yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

明治安田生命J1リーグ2018 第4節 ジュビロ磐田VSサンフレッチェ広島戦 感想 アダイウトンの頑張りに報いて勝ちたかった・・・

ジュビロ磐田(0ー0)サンフレッチェ広島 引き分け

 

中村俊輔が怪我、前回勝利に貢献した新里、上原が病欠でいない状態で、好調首位広島相手にスコアレスドローなら御の字とも言えるかもしれなかったですが、川辺ダービーでもありましたし、特に終盤負傷退場してしまったアダイウトンの頑張りに報いるためにも(攻撃に守備に獅子奮迅の活躍だった)、是非とも勝ちたい試合だったので、引き分けは残念でした。

試合はお互いに守備がしっかりしていたため、ほとんどチャンスらしいチャンスが作らせない好ゲームでした。見方を変えれば、まあ塩試合とも言えますが、ジュビロは初スタメンの大南や松本のところで多少ばたついていましたし、それを周りがフォローしている感じがあったので、その点を修正つつ守備陣がしっかりと広島の攻撃に対応できていたのは良かったです。

ただ、攻撃はほとんどアダイウトンの突撃頼みで、山田や川又がほとんど目立てなかった事からも、ひじょうに物足りなかったです。だからこそ少ない決定機で決めなければならないのですが、松本が前が開いた場面で宇宙開発してしまったシュートなどはちょっと悔しかったです。

・・しかしながらアダイウトン軽傷であって欲しいです。引き分けは十分ポジティブにも捉えられますが、怪我の件だけはとても心配です。