好きだったのに死んじゃって悲しかったです。ケツの割れ目から刃物がでているみたいな造形好きだったのに、ポチタ・・合掌。
それとヒロイン?上司の方は数ページの登場ながらめっちゃインパクトあって良かったです。可愛い、俺も抱かれたい(・・それが地獄への道だったとかなりそうだけど)。

 

鬼滅の刃
産屋敷さんボロボロなのにめちゃくちゃカッコいいと思いました。無惨様と表裏一体、不滅の肉体を目指す無惨様に対して「人の思いを不滅だ」と答えるのは非常に格がありました。
そして最後の柱が駆けつける場面でみんな必死そうなのが良かったです。語られていないけれど、風柱さんや蛇柱さんにも産屋敷さんとの確かな絆があるんだろうなと感じ取れました。

 

ワンピース
キッドさん思ったよりも面白キャラだな(笑)
腹が膨れている所でそう感じましたし、ルフィと互角のような描写ナノも今後の活躍を期待させてくれております。
他の一味も着々と準備進めていますし、この流れが一つに収束していくときが楽しみだ。

 

(Cカラー)アクタージュ
アキラくん不器用ながらも一歩を踏み出す。「役に入り込む」という事を「目の前の登場人物に対して自分の言葉で真摯に答える」という形で正解ではないが正解に近いアンサーとして出してきたのは良かったです。いきなり覚醒はできない、ただこれはアキラくんにとっての紛れもない第一歩になったと分かる演出は素晴らしかったです。
しかし演劇編入ってからずっとテンション高いので、これが最終的にどこにたどり着くかは(最後はやはり阿良也くんかな)今から楽しみでしょうがないです。

 

ストーン
新キャラの船長さん船長いいキャラしていますね。理解の早さから大樹くんと同じでずっと意識あったパターンぽいのが、強キャラ感を感じさせます。
そして更に船を強化するために石油を掘り出す展開に。日本にも僅かながら油田あったと思いますが、そこを狙うのかそれともドラム缶とか発掘するのかどうするのかな?

 

ネバーランド
ユーゴとルーカスは生きている、俺たちの心の中に!
ちょっと重苦しい雰囲気が続いていた中でほっこりできるエピソードが挟まって良かったです。
最後に出てきた人は食用児っぽくないけれど、人間界の人とかなのかな、私気になります。

 

呪術廻戦
パンダゴリラモードは笑った。
メカ丸さんのキツい生い立ちが霞むくらいの「パンダはパンダじゃない」展開でした。バトルの見せ方が「変形(トランスフォーム)」というのは工夫されていましたし、京都校の方もこちらに負けず劣らず癖の強そうなのばかりで今後の闘いが楽しみです。

 

ヒーローアカデミア
爆豪くん強い・・というか今回のA組強すぎぃ!!
クラスメイト全員が活躍して派手に勝つ。これはこれで見たかった展開なのでカタルシスありました。
しかしながらトカゲちゃんは切った部分はそのままで再生するって半端ない能力ですね。手が綺麗なら吉良良影さんとかがすごい喜びそうな能力だと思いました。

 

(Cカラー)(読み切り)ドラコニル
小野先生は前の連載作「フルドライブ」でもそうでしたが、独特の中二感があって、今回の読み切りも、設定や主人公の表情や言動などに独特の雰囲気が薫っていて良かったです。
一方で「フルドライブ」最大の発明であった真凛ちゃんのような魅力あるキャラ性が、幼なじみや魔法使いのお姉さんには感じられなかったのは残念でした。お姉さんはおっぱい押しならもっとおっぱい強調した服を着て欲しかったです。

 

ダビデ
自分で妄想しちゃうモナさんがエロい・・。
今週はあえて絵画パロディではなく、まじめに放課後の教室で二人きりというシチュエーションを描いてきたの驚きでした。青春感に溢れていて、これは良いラブコメになっていたと思いました。

 

ブラッククローバー
やった、サリーちゃんメガネ復活だ!地味メガネではありますが彼女のアイデンティティを取り戻した気持ちです。
そして夢の中バトルは、けっこう力押しが多いこの漫画のバトル描写の中で頭を使っている形がして新鮮でした。面白いです。

 

(Cカラー)ハイキュー
めっちゃ木兎さん主人公してるっ!!
カラー扉絵もそうですが、桐生くん紹介回にも関わらず木兎さんが最後全部もっていくのが、流石だと思いました。そのあたりは若干日向くんっぽさがありますね。まあ師匠なのだから当然なのですが(笑)
あと桐生くんの「崖っぷちに立ってもエース」からの「全部打つけん」はちょっと泣ける展開で良かったです。

 

ぼく勉
うるかちゃん攻める。文乃ちゃんの変化にうるかちゃん理珠ちゃんはほとんど気づかず、周りが気づいて焚きつける展開は予想外でしたが理に適っていたと思います。
文乃ちゃんが恋心完全自覚していますから、他もここからフルスロットルですよね。とりあえずギスギスさせないラブコメ展開を期待しています。
あと、今週のうるかちゃんはエロくて俺得でした。特に人工呼吸を試用とするところが素晴らしかったです(その後ののけぞりポーズも)。

 

火の丸相撲
久世くん漆黒の佇まいから一気に「君を待っていた!」と光り出すっ!
その昔ツンデレとは「ツンとデレの落差がデカいほど萌える」という言葉を聞いたことがありますが、久世くんも見開きを経ての一瞬でものすごいテンションの変化を見せてくれて面白かったです。
そしてそれが決して不自然ではない、ちゃんと心で理解できるのが火の丸相撲の積み上げてきた物語の力と演出力だと思います。来週からの闘いすごい楽しみです。

 

幽奈さん
狭霧さんの不器用な告白とっても、とっても良かったです。
酌人さん相手にあれだけ啖呵をきれて、誘惑的な瞳でコガラシくんを見た印象とは打って変わってのギャップにやられました。
今までは自分の中でのランキングは幽奈さん、千紗希さん、雲雀ちゃんがスリートップだったのですが、ここ数週の展開で一気に狭霧さんがゴボウ抜きした感じです!

 

ソーマ
BLUEいきなりマスターの個人的な大会へと変貌する!?
元々よく分からなかったBLUEが更に分からなくなって、これは展開を巻いてきた気もしますが、対決姿勢を明確にした方が分かり易いですし、新連載に合わせてチェンソーをぶつけてきたのも面白かったので(ジャンプは蠱毒)、埒外料理を期待です。

 

ジャパン
菅原の道真カッコいい(笑)
あと今週は改めて安孫子くんのツッコミいいなと思いました。「地元言い訳に使ってない」とか言い回しもいいですし、肩幅広がったり絵のやる気が消えたりビジュアルパターンも多かったです。後はちゃんとジャパンくんが悪い事したら失望するのもキャラクターに合っていました。