yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 17年 39号 感想

プレゼントの幽奈さん「YES、NOマクラ」攻めているなあ。

 

今週のアンケート 1位:ストーン 2位:勉強ができない 3位:阿波連さん

 

(巻頭カラー)ソーマ
先週から待っていた司さん達が勝った理由をやってくれたのは良かったですが、そこに派手さがないのはちょっと残念でした。
それにしても、その勝った理由さえ描写されなかったラーメンマスター女気島さんとは一体・・必要だったのでしょうか彼の存在は・・?
あと、体力を削る概念は味方サイドの格を保つためでしょうが、流石にちょっと無理があるかなと思いました。「鉄鍋のジャン」みたく相手が料理人ではない執事とかならともかく。

 

ストーン
一気に発電所、展開早くて面白いぃぃぃ!!!
ゲンさんがあまりの出来事に変顔になったうえに、味方までしてくれるので、かなりいい印象になりましたね。実際、科学の発展を見てみたくなるのは本能的な事だとも思うので、行動も納得です。
あとはコハクちゃんのアクション良かったです。セクシーさもありますし、普通にカッコイイです。

 

ワンピース
ぷりんちゃんの不安定っぷりは、何周か回って確かになんか可愛いく感じました。そしてこれはサンジが変わらずにラブオーラを出しているおかげでもあるので、サンジのブレなさに改めて感心しました。
そしてサニー号で耐えるプルック達を見ていてここに合流するとなると、一時的な共闘はあるかもしれないと思いました。カタクリさんはそのあたり優先順位が明確なリアリストな印象があります。


ブラッククローバー
アスタくんのブラックシリーズは本当に凄いですな。もはや無敵といっても過言ではない能力だと思いますが、むしろどうやって他のキャラがこれを打開するかが楽しみです。
あと王様の器小さい感じと、ミモザちゃんのアスタくん上げけっこう好きです。

 

ヒーローアカデミア
ミリオ先輩カッコイイ。体も心も既にヒーローとして出来上がっている感じはとても頼もしいですし、ラストの台詞も決まっていて興奮しました。
しかしそれ故に、攻撃をかわしたオーバーホールさんが不気味でしょうがないです。絶望展開はありえそう。


斉木楠雄
「内容はほとんど俺の自伝だがな」「じゃあ42巻もないだろ」は辛辣すぎて笑った。
男は誰しも漫画家を一度は夢見ますが(最強を夢見るのと同様に)、構想と実際に描き完成させる事の間にはすごい労力があるのでみんな諦めていくんですよね。教育的な回でした。

 

(Cカラー)ロボ
ロボくんに触発されてみんな頑張る。冷静に熱くなる(集中力を上げるとも言い換えられる)というのはどのスポーツでも大事だと思いますが、ゴルフでは特に重要そうですね。
あと、トンデモ感満載の瑠璃滴を烏丸さんが一生懸命練習している姿を想像して萌えました。

 

ネバーランド
ソンジュさん追っ手の鬼達を倒す。いい鬼だなと思いつつも、どれだけ人間食べたいんだと思いました。それとも元々鬼の勢力争いで敵対しているとかなのでしょうか。
ミネルヴァさん登場はギミック含めてテンションあがりましたね。リアル脱出ゲームとかと相性良さそう。

 

鬼滅の刃
炭治郎くんの「なにそれ」僕も同じ気持ちでした。まさか伊野助にものを教わる日がこようとは。見た目の変化もあり、非常に頭良さそうなキャラに見えます。でもポーズは伊野助でそのギャップが面白い。
鯉夏花魁さんは炭治郎くんとの短いやりとりだけですが非常に教養あって優しい感じが伝わってきたので、生き残って欲しいです。

 

(Cカラー)幽奈さん
夢咲先生はてっきり幽奈さん絡みのストーリー方面の強化かと思いきや、エロ方面の強化でしたか(笑)
いつでも裸にできて、発情できる夢魔設定は強力な武器ですが、同時にチープになりやすい諸刃の剣だと思うので上手く使って欲しいです。
あと、狭霧さん達がコガラシくんには裸だけど、他の人にはジャージに揺れている胸で興奮している描写は、特別感が強調されていて上手い演出だと思いました。

 

ハイキュー
音駒のセッター狙われる対策は、それならそれで注目されている研磨くんがそれを利用して翻弄するという、正面バトル的なのは意外性があって良かったです。監督の交代を示唆する行動もフェイクに違いない。やるなネコ。

 

勉強ができない
文乃ちゃんの死んだ魚のような目すっごい笑いました。
今週は男子禁制秘密の花園感が良かったです。理殊ちゃんのおっぱいを計る、うるかちゃんの下着を選んであげる(目的がちゃんと達成されている優しい世界)、先生のブラを外す(髪をかきあげているのがセクシーね)、どれも素晴らしかったです。
そしてラストの文乃ちゃん、オチ要因として非常に優秀でした。お金を心配する優しさも見せたし、ヒロイン格上がってきたぜ!


(Cカラー)(読み切り)阿波連さんははかれない 貧民超人カネナシくん
阿波連さんのこのぴったりくっつく距離感大好きです。言葉で表さなくても「好き」ぷりが伝わってくるのが素晴らしいと思います。この二人の関係性は、笑えるし微笑ましいし、唯一無二ものだと思うので、リア充だけど爆発しなくて大丈夫です。
一方カネナシくんも安定して面白かったですし、最後に狂人を観察している本人の方がある意味狂人だったという展開も読み切りとしてはベストな見せ方だと思いました。

 

ハンター
クラピカの寿命大幅に減る。ツェリさんの念獣は凶暴なのが分かっただけでも収穫だとは思いますが、差し出したものに見合った結果ではなかったですね。やはりこの漫画はいろいろクラピカに厳しすぎです。
隠している念能力者4人は想像しても絶対に当たらないと思うので、結果を座して待とうと思います。
そして、顔を見せないテータちゃんはやはり死んでしまったのか・・。

 

火の丸相撲
集まった国宝世代にちゃんと数珠丸さんもいたのにほっこりしました。
和気藹々としながらもこれからの相撲界に何か起こるぞ感を出しているのは上手いなと思いました。
そして雨をやました刃皇関は範馬勇次郎感ありました。は、まさか彼もまた範馬の血縁(刃牙と名前似ているし)!


銀魂
圓翔さん死亡決着ですか。妥当なところではあり、展開上は仕方がない部分でもありますが、銀魂ならではのもっと違った結末も見てみたかったです。そして、喜々さんは今となっては生きるべき、生きなきゃいけない人だと思うので頑張って欲しいです。

 

クロスアカウント
幾度となく言っていますがもう幼なじみエンドでいいんじゃないかな!
そうすれば全てが充実した高校生活ライフになるのではと思うのです。
・・しかしそれでは動きがないので、魔性のアイドルがオトス展開を楽しみにしたいと思います。しかし、ラストの登場サービスシーンは嬉しいというより笑ってしまった。

 

青春兵器
先輩風を具現化するアイデアは面白かったです。ハチの便利屋は今週も光っていて、登場するだけで笑えるから卑怯だと思いました。
ちゃんといい話にもなっているし、最近ちゃんと成長している感が伝わってきていいですね。

 

シューダン
浜松餃子で祝勝パーティーはじつに庶民感があって良かったです。浜松出身は餃子を丸く並べてもやしを付けるのだ。あと、自宅で作るより買ってくることの方が多いです。けっこう近所にたくさん手作り餃子の店とかあるので。
そして物語は、練習量が増えたときにどうなるかというドラマに期待です。ロクくんの伏線もありますし、ただバラバラになるみたいな流れは嫌だなあ。

 

マリー
マモルくんが傷つかない男を目指してチャラくなったというのは、笑えると同時に立派な考え方で、ちょっと見直しました。
このチャラさがもっと序盤でかつヒロイン格の相手に見せつけていれば、もっと印象が違ったかもです。

 

磯兵衛
先生>宮本武蔵が確定してしまったか。磯兵衛登場人物強さ議論人(そんなものはない)としては興味深い結果でした。
あと500年生きた武の極みに才能のみで肉薄する母上の凄さが改めて驚愕する回でもありました。
最新の結果は 先生≧母上>宮本武蔵≒小次郎 です。