読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 16年 20号 感想

週刊少年ジャンプ感想

ハンター×ハンター復活! 冨樫先生体に気をつけて長く連載して欲しいです。

今週のアンケート 1位:遊☆戯☆王  2位:ブラッククローバー  3位:暗殺教室番外編


(巻頭カラー)食戟のソーマ

食材の声を聴く司先輩は「トリコ」の小松みたいだなあと思いました(笑)
司さんがナチュラル魔王なのは良かったですが、これは負けても部下になる資格はなしということで、因縁だけ付けて別れる感じかな。ともかくアイデンティティの違う両者の料理期待です。
あと、師匠であるミウラ先生がエロ全開の漫画を描いているせいか、佐伯先生もそれに引っ張られてより良い女体を描こうという姿勢が見てとれて、お互い高め合っているなと感じました。


ブラッククローバー

田端先生ガチンコで漫画上手くなっているなあ。
アスタとノエルちゃんの掛け合いは笑えましたし、ノエルちゃんの修行編はちゃんと一話で起承転結つけて感動できるし、カホノちゃんはアイドルという意外なキャラ立してからのラストの引きで興味を俄然引かれるし、普通に面白かったです。
その先何が起こるか分からない物量重視の密度の濃さから、しっかりと内容が詰まった密度の濃さになっていて素晴らしかったと思いました。


ワンピース

ビビだけじゃない、ワポルやドルトン、しらほし姫など懐かしの面子がどんどん登場してきてテンション上がってきました。
そしてキャロットさんが来たりしてほのぼの行くのかと思いきや、ラストの革命軍の本拠カルティゴ壊滅は、素直に驚きました。
まさに世界激震! おそらく黒ヒゲでしょうから、まさに四皇全てが舞台に出てきそうな感じで(おそらくシャンクスも近いうちに)とても楽しみです。


(Cカラー)ヒーローアカデミア

おお、シンリンカムイさんが大活躍している!
脳無格納庫を出久くん達が発見して緊張感を生み出してからの一気の制圧は緩急あって良かったですね。マウントレディさんやベストジーニストさんも大活躍で嬉しいです(虎さんが抱えているのがプッシーキャッツの人かな?)。
しかしこれで完全にヴィラン連合詰んだっぽいですが、オールフォーワンさんはここでどんな手を打ってくるのか注目です。自ら出張ってくるのでしょうか?


暗殺教室番外編

ほのぼの路線かと思いきや、最後の最後で松井先生の「毒」炸裂で背筋ゾクッときました。
大人になって失敗しても培った技術があれば再挑戦できるという、番外編らしい教育物だったのかなと思わせて、こういう自爆テロという最悪の悪意をねじ込んでくるセンスは流石だと思いました。まさに起承転結の「転」という感じで次週の「結」がすごい楽しみです。


ものの歩

信歩くんが崖を渡るイメージ映像はとても良かったです。惜しむらくはここに至るまでの演出が一貫していなくて、常に単発気味になってしまったのがインパクト弱くなってしまっていたかなと思いました。
番外編は学園物と言うよりみなとちゃん回でした。もう完全に付き合っているだろこいつら……


(読み切り)遊☆戯☆王

いやー、テンション高い。俺たちのレベルじゃ同じフィールドにも立てないほどの意識の高さと追いつけないくらいの圧倒的テンションですごく面白かったです。
遊戯王MADで何故か流行った「全速前進だ!」を拾ってきてくれたり、ブルーアイズのバトルシップがかなりいいデザインだったりと色々満足できましたし、何より社長好きとしては、「ワハハハハ」などの高い笑いも健在で、前後編合わせてその魅力が凝縮されていた読みきりで、満足度高かったです。これは映画も見に行かねばなるまいて。


(Cカラー)(連載再開)ハンター×ハンター

祝、連載再開!
しかし何の振り返り企画も本誌上はないままなので、少し戸惑いましたが、何とか思い出して読めました。
久しぶりに見ると、他の連載陣と雰囲気が違って少年漫画の枠を越えてしまっている気がしますが、話が動き出せば面白さは疑いがないので、なるべく長く続けて欲しいなと思います。


幽奈さん

呑子さんの(23歳らしいけど自分的には20代後半くらいのイメージだった)の女子学生コスプレ……
昔はとても批判的でしたが、アラサーになってくると「これはこれでありだな!」と一周回って肯定できるようになりました。しかしこれは今の小学生に伝わるのだろうか……?


ワールドトリガー

「さすがチカ子」と言っている夏目ちゃんの隣で猫が一席取っているのが面白かった。
香取隊と柿崎隊はまだまだ好きになれる要素が小さいので、修くんに既に死相が見えていますが……、なんとか遊真くんが来るまで粘って2隊の鼻をあかして欲しいです。


ハイキュー

音駒のエースの形。追い込まれると逆に集中力が高まるというのは、僕自身も経験あるので「頑張れ!」という気持になれて良かったです。このまま押し切る形になるのかな?


トリコ

二狼さん死す!
展開上分かってはいたことですが、やはり主要キャラ(それも僕的に好感度の凄い高いキャラ)が死ぬのは悲しいです。最後の台詞が弟の三虎のことを気づかってというのも涙を誘いました。
それにしてもアカシアさん、すっごい煽った顔で「あの涙は虚偽だ」というのはヘイトを貯めるなあ。ネオとの和解路線もあるかなと思いましたが、トリコ達にはむしろしっかりとぶっ飛ばして欲しいなと切に思いました。


銀魂

親父のトドメを刺して自ら最強を名乗って神威さんの前に立ちはだかる銀さんが超カッコイイと感じつつも、所々でカツラとか毛根とか差し挟んでくるのが卑怯でした。笑っちゃうだろ、そんなの!


左門くんはサモナー

イマイチキャラがたたなかった祓くん、「盛り塩」と「もこみち」でキャラをたてる。「悪魔云々抜きに腎臓やられるんじゃねーの塩に」は同意せざるをえない。
というか個人的には油が聖なるアイテムというのはけっこう意外で、むしろもこみちはエクソシストなのではという仮説を立てたくなるくらいでした(笑)


鬼滅の刃

隊服格好いいな、オイ!
妹を常に背負っているというのが面白いですが、いまのところそのギミックが活かされている感じがないので、早くねずこさん出たらいいなと思います。


火の丸相撲

始まった天王寺戦。まずはお互い培ってきた格をみせるという展開ですが、まだまだ温まっていない中でのこの最強との一戦。どうやって盛りあげてくれるのか期待半分、不安半分です。予想を超えて欲しいです。


斉木楠雄

普通にカードゲームしただけで終わってあんまり発展性がなかったです。バトルをギャグにするって難しいな……


背筋をピン!と

咲本さんチャンピオンらしく土井垣部長をも一蹴して会場中の視線を集める。
読者も呑まれるほどの圧倒的存在感が咲本さんペアにはありました。沙羅さんも男前というかやはり技術的にトップなんだなという格好良さがあって良かったです。
ただ、ラストの「だから君が好きなんだ、サラ」は女性の立場だったらムカつくなと思いました。これは絶対に喧嘩になる(笑)


こち亀

電極+のスーパー小学生っぷりは相変わらず面白かったですし、ラストで中川さんが大人も負けていないぞという所を見せつけているのもバランスが取れていていいなと思いました。昔は+の立場でも今は中川達の立場ですからね、時代にあった話でした。


(Cカラー)磯部磯兵衛

センター×センターカラーは卑怯すぎるだろ。インパクト絶大で、思わず吹きました。
こどもチャンバラ大会編も、賞品が大名というのはスケールでかかったですし、それを見た磯兵衛が「まだ学生やってるの?」と優越感に浸れるから参加するというスケールの小さな目的の対比が面白かったです。


ニセコイ

「何も期待していない」という楽は一体何なのだろう……。小野寺さんに告白されたりしたら付き合ったということなんだろうか。こいつの思考はどうしても分からない。
そして何故か舞台はアメリカへ。(物理的に)一体どこに行くんだニセコイ……


ブリーチ

真っ二つになってもミラクルさんはくっついて変身するよ。日番谷隊長も時間がきたから変身するよ。更木さんも変身でしたし、この対決は変身テーマなんですかね。
日番谷さんがどういう進化をしたのかも気になりますが、ここまできたら白哉さんにも是非とも変身して欲しいなと思っております。修行の成果を見せて欲しいです!