yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 ワールドカップ2018 予選リーグ VSセネガル戦感想

日本(2ー2)セネガル 引き分け

追いついた。価値あるドローだった!

セネガルの身体能力とハイプレスは驚異で、川島のミスから生まれた失点から大崩れの予感もありましたが、そこからよく持ち直しました。

守備陣は文字通り体を張って屈強な相手に負けてなかったですし、攻撃陣も積極的にゴールに迫っていました。長谷部が鼻血を出してもプレイスタイルが変化しなかったように、気持ちでとにかく負けないという姿勢が見て取れて、気持ちが良かったです。

大迫の空振りや乾のポスト直撃など、もしかしたら勝てたかもという要素はありましたが、劣勢になっても諦めず果敢に挑んでいく日本代表が見れたので満足でした。

個人的MOMは柴崎でした。香川や本田がマークを引きつけてくれたのと本人のポジショニングでかなり自由にボールを触れて、日本の攻撃のリズムを作っていました。ショートパスでもロングパスでも自在に使えて相手に的を絞らせませんでした。

予選最終戦ポーランド。引き分け以上でベスト16なので、行けるぞ日本!

 

以下、各選手の評価です。

川島(5.0)・・失点に繋がったパンチングのミスは痛かった。2点目のシュートにも反応できなかった。
吉田(6.0)・・パスの精度はイマイチだったが、守備では空中でも地上でも存在感を見せた。
昌子(6.0)・・屈強なセネガルフォワード相手に当たり負けしなかった。気持ちが見えた。
酒井宏(6.5)・・相手のキープレイヤー、マネとマッチアップして仕事をさせなかった。
長友(6.5)・・狙われていたが、そんなセネガルの期待を裏切る対人の強さだった。多くの場面で素晴らしい守備を見せた。
柴崎(7.0)・・1点目の起点となるパスなど長短織り交ぜたパスで日本の攻撃のリズムを作った。守備でも効いていた。
長谷部(6.5)・・少し下がった位置での守備、最後方からのボール配給など攻守のバランスを担った。鼻血を出しながらも最後までピッチに立った。
原口(6.0)・・失点に繋がるクリアミスは良くなかったが、攻守に多く顔を出した。驚異の運動量だった。
乾(6.5)・・同点に追いつく素晴らしいシュートを決めた。前を向いた時の迫力はセネガルをも驚かせた。
香川(6.0)・・執拗なマークが付いてなかなか仕事ができなかった。下がってボールを受けて配給することが多かったが、その分他の選手が活きた。
大迫(6.0)・・空中戦でも互角に闘うなど、屈強な相手に負けず前線の起点を作った。ビッグチャンスは是非とも決めて欲しかった。

交代選手

本田(6.5)・・期待通りに同点ゴールを決めた。決定力は流石の一言だった。
岡崎(6.0)・・潰れ役となり同点ゴールに貢献した。見にくいところでしっかり役割を果たした。
宇佐見(ー)・・時間短く評価できず

西野監督(6.5)・・最後の宇佐見以外の交代策はしっかりと機能した。同点ではなくあくまで勝ちにいく姿勢は評価したい。