読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiakiの日記

映画とサッカーとジャンプと猫が好きな男の生存確認ブログ

サッカーオリンピック代表 AFC U-23選手権 準決勝 VS イラク戦 感想

サッカー

日本(2−1)イラク 日本勝ち

やったぁぁぁぁぁーー!!! オリンピック出場だぁぁぁぁぁぁぁーーーーー!!!!!

ものすごく嬉しいです。大会前の「今回は出場は厳しい」と言われ続けていた下馬評を覆しての見事な勝利、感動しました。

イラクは局面でのパワーやスピードは日本よりも上で、他のアジアの列強同様苦戦する展開でしたが、それでも全体が集中して守りきり、高い位置から奪ってのショートカウンターを何度も決めていて、試合そのものは今までの中でタイ戦に次いで、日本のやりたいサッカーが出来ていました。

それでも万全というわけではなく綱渡りの勝利でしたが、そこを勝ちきる力がこのチームにはあり、大会を通じて成長した部分だなという印象を強く受けました。

さあ、残りはあと一つ。アジアチャンピオンとなってオリンピック本選に挑みたいです。

以下、各選手の評価です。


櫛引(6.5)・・安定感のあるセービングでゴールを守った。失点シーンは二度止めているので彼に責任はなし。
植田(6.0)・・抜群のラインコントロールと体の強さで壁となった。だが、時折他選手と見合う場面があるのは怖かった。
奈良(6.0)・・一対一では気持ちの入ったプレーで負けなかった。持てる力を出しきった。
室屋(6.5)・・攻守に頻繁に顔をだし日本の右サイドで存在感を発揮し続けた。前回120分出ているとは思えない体力だった。
山中(6.0)・・相手のスピードに押し込まれてはいたが粘り強く守りきった。ただ、そのぶん攻撃では目立てなかった。
遠藤(6.0)・・素早いカバーリングで守備に貢献した。しかし攻撃ボール回しでは細かいミスがあった。
原川(6.5)・・オリンピックを決める決勝弾をロスタイムに叩き込んだ。パフォーマンスは良くなかったが、最後の最後で素晴らしい仕事をして見せた。
中島(6.0)・・体格差に苦戦してはいたが、ショートカウンターの起点となるボール奪取やキープなどで貢献した。
南野(6.0)・・守備を頑張り、きっちりボールを持てる個の力で貢献した。ただ決定的な仕事はできなかった。
鈴木(6.0)・・先制点に繋がるアシストは素晴らしかった。ただ失点に繋がったクリアーミスや決定機を外すなと残念なプレーもあった。
久保(6.5)・・少ないチャンスの中できっちりと先制点を決めてみせた。流石の決定力。守備も手を抜かなかった。


交代選手

阿道(6.0)・・怪我の鈴木のかわりをきっちりと務めた。最後の場面でつぶれたのも地味に効果的だった。
浅野(6.0)・・終盤にもう一段階スイッチを入れる働きはしっかりとできていた。
豊川(-)・・時間短く評価できず


手倉森監督(6.5)・・下手に動かずどっしりと構える様は頼もしかった。采配も的確で、先発起用した選手が見事に結果を出した。