読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカー日本代表 W杯アジア2次予選 VSシリア戦(ホーム) 感想

サッカー

日本(5−0)シリア  日本勝ち

祝、アジア2次予選1位通過!

スコアこそ圧倒的でしたが、ゲームそのものは日本、シリア共に特長を出した見応えのある試合でした。

オウンゴールの先制点で多少楽勝ムードはありましたが、前半途中からは、日本はボールを支配しサイドを中心とした攻撃でチャンスを作っていくのに対し、シリアは粘り強く守り少ないタッチ数で高速カウンターに繋げるという、お互いがお互いの狙い通りのゲームプランをしていて、緊張感ありました。

そんな中なかなか決定機を決められない日本の流れを変えたのは、香川の素晴らしいゴールでした。

これで相手が更に前にでてくるしかなく、両チームともカウンター合戦になると、精度に勝る日本が一気にゴールラッシュを見せて、終わってみれば5得点のとても気持のいい勝ち方を見せてくれました。

強い日本が戻ってきた。点を決めた本田や香川だけでなく多くの選手が復調してきて、だんだんとチームとしての形になってきたことが実感できるとてもいい試合でした。

最終予選も期待しています。


以下、各選手の評価です。

西川(6.5)・・2度の相手決定機をスーパーセーブで防いだ。本人もびっくりしている風だったがナイスプレーだった。
吉田(6.0)・・カウンターの処理には多少苦しんだが、結果は0点に抑えて個人としては可もなく不可もなくといった出来栄え。
森重(6.0)・・素早い戻りなどで人数が少ない場面でもしっかり守ってみせた。パスミスもあったが全体としては悪くなかった。
長友(6.0)・・最後まで走りきり左サイドを制圧していた。しかし若干上がりすぎて守備が疎かになっていた印象。
酒井高(6.5)・・本田との連携で何度も右サイドを崩して見せた。キーパーとの1対1は決めて欲しかった。最後まで運動量も維持した。
長谷部(6.0)・・相手の決定機を体を張って防いだ。基本的にはいい動きだったがゴールに近い位置で不用意にとられる場面もあった。
山口(5.5)・・消極的なパスなどで相手カウンターの起点となるピンチを招く場面が幾つかあった。怪我が大丈夫だといいが……
香川(6.5)・・大量ゴールのきっかけとなる貴重な2点目をゴールに叩き込む。難しい所をよくコントロールした素晴らしいシュートだった。
宇佐見(6.0)・・効果的なドリブルで何度もチャンスを演出した。ただ決定機を決めきれないなどあと少し物足りなかった。
本田(7.0)・・一時はゴールマウスに嫌われていたが、最もチャンスに絡み、自身も1ゴール1アシストの結果を残した。
岡崎(6.0)・・本日のチームキャプテン。体を張って前線でためを作るなど随所にいいプレーがあった。ただFWとしてはゴールが欲しかった。


交代選手

原口(6.5)・・投入当初は相手へのプレッシャーが甘かったり不安定だったが、素早いカウンターでの攻撃時には目を見張る存在感を見せた。1ゴールも記録。
金崎(6.0)・・投入後の3得点のどれも近くにいて自分が決めていないことを悔しがっているのが印象的だった(笑)本日一番頬笑ましい男だった。
清武(ー)・・時間短く評価できずだが、少ない時間で攻撃にアクセントを加えれるプレーは見事だった。


ハリル監督(6.5)・・チームの仕上がりの良さも見せたし、山口アクシデントの際の原口投入しカウンター合戦に勝ち大量点での勝利に導いた。ピンチをチャンスに変えるいい采配だった。