yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 18年 51号 感想

今週のアンケート 1位:火の丸相撲 2位:忘レ物探偵 3位:ストーン


(巻頭カラー)ストーン
Drストーンアニメ化。深夜ではなく子ども見られる時間にやって欲しいです。
本編は司さん冷凍睡眠だと・・内容にもなかなか驚きでしたが、設備の脆弱さを考えると途中で電気が止まって方法を確立した時には司さん腐っているイメージしかなかったのを、妹さんが毎日見るという流れで感動的かつ説得力を持たせているの上手かったです。このパーツがちゃんと組み合わさっていく気持ちよさは、週刊連載ではなかなか見られないので好きです。
後はやはり千空くんと司さんの最後の無駄話会話泣けますね。千空の背中のカットは泣けました。


呪術廻戦
扉絵の後ろで笑っている伏黒くんいいね。いいねボタンがあれば何回も押したいくらいの「いいね」です。
そんな伏黒くんの虎杖くん親友感は本編でも感じられて良かったですし、一方妄想親友の東堂さんも相変わらず面白くて今週満足度高かったです。肉弾バトルは見応えありました。
あと、「あーそーぼー」の釘崎さんとパンダの表情好き。邪悪すぎて笑ったわ。

 

ブラッククローバー
鬱ブレイカーアスタくん。なんか非常に理屈ではない安心感と大物感がありますねアスタくん(笑)
エルフ側からすればシリアスな雰囲気をぶっ壊す人達ですから、最後の偽リヒトさんの怒りに満ちた目は納得でした。
それにしてもダイスの人はなんか別の目的があるような気がしなくもない。ちょっと注目しております。

 

(Cカラー)ぼく勉
今週の成行くんは男前でしたなあ。
こいつは「惚れる!」という説得力と格好良さがありました。まずは文乃ちゃんのお父さん説得ターンですが、この後にどういう風に二人の関係性が変化するか(主に文乃ちゃんの気持ちが)今から楽しみです。
しかし、お父さんが「いい夜だったの」って言って男の家から娘が帰ってきたらビビると思いましたが、思ったよりも冷静で安心しました(笑)

 

アクタージュ
「役者が幸せになれない」というアリサさんの意見に「じゃあスターズのみんなも幸せになれない?」と聞く子供アキラくんの純粋さよ。彼女は役にのめり込むなどの業を背負う役者を恨みそれを排除したスターズを作った、そしてアキラくんは昔の天才役者アリサさんに憧れた。本人は凡人なのに。
持たない者の心と決意を存分に溜めた回で緊張感高まってきたので、来週のアキラくんが何を見せつけてくれるのかは楽しみです。

 

ヒーローアカデミア
尾白くん普通に負けた。ポニーちゃんとマトモにやって普通に投獄されてしまったよ・・悲しい。
今回の対決はポニーちゃんの判断がお手柄で(判断間違えたらB組敗北だった)した。内容的にも面白いところにいきついた決着だったと思いますが、A組応援派としては勝てなくて悔しいです。なので次戦の爆豪くんには期待しております。

 

(Cカラー)(読み切り)忘レ物探偵
切なさと格好良さに溢れた良い読み切りでした。
ワンピースなどで「人が死ぬのは人に忘れられた時だ」という名台詞がありますが、それでも残るものがあり希望はあるというメッセージを込めた内容はとても良かったです。
屋宜先生はダークヒーローを描くのがとても上手い作家だと自分は認識しているのですが、その個性が抜群に出ていた作品だと思いました。
早く、早く屋宜先生の次の連載週刊少年ジャンプで見たいです。待ってます。

 

ハンター
流石に文字情報が多すぎる・・・
まあ必要な情報まとめると、第9王子部下から離されて裁判するよ第一王子そこを狙うよと、ジュリアーノ確実に洗脳中と、第2王子の呪い念部隊の一人クラピカの所に来るよと、第3王子のコインの金額増えたといったところでしょうか。細かい新登場人物の名前は覚えきれません。

 

ハイキュー
蛇の人の勝手にキレてるシーン好きです。煽っているようにも見えて励ましているようにも見える、自分自身に言っているようにも見える、将来的に思い入れのあるものになる試合を見た時の感想ってだいたいこうなりますよね。他人を批評しているようで、どうしても自分自身に当てはめてしまう。
後は狢の人意外と繊細でしたね。これはエース対決と同時にエース盛り上げ対決になりそうな気配。

 

COMIQ
姫川さん苦しむ。彼にはもっと華麗に粘って欲しかったので少し残念でしたが、真相としては写真の破れた部分に写っているであろう人物が犯人ということかな。
特に推理はしないので、来週最終回ネタ晴らしに期待しております。

 

鬼滅の刃
今週は岩柱さんの過去がなかなかに壮絶で立ちすくんでいたら、まさか長男力の固まりのような男炭治郎くんが、素直でひたむきな子供力を見せつけて岩柱さんの心を救う展開は、とても良かったです。短い中での最適な詰め込み方が凄いです吾峠先生。
伊之助の天ぷらからの猪突猛進も面白かったですが、善逸の手紙はパワーアップフラグというようりも爺ちゃんに何かあったとか不幸な出来事の前振りのような気がして怖いぜ。

 

ダビデ
エジプト壁画にまでネタの幅を広げてきたか・・
そのどん欲な姿勢、そして名画パロネタを相変わらずちゃんと仕込んでいますし、ピラミッドに侵入すると呪いを与えるというクフ王の伝説も絡めるなど、実に教育的な漫画だと思います。高評価。

 

ネバーランド
撃ったのはオリバーさんだった。
個人的にはユウゴさん達から手を汚せる大人役が移っただけなので、ここはエマちゃんなりレイくんなりが成長する展開が見たかったですが、エマちゃんは最後までみんなを引っ張る希望の存在として活かすためでしょうか。
まあしかし今回で更に緊張感が高まったので、次も更に過酷な状況で頑張るエマちゃん達期待しております。

 

ワールドトリガー
修くん落ちなかったっ!
「まーたやられてるよ」みたいな感覚が懐かしかったですが、今までなら2枚抜きされていたのが修くんなので、確実に成長したと思います。でも停電してすぐにトリガーしまわなかった対応力の無さは実に彼らしかったです。
太一くんは停電させましたが、ここから鈴成が有利になる戦法があるのかな?

 

火の丸相撲
「結婚しよう」は普通に度肝抜かれる超展開、しかしとても気持ちよい流れで、僕も国崎さんみたいに大笑いしてしまいました。
そして、横綱としての輝きを大関金鎧関も意識したりする伏線を経ての次は同じ大関久世くん戦。これは燃える展開じゃないですか。
迷いを抱えつつも「横綱相撲」の体現者を目指す草薙くんと、「火の丸相撲」に目覚めた火の丸くん、この対決(どちらも2敗同士)は楽しみすぎます。
あとは冴さんが勝ったのが数珠丸さんだったのと、久世くんの話しかけ方が「結婚おめでとう」なのが地味に面白かったです。


ソーマ
足し算のごり押しで合格。司さんと同じ事をやるだけでは芸がなかったので、異なる解答で納得感出たのは面白かったです。
あと何より久々に審査員の脱ぎ方シチュエーションがエロかったです。嫌がったりする相手の心を、料理の味で無理矢理解放するのが(結果脱げる)このマンガの魅力なので、原点帰りしたなと思いました。
ただ金額も明示して欲しかったです。

 

(Cカラー)幽奈さん
狭霧さん覚醒!
コガラシくんが急に来た所はやや唐突だなと感じましたし、鬼の人達の企みとか細かいことはありましたが、狭霧さんの恋心自覚という一大イベントがビジュアルや決意含めて、花のような霊装と凛とした笑顔でしっかりと印象的に描かれたのは良かったです。一枚絵の迫力と説得力が素晴らしかったです。

 

(最終回)アリスと太陽
油断していたから3年後はビビった~!!
生き残りだと思っていましたし、中核メンバーも揃ったところでこれから面白くなるところだと思っていたので、打ち切りは非常に残念でした。
個人的にはストーリーとして盛り上がる場面が少ないなと感じたものの、特にしのんちゃんがメンバー入りしてからの仲間内のワイワイした感じ、目標に向かっていく感じはかなり好きでした。
凸ノ先生の次回作に期待します。

 

ジモト
アメリカの人完全にライバル枠になりましたね。一方マスラオさんは賑やかかし、もしくはヒロインポジションに。彼にはまたちゃんとライバル枠として頑張って欲しいです。
鳥取県漫画家、水木先生(Cマーク入ってるね)ネタだけでなく青山剛昌先生も絡めてきたのは良かったです。