yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

2017年個人的アニメランキングトップ3

毎年恒例企画(去年はできなかったけど)、今年自分が視聴したアニメーションについての個人的順位です。

 

第3位:少女終末旅行 

 「少女」で「終末」で「旅行」というそれぞれの単語にビビッときていた私には特に刺さるアニメーションでした。人類がほぼ死に絶えた終末でありながら日常系という異常ともいえるコンセプトを描ききった世界観はとても素晴らしく、「絶望と仲良くする」といった台詞にも現れている、停滞感とゆるさの両立は決して真似できるものではなく、脱帽ものでした。
あと個人的にEDの「終わるまでは終わらないよ」という台詞の、後ろ向きだが前向きだか分からない、気が抜けているけれど力強い雰囲気は、現状の自分と照らし合わせて、とても心に響くものがありました。

 

第2位:メイドインアビス

 物語前半と後半においてガラリと印象が変わったアニメーションでした。
冒険物として非常によく出来ていて未知への探求心とそれに挑むリコとレグの行動にワクワクしながら見ていた前半、そしてアビス深淵の恐ろしさに震えながら(特にナナチ関連の厳しさといったらもう・・)それでも前へ進む二人の業と決意に痺れる後半、どちらも魅力的で眼を離さずにはいられない良質な作品でした。
続編すごい待っています!

 

第1位:けものフレンズ

 今年一番のダークホースにして怪作。
自分はまったくのノーマークで4話くらいから盛り上がっている状況を知り、急いでニコニコ動画の有料を使ってまで追いつき、それからリアルタイムで見た作品です。そして、その価値が確かにあった、手に汗握る比類なき感動体験を与えてくれた傑作でした。
画面づくりに低予算が感じられるも、それを帳消しにする図抜けた脚本力と世界観構築で、興味関心を引き続けさせてくれました。
サーバルちゃんとカバンちゃんの物語がハッピーエンドを迎えた時僕は涙しました。

そして、たつき監督は今後も追っていきたいクリエイターの一人になりました。

 

 

OP賞:けものフレンズ

すごーい、たのしー! テンポの良いノリは最高でした。

ED賞:少女終末旅行
原作者つくみず先生渾身のアニメーション。雰囲気はピカイチ。

 

総評
意図せずバディものが上位にきた印象です。サーバル×かばんちゃん、リコ×レグ(これは異性だが)、ユーリ×チト、どれも魅力的な関係でした。
後は世界観がしっかり作られたものに惹かれました。僕はTVシリーズは比較的見るだけでなく先の展開やif展開を妄想をするので、「この世界観なら次はどうなるだろう?」という妄想が捗る作品はハマりやすい傾向にありました。
さて、来年はどんな面白いアニメが出てくるか、今からひじょうに楽しみです。