yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 18年 31号 感想

来週号は久保帯人先生の読み切りが掲載。楽しみだなあ。

 

今週のアンケート 1位:ヒーローアカデミア 2位:呪術廻戦 3位:ぼく勉

 

(新連載)(巻頭カラー)アリスと太陽
アリスちゃん可愛い!
表情が多彩で味がありますし、主人公の才能を全肯定してくれる感じはヒロインの格があると思いました。一方主人公太陽くんは、リアル系の題材で、常に前髪半分隠している系男子だったのはちょっと違和感がありました(笑)
読み切り版を経ての連載ですが、あれでけっこう完結していた物語を連載でどのように広げていくかは楽しみにしております。
「音楽」という題材が音のない漫画では非常に難しいですし、「音楽で夢を見る」という方向性が自分には想像しづらい所なので、どういう風に物語を紡いでいってくれるのかな。

 

ワンピース
マルコさんは医者だった。再生の炎が相手にも付けられるってすごい便利な能力だと思います。
そして、ワノ国編開幕。ゾロが大人しくできるわけがないのは予想通りだったので面白かったです。それにしてもゾロ、切腹が絵になる男だぜ(笑)

 

ストーン
マグマさん石像の手足を壊す事を平然と提案してのける。シビれる!あこがれるぅ!
愉快なゲンさん達トリオの旅はひとまず終了ですかね。最後までいい仕事していますた。
そして、大樹くんと杠ちゃんはすごい久しぶりですね。杠ちゃんがちゃんと参謀していて良かったです。


ぼく勉
予想されていた全員と手を繋ぐ、ではなく唯一人だけそその姿をボカすという手法できましたか。「あり!」だと思います。
個人的にはうるかちゃんにも周りに恋人と認識されるイベントきたし満足いく文化祭でした。
あしゅみー先輩にはぬいぐるみ成行くんは認識されたっぽいので、ネタバラシの展開も楽しみにしています。

 

ヒーローアカデミア
不屈のエンデヴァー。倒れるものかと諦めないエンデヴァー、援護するホークス、応援するガチ勢の子ども等々、全てが超絶に熱い展開で、盛り上がりました。
ホークスさんの回想で崖に木と石を置くエンデヴァーさんは、イメージ図としてもそんなに滑稽だったのかと驚きつつ、それでも不器用にやろうとして事に敬意を持っているんだなと分かって良かったです。
ホークスさんの顔面に触手迫っていますが、その前に打ち抜いてくれエンデヴァー!

 

(Cカラー)銀魂
鯱さんと夜右衛門さんのエピソード、「兄貴はもう江戸にはいねえ・・」の所でけっこう感動してしまった俺がいます。そのおかげで駄目だしからの展開大いに笑えましたが、何か失ってものもありそうな気が・・。
あとは銀さんが顔洗っているところも笑えました。
そして、ドナルド・ズランプは任期満了してくれ!

 

鬼滅の刃
半天狗さん追い込まれると強くなる主人公気質だった。
格好もなんだか凛々しいですし、初代火影同様木遁ですし(木を操るのは強者のイメージ)、台詞も「この極悪人が!」なので主人公ぽかったですが、それを「悪鬼め」と一蹴する炭治郎くん格好良かったです。
しかしこうなると甘露寺さんなり柱の増援がないと半天狗さん倒すの厳しそう(首斬れないし)ですが果たして。

 

ブラッククローバー
ラックさん帰ってくる。
アスタくんの剣で切ればすぐにエルフの魂吸収できるかと思いきや、一筋縄ではいかないのビビりました。最終的に「心」で取り戻すという展開は少年漫画らしい熱さがあって良かったです。

 

ネバーランド
レウウィスさん撃破。最後におじさんがとどめを刺したのは良かったです。
冒頭でレイくんの回想があったのでレイくん覚醒かと思いきや何もなかったのは不思議な構成でした。エマちゃんの銃はちょっと思い出せないですが閃光弾撃てたんでしたっけ。来週説明あるといいなと思います。

 

(Cカラー)(連載2回目)田中誠司
相変わらずテンポはいいので楽に読めるのですが、同じ学校に「3年連続ロボコン世界一」とかいたら流石に主人公知らないのはオカシイと思いました(遊びの天才で人脈も広そうな設定なのに)。
まあそのあたりの設定のガバガバな所は第一話にも多くて、スルーしていった方がいいとは思っているのですが、どうしても気になってしまうのです・・。

 

紅葉
将棋対決にエフェクトのっかってきたのは良かったですが、雪も鬼も奨励会の門番的な意味の単語で、雪柳くん自身のキャラクター性に乗っかってくるものではなかったのが少し残念でした。
しかし紅葉を燃やしてきたのはちょっと面白かったです。無理矢理炎属性になったぞ!?

 

侵略
新キャラアスマくんすごく便利キャラですな。ぐいぐい押していく感じは面白かったです。
リアちゃんとコンビを組んできた時の相乗効果期待していますが、逆に今までの、のほほんとした甘い雰囲気が壊れるのではという不安も(今週お色気シーンなかったし)少しあります。

 

アクタージュ
みんなにTシャツに寄せ書きされる夜凪ちゃんすごく和んで良かったです。反省会も友情確かめ合う感じでしたし、のほほんとできました。
あと、竜吾さんには彼女できて欲しいなと思います(和歌月さんで決まりだね!)
そして次回は舞台編。同タイプ同士の役者で高め合う展開かな、楽しみ。

 

呪術廻戦
僕は伏黒くんの女性の好み、女性陣たちと同じでけっこう好感度高いのですが、東堂さんにはおきにめさなかったみたいで残念。しかし東堂さんは持論が強すぎて狂っている感じが面白いです(どんな性癖なら大丈夫か聞いてみたい)。
そして今週は野薔薇ちゃんの煽り力の高さに感嘆しました。あの状況で発し、更にすごくセンスある台詞回しでした。これは、今までに例をみないメインヒロインが誕生したのではなかろうか・・。

 

火の丸相撲
刃皇裁判だと・・、どこまで刃皇さんの固有結界(もしくは領域展開)は凄いんだ(笑)
ぜんぜん予測していない展開なので面白かったです。
先週は刃皇さんカッコいいでしたが、今週の「憐憫の相」とかは怖かったです。「コイツに火の丸くん託して大丈夫かな」みたいな危うさがありました。来週いったいどうなってしまうだ刃皇裁判・・。

 

ハイキュー
古館先生は疲れている描写が上手いのでキャラクターの披露具合がすごい伝わってきますが、まだ2セット目というのが恐ろしいですね。終盤はどれだけみんな疲労の色が濃い絵になるか楽しみです
あと日向くんの「ジャンプは別腹」めちゃくちゃ理論ですが、納得してしまって、主人公力高いなと思いました。

 

ソーマ
もの凄いバブ味を感じる・・。つまりホスピタリティとはバブ味だった・・?
色々勘違いが起こりそうな内容ではありましたが田所ちゃんの「めっ ですよ」は破壊力あったので良かったです。
彼女の強キャラ感が強まったことを先週は嘆いていましたが、今週で乗り越えられた感じです。

 

幽奈さん
只のダイエット話だったら心に響かなかったですが、ラストのオチが気持ちよかったです。幽奈さん達を「おっぱいモンスター」と呼んでいるのも笑いました。
筋力増やすと一時的に体重増えたりしますし、体型維持は難しいですね。


ノアズノーツ
騎士団の人は大物っぽい感じが出ていて面白かったです。「絵本の住人」の例えの判りづらさは何かノーツの暗示のように見えますが、「丸腰」と明言しているし、想像付かなかったです。それとも突き立てた「ロンギヌス」の別能力だったりするのかな?
それはともかく遺跡が無事だったらしいので、ネタバラシ期待です。