読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 17年 08号 感想

週刊少年ジャンプ感想

ジャンプ+の新連載8連続は水あさと先生大期待です。しかし+はジャンプっぽくないものばかり連載しますね。


今週のアンケート 1位:鬼滅の刃 2位:ネバーランド 3位:ヒーローアカデミア

 

(巻頭カラー)ネバーランド
クローネさんがぁぁぁぁぁぁ、死んでしまったぁぁぁぁぁ!!
一番好きなキャラだったので悲しい・・。
しかしながら、最後まで素晴らしい顔芸だったのと、イザベラママ絶対蹴落とすぞという執念を捨てないまま死んでいったのは良かったです。「世界を壊せ!」はこの漫画のテーマを一段階進める熱いメッセージでした。

 

ヒーローアカデミア
ミリオさんカッコいいな!
霞刑部さん能力かと思いきや、それを越えるすり抜ける個性は驚きありましたし、副作用として服がうまく着れないのというのも面白かったです。ペコちゃん顔で「POWERRRR」と叫ぶのもインパクトありました。
他の三年生も面白そうですし、このBIG3編は期待がもてそうです。
あと、裸に超絶に反応する耳郎ちゃんが乙女で可愛かったです。


ブラッククローバー
カズレーザーさん生きていた。個人的には超魔力を吸収して姿形が変わっているなどの変化が欲しかったですが、それはこの先期待したいと思います。主人公がマルスくんからアスタくん交代ですが、相性的にはイイと思うので、むしろ敵側のカズレーザーさんがどう対策をとってくるか楽しみです。

 

火の丸相撲
鬼炎万丈の相、歌舞伎役者っぽいなと思いました(笑)
「引く」じゃない「溜め」といった言葉などが、決して軽々しいものでなく、実感を持って納得できるのは、これまでのこの漫画の積み重ねてきたものの大きさだと思っております。
次週まわしをとった後、どんな攻防が描かれるか楽しみです。


(Cカラー)ハイキュー
「ウシロマイナス」というネーミングの絶妙なカッコ悪さよ(笑)
「まるで弾丸だー」など全国大会になってアナウンサーが解説してくれたりリアクションとったりしてくれるのはちょっと面白いですね。
そして、相手のピンチサーバーがど緊張しているのは笑った。
しかし一年で公式戦初出場の場面がココって相手の監督Sだな。見かけによらず凄いサーブがくるのかな?

 

鬼滅の刃
炭治郎くんが泣いたが、俺も泣きそうになった。語らぬ冨岡義勇さんの横顔の格好良さよっ!
今週も先週に引き続きめちゃくちゃ面白かったです。お館様は「空は青いのかな?」と聞いているのは目が見えないからでしょう。先週の予測とは違いましたが風格のある佇まいでしたお館様。
そして「知性も理性もまったくなさそうだったのに」は炭治郎くん酷いな(笑)
それもあってか先週より柱の皆さんを冷静にみれるようになりました。変人ではありますが、基本的に信念の違いはあれど大きく間違ったことは言ってないんですよね。お館様への忠誠は皆誓っておりますし。
そしてねずこさんに襲いかかる試練。正直これがどう転ぶかは分からないので(鬼殺隊と敵対展開もありえなくもない)、次週が待ち遠しいです。


ソーマ

回想終わっちゃった・・。個人的にはソーマくんの母親が出ることを期待していたのに、まだ引っ張るのですか・・。
ソーマくんは個人的には、並ぶ者のいなかった、一人で荒野の最前線を進まねばならなかった城一郎さんの地点には立っていないので、今回の比較は無意味かなと思いました。
それをふまえて、今はえりな嬢の方がなんだか主人公っぽいですな。


(Cカラー)(読み切り)ゴーレムハーツ
真っ直ぐな物語は見ていて面白かったです。絵柄もシンプルですが暖かみがあって好印象でした。
あとプディさんは手つきに生理的気持ち悪さがある変態で良かったです。


銀魂
王蓋さんがやられていなかったのはかなり意外でした。時々ギャグは挟みつつも、どんどんバトル漫画になっていていますね。
ハラハラしますが笑笑成分ももっと多めが個人的には好きです。


(Cカラー)青春兵器
ブリーフ:トランクスに替えるタイミングが分からない・・ちょっと分かる。ちなみに私は体育で着替えをしている時に周りが8割方トランクスになった時に変わりましたね。
時代を突いたネタで面白かったです。後半の早押しクイズの圧倒的意味分からなさと勢いは、今週も持ち味出していました。
バーミヤン」好きだった。アンヌさんは面白い!

 

背筋をピン!と
二年後・・だと・・
これほぼ間違いなく締めに入っていて驚愕でした。まあしかしやりたいことはやりきったとも言えるので円満終了と言うことなのかな?
あと個人的にはどちらにせよ、ひらりちゃんの八巻パイセンへの想いがどうなったかだけは、しっかりと描写して欲しいです。

 

幽奈さん
千紗希さんのエッチな妄想笑った。この娘エロいなおいっ!
恋心に自覚的になる感じは納得ができるものでしたし、それにより彼女がもう一段階綺麗になったと感じさせるラストの描写はとても良かったです。彼女が今後どう幽奈さんと接していくかは非常に楽しみです。

 

(読み切り)Whim
いい恋バナだった。恋バナとはいかに恋に落ちたことを劇的に語るかということなので、そういった意味ではとても素晴らしかったです。
その隕石が花火みたいに描写される様は、この漫画独自の美しさというか、迫力がありました。今後の作品に期待大です。

 

左門くん
やっぱり風呂は先週だけだった。そんな事だろうと思ったぜ!
てっしーが目をそらす描写はあだち充っぽいなと思いました。というか優等生の鉄壁スマイルからこぼれ出た本音という感じが、とても心に響く描写で僕は好きです。
あと、ババ抜きのカイジ展開(Eカード)は面白かったです。


オレゴラッソ
潰れ役の説明、ちょと個人的には違和感ありました。
サッカー語録も色々な解釈があるので一概には言えませんが、つぶれ役とは周りを活かすために自分が相手のキーマンと共に潰れる(競り合って相手に自由にさせない)役割の事であり、完全に競り勝ってチームにボールを残せるなら、それはポストプレイヤーというのではなかろうか。
まあ、そのあたりは来週バンバくんが出てからしっかり説明描写してくれると思うので、今は待ちたいと思います。


斉木楠雄
只のママ回かと思いきや、終わってみたら非常に含蓄のある話でびっくりしました。そう、みんな一人で生きているわけじゃないのです。
あと燃堂母は容姿を除けば、場を回したり和ませたりできる、非常に貫禄あるお母さんなんだなと思いました。


デモンズプラン
このユースさんの物語、56年後とかにする意味あったのだろうか・・?
正義欲に燃えているというのなら、彼はさっさとロブリオンさんぶっ殺しにいくべきだったし、これじゃあただの力を持った一般人といった感じで、まったく「正義」の「欲望」を持っていないのが残念でした。
あとせっかく一度闘ったのに、お互いの能力説明が全くないのも盛り上がりが薄かったです。


アマルガム
サラさんは全ての始まりのミイラ達の母親だった。
この設定は非常にいいものだと思ったので、そういうママらしい偏愛っぷりをもっと初回から、見せつけて欲しかったですね。
六道くんの上空からのアンサーはそんなにカッコいいものではなかったので、落ちる寸前にどう回避するかの方に期待したいと思います。


磯部磯兵衛
忍法「田植えの術」の力押し感好き。
あの母親が磯兵衛以外の事にもそれなりに気を回しているのは意外ではありましたが微笑ましかったです。「ネバラン」や「斉木」「アマルガム」など今週はママ回多かったのでそのラストを見事に飾ったと思います。