yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

明治安田生命J1リーグ2018 第3節 ジュビロ磐田 VS FC東京戦 感想 今シーズン初勝利、アダイウトンありがと~!

ジュビロ磐田 (2-0) FC東京   ジュビロ勝ち

 

やった、今シーズン初勝利、アダイウトンありがと~~~!!!

 

ルヴァン杯も含めて公式戦無得点の三連敗中だったので、これまでかなり気が重かったですが、今日の勝ちは胸をなでおろせると同時に、嬉しさ格別でした。

 

何より今シーズン初ゴールを決めて沈黙を破ってくれたアダイウトン(本日1G1A)が素晴らしかったです。相手のカウンターを鬼のようなスピードで戻って狩った守備など、気合が入りまくっているのは試合見ていて伝わっていたので、その彼がきっちりと結果を出してくれて良かったです。

 

FC東京の守備陣はプレシャー強く刈ってくる米本をはじめ手ごわく、なかなかチャンス作れませんでしたが、中村俊輔の飛び道具が冴えわたりましたし、リードしてからは前がかりになった相手に効果的で厚みのある攻撃が仕掛けられていました。

 

そして自慢の堅守も戻ってきました。FC東京はWBの裏のスペースを何度も突いてきましたが、落ち着いて真ん中にはしっかりと鍵をかけて通さなかったです。奇襲みたいなリスタートからの前田のシュート以外は危ない場面もほとんどなく、途中から永井や久保が入ってきてもしっかりと対応できていました。

 

田口やギレルメ、そして今回スタメンだった新里など、だんだんと新加入の選手も慣れてきて、ようやく去年の堅守をベースに勝っていた姿を見る事ができた印象です。

 

後は川又が、得点をとれるエースが復活してくれれば、上昇気流に乗れそうな感じがあります。頑張れ!