読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

週刊少年ジャンプ 16年 12号 感想

週刊少年ジャンプ感想

2月22日、にゃんにゃんにゃんの猫の日発売のジャンプだったから、ブリーチや幽奈さんがすごい映えたと思う。

今週のアンケート 1位:こち亀 2位:火の丸相撲 3位:ワールドトリガー


(巻頭カラー)暗殺教室

殺したくないけれど、終わるのであれば僕等の手で殺したい。「殺すか殺さないか」という問いに全員が両方手を上げるシーンはとても良かったです。 見た瞬間の感想が「やっぱりそうだよな」という「納得」だったとうことがこの漫画の成功の証だと思いました。
あとは、これだと自殺と自殺補助みたいな形に見えてしまうので、最後に殺せんせーの意表を渚くんには突いて貰って、見事「暗殺教室」として、あと4話、完結して欲しいなと思います。


ヒーローアカデミア

暴走する常闇くんを導いてムーンフェイスさんを撃破。これ普通に意外性があって頭いいなと思いました。助けられたカッちゃんの顔がグッド!
あとは拳道ちゃんと哲鉄くんのコンビもカタルシスありました。哲鉄くんに対する拳道ちゃんの信頼が本当に羨ましい。ジェラシー。


食戟のソーマ

楠くんの格が全然上がらない(笑)
最新鋭マシンも2番煎じだし、せめてアリスも知らないような調理器具とか出して欲しかったです。これに黒木場くんが負けたら本当にどうしたらいんだ……


(Cカラー)(連載2回目)鬼滅の刃

一話ではもっとダークな雰囲気かと思いましたが、一気に内容が明るくなったな(首とんだりはしてるけど)。
個人的にはこっちの路線の方が好みなので、このまま行って欲しいです。キックの鬼、猿轡ねずこちゃんは可愛い。


斉木楠雄

斉木がストーカーになっていて笑った。今週に関しては鳥束の方が常識人という異常回でした(友達を迷彩服扱い云々のところがド正論だった)。
オチのところは確かに自分と趣味が何もかも似すぎている相手は警戒してしまうかもしれないと思いました。


火の丸相撲

「この勝負百千夜叉堕で勝ちます」
火の丸くんはガチでカッコイイですなあ。典馬さんの他を顧みない向上心も嫌いじゃないですが、やはり火の丸くんの真っ直ぐさの方が好感度は高いです。修行の答え合わせと典馬さんとの闘いを同列にやるテンポの良さも嬉しいですし、火の丸くんには折られた箒の分も典馬さんをぎゃふんと言わせて欲しいです。


(Cカラー)ハイキュー

リエーフ姉のスゥイーツ脳面白かった。カラー扉絵でも登場した山本ちゃんとのコンビは良いですね。
試合は一進一退ですが、今週は特にラストの木兎さんで超笑った。今週のジャンプで一番笑ったぞ。面白すぎる。


ワールドトリガー

レギーさんが憐れすぎて涙を禁じ得ない(笑) 手は決して悪くないとは思いますが、迅さんの予知が強力すぎたんだ!
そして地下の闘いもカッコ良かったですが、斧使い→盾使い→ヒゲ→若いのに続いて最年長風間さんを「子どもなのに」で笑ってしまった。これがシリアスな笑いか。


(連載3回目)幽奈さん

冒頭の顔面騎乗、倒れた際にブラの下に手が入って胸モミなど、清々しいまでの「ToLOVEる」ぶりでした。
今後もこのテンションで確たるポジションを築いてくれ。


(Cカラー)ブラッククローバー

私の光魔法の唯一の天敵……と闇さんを持ち上げていたらゴーシュさんの鏡魔法も天敵だった。マホカンタとかテトラカーン(物理反射)とかRPGではよくやられて全滅したので、リヒトさんの無念さは痛いほど分かります。
アスタくんがなんとかしようとするのに対して「多分剣だけ残る」は冷静でいいツッコミだと思いました。


背筋をピン!と

合宿地、浜北森林公園の森の家じゃないですかー!
この漫画の舞台はこれやはり浜松なんですな。横田先生が地元出身なのは知っていましたが、更なる親近感が沸いてきました。
ひらりちゃんのパートナー八巻くんは考えてみればそれしかないのですが、全然頭になかったので驚きました。しかしこれは面白そうではある。
 

左門くんはサモナー

「クズ王!」「クフ王みたいに!」こういう掛け合い大好きです。
悪になりきる、屑に徹しきるというのは案外難しいものなのですが、それをナチュラルで出来る九頭龍くんのポテンシャルよ。
おねむてっしーの可愛さもありましたし、今週も面白かったです。


ものの歩

信歩くんのブーストがかかった時の謎の煙演出は意味不明でしたが、加速している感じは伝わってきました。駒を打つだけの絵を寂しくさせないような工夫は、もっともっと加速させた欲しいです。


(Cカラー)こち亀

今週は展開が目まぐるしく変わって超面白かったです。カラス目線の生態に、それで普通に派出所で過ごすシュールさ、特殊刑事(カラス刑事)になった両さんハヤブサを兵器に使うというアイデア、部長の陰謀とその復讐など、盛りだくさんの内容でした。
それにしても警視庁、人を烏に変身させてこき使うとは、これが本物のブラック企業(烏だけに)か。

ニセコイ

耳塞いでいるとはいえ、そんな至近距離じゃあ絶対聞こえているだろう楽よ……
今回の鶫は千棘が楽が好き、自分も楽が好き千棘が好き、というものを再確認しただけだので、別に愛人ポジションを辞める理由になっていないと思うので、自己完結してしまう理由がよく分からなかったです。なのでここはやっぱり楽にちゃんと振ってほしかったのですが、出来過ぎた望みだ……。



銀魂

銀さん達のエピソードがかなり盛り上がったあとのせいか、どうしても神威さんと海坊主さんの戦闘が横道に逸れた感があってイマイチ乗りきれていないです。
一回宇宙空間で闘いがお預けになった後、今ここで再びやる意味が見出せていない状況です。
なので、その時とは違う神楽の存在をうまく使って盛りあげてくれたらいいなと思います。


トリコ

一龍さんとドン・スライムさんの友情はかなり良かったです。食欲が全てのこの世界観の中で、それ以外の信念に生きた男というのはカッコイイです。ただやはりこれを見ると一龍さんが頑なに戻ってこなかったのも理解できるかなと思いました。食欲を否定した男が食欲の権化であるスライムさんと一緒にはなれないですよね。
あとは、アカシアさんの煽り顔がマジでムカつくので、ドンスラさんには倒せないまでも一泡吹かせて欲しいです。


ブリーチ

インフルエンザのあたりの説明とか久保先生らしくて良かったです。
それにしても猫夜一さん浦原さんにペロペロするとかあざとすぎる……これは本人も確かに「二度となりたくない」だなあ。
あとはナックルさん、お洒落を武器にして闘う男の完成体があんまりお洒落じゃない。特にサングラス。ダサイ(笑)


磯部磯兵衛

泥めんこコンボに笑い中島の友情に涙した回でした。このわちゃわちゃした感じはちょっと懐かしかったです。他人を祝うのは好きだったけれど、自分の誕生日会とか恥ずかしくて絶対にやりたくなかったなあ。