yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 親善試合 VSパナマ戦 感想

日本(3ー0)パナマ  日本勝ち

 

森保監督2戦目、とりあえずは楽しもうというスタンスで見ていまいしたが、期待以上の快勝で面白かったです。

ワールドカップにも出たパナマに何もさせなかったこと、3得点入ったこと(そのうち1得点が非常に笑えるゴールだったこと)、そして特にA代表デビューの冨安や、ボランチの三竿などの若い選手が輝いていたのが印象的でした。

森保監督は就任前に予想していたよりもシンプルなサッカーをしていて、日本の選手の技術力ならここまでできるのかというのはけっこう発見でした。これならアジアレベルなら一部の強豪を除いて無双できそうだなという期待値が生まれました。下手にこねくるより、地力で勝るなら地力で押し込んだ方がいいですよね。

さあ次はウルグアイ戦。格上相手への森保監督の新たなる引き出しや、日本選手がどこまでやれるのか非常に楽しみです。


以下、各選手の評価です。

権田(6,0)・・ピンチは少なかったが、その場面は落ち着いてしっかり防いだ。
冨安(6.5)・・A代表デビューとは思えない存在感があった。縦パスの供給も相手への驚異になっていた。
槙野(6.0)・・相手のエースを体を張って防いだ。負けている場面はほとんどなかった。
室屋(6.0)・・高い位置から何度もチャンスを演出した。ただ最後のところは落ち着きが足りなかった。
佐々木(5,5)・・大きなミスはなかったが、高い位置のわりにあまり攻撃に絡んでいけなかった。
三竿(6.5)・・前半はそうでもなかったが、後半の動きは圧巻だった。ボールを狩る力を見せつけた。
青山(6.0)・・特に前半は攻撃のスイッチを入れる役として光っていた。守備はちょっと遅い場面もあった。
原口(6.0)・・引っかかる場面も多かったが、守備に攻撃に持ち前の運動量で貢献した。
伊東(6.5)・・スピードを活かした裏抜けで存在感見せていた。試合を決めた2得点目は良い動きだった。
南野(6.5)・・先制点は冷静に押し込んだ。持ち前のテクニック前に行く姿勢は全体の推進力になっていた。
大迫(6.0)・・前線で起点になる動きはできていた。シュートはうまく足につかなかった。

 

交代選手
川又(6.5)・・だめ押しゴールはこの男の気合いが生んだ(たとえ公式がオウンゴールでも)。ここ最近で一番笑えたプレイだった。
北川(5.5)・・代表デビュー。臆せずプレイしていたと思う。
堂安(ー)・・時間短く評価できず
柴崎(ー)・・時間短く評価できず

 

森保監督(6.0)・・しっかりと結果を残しているのは見事。しかし親善なのでもっと選手見たかったかも。