読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーJ2 2016年 順位予想

昨日に引き続いて、J2リーグの順位予想です。大混戦過ぎて難しいです。当たるも八卦、当たらぬも八卦です。

1位:清水エスパルス

主力が残留しましたし、気持が一つになれば優勝は間違いないと言っても過言ではないメンバーだと思います。あとは来年我がジュビロ静岡ダービーするために是非とも戻ってきて欲しいです。


2位:京都サンガ

J1、J2の主力級を何人も獲得して生まれ変わった京都。方針転換はなんとなく吉と出ると感じている。突破するときはあっさりと突破できるのではと予想している。


3位:セレッソ大阪

ザ・過剰戦力。メンバー的にはぶっちぎり1位でもおかしくないのだが、去年も似たような状況だったし、FW多すぎるし、あと一歩でチームがまとまれない状況に陥るかも。


4位:ジェフ千葉

大改革によりもはや別チームに。しかしながら集めたメンバーは関塚さんのお気に入りばかりだと思うので、昨年よりも上手く回りそう。プレーオフをまた盛りあげて欲しい。


5位:松本山雅

去年J1を闘った経験を武器に粘りのサッカーで大崩れはしないだろうが、今年は他が気合い入り過ぎなので優勝となると難しそう。でも、プレーオフは外さないと思う。


6位:ギャラバンツ北九州

新スタジアムももうすぐ完成でJ1ライセンスをとるべく今年は気合いが違いそう。元ジュビロの田中も期限付き移籍しているので貢献して欲しい。


7位:V・ファーレン長崎

昨年プレーオフ出場の守備により今年も安定した闘いができそう。ただ得点力アップしたかは微妙なのでプレーオフは厳しいか?


8位:モンティディオ山形

前に上がった時も6位だったし、今年度もプレーオフを争うとろの順位と予想。県のバックアップの薄さがモチベーションに影響しそう。


9位:コンサドーレ札幌

メンバー的には豪華だが、小野に頼ってばかりではいられない、新たな選手の台頭が必要。新ブラジル人トリオのでき次第かも。


10位:東京ベルディ

プレーオフ圏内を狙いたいが、佐藤と三竿の主力移籍は正直痛いのでこれくらいの順位と予想。


11位:ファジアーノ岡山

オリンピック世代の豊川、矢島に期待大だが、もし二人がオリンピックで抜けたらどうするのだろう……?


12位:徳島ヴォルティス

カルニーニョスがフィットすれば上位進出いけるかもだが、上の壁はやはり厚そう。しかし下位に落ちるほどのチーム力ではない。


13位:愛媛FC

昨年はサプライズ的にプレーオフに行けたが、今年は対策も強化されるし難しそう。それでも積み重ねがあるので大きくは崩れないだろう。


14位:カマタマーレ讃岐

昨年J2を驚かせた驚異の守備力は今年も健在そう。あとは得点力だが、補強を見る限りは劇的な改善はなさそう。


15位:ツエーゲン金沢

昨年前半は旋風を巻き起こした。今年は去年の良いときと悪いとき両方の経験を活かしてしっかりと闘ってくれそう。しかし地力的にはこれくらいの順位かな。


16位:ザスパ草津群馬

江坂の移籍は痛すぎるが、補強は悪くないといった印象。ジュビロの坪内くんが行くのでガンバレ!


17位:横浜FC

去年からこれといった上積みが見られない気がするので今年も厳しい順位になりそう。津田くんに期待。


18位:ロアッソ熊本

監督交代、主力の流出とう不安要素が多く、順位は昨年よりも大きく後退しそう。しかし積み重ねはあるのでふんばるとは思う。


19位:レノファ山口

J2初参戦。戦力的には厳しいが対策されていない強みもあるので、その波に乗って一年での出戻りはないと予想。


20位:水戸ホーリーホック

戦力的に今年も厳しいシーズンになるだろうが、ガルパンベトナムのメッシとジュビロの木下くんの力で残留を勝ち取って欲しい。


21位:町田ゼルビア

去年天国と地獄を経験しながら、プレーオフもしっかり勝ってきた勝負強さは侮れない。戦力的には厳しいが、重要な試合を落とさなければあるいは。


22位:FC岐阜

去年の20位チームなのでこの順位に。メンバー的に向上した感じも見られないので厳しそう。去年ジュビロに2連勝したあの謎の強さが発揮できれば逆転もあるかもしれない。